記事

佐々木朗希と大谷翔平 1年休んだ怪物たちが見せた「大変身」

好調な兆しを見せる大谷翔平と佐々木朗希に共通する点は?(時事通信フォト)

 高校時代に球速163キロを記録し、“令和の怪物”と呼ばれながらも、ルーキーイヤーは登板がなかったロッテ・佐々木朗希(19)が3月12日、中日とのオープン戦に登場。プロ初の実戦登板で4番ビシエドを152キロのストレートで見逃し三振に仕留め、上位打線を3人で退けた。

 海の向こうでは、2018年オフの右肘手術以降、2019年は登板ゼロ、昨年も2試合のみだった大谷翔平(26)が、投手としても本格復帰しそうだ。オープン戦では球速160キロ超えを記録している。

「大谷も佐々木も、直球ばかり注目されますが、マウンドに上がらなかった期間にいい調整ができたことは、変化球の鋭さから見て取れます」

 そう語るのは西武、ソフトバンク、楽天で投手コーチを務めた杉本正氏。

 大谷は3月14日のオープン戦で低めのカーブで空振り三振を奪うと、打者が敬意を表わすサムズアップをしたことが話題に。一方の佐々木は、初登板で1球だけ外角のスライダーを投じたが、球速は141キロを記録した。

「共通するのは腕がしっかり振れていること。腕が振れると球持ちがよくなり、スライダーやカーブが打者の手元で変化する。昨シーズンの大谷は体を大きく使えていないように見えましたが、万全に戻ってきた印象。佐々木も1年かけてバランス良く強化できた証拠でしょう。力が抜けていて、フォームに“間”があるからコントロールがよくなる。6月頃には一軍のマウンドに立てるのではないか」(杉本氏)

 2人の“怪物”が主役に返り咲く日は近そうだ。

※週刊ポスト2021年4月2日号

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。