記事

ベテラン漫画家・業田良家が考える「デジタル時代の新しい漫画像」

タブレットにデジタルペンで作画する業田氏

 デジタル技術の進化が、あらゆる仕事の現場で「働き方」を変えていることは誰もが実感しているだろう。連絡手段にメールやSNSを用いるのに始まり、コロナもあって会議はオンラインで行われるようになった。建設や製造、医療や福祉などのあらゆる現場に「IT」が浸透してきてもいる。そうした中で、「紙とインクとペン」が主な道具だったマンガ制作の現場も様変わりしつつある──。

【無料マンガ】「20年後に働き者になるナマケモノ」第1話(1年目)を読む

 現在、NEWSポストセブンで描きおろし公開中の「20年後に働き者になるナマケモノ」は、ナマケモノの少年ナマオが周囲の後押しもあり、無精者である自分を変えていく(?)までの20年を描く4コマ漫画だ。1話ごとに1年経過し、全20話で完結するナマオの物語は、間もなくクライマックスを迎えようとしている。

 昨年大ヒットした、きくちゆうき氏の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』へのオマージュとなる本作。『自虐の詩』や『機械仕掛けの愛』などの作品でも知られるベテラン漫画家の業田良家氏は、タブレット端末とデジタルペンを駆使してデジタル作画に挑戦した。

「もともとデジタルが苦手で、携帯やスマホを持ったのもずいぶん後になってからでした。インターネットにも抵抗があり、一般人がブログやツイッターで出す情報には価値がないと思い込んでいた。デジタルで漫画を描くことも早い作家さんは20年以上前からやっていたので、僕はかなり遅いほうなんです」(業田氏・以下同)

 生活にデジタル環境があることが当たり前の若者世代と違い、還暦を超えた業田氏にとってこれまでデジタルは縁遠いものだった。完全にアナログ世代の業田氏だが、時代の変化に合わせてデジタルを取り入れようと決意した。

「世の中がどんどんデジタルになる中、ベテラン漫画家といえども、時代に対応しないとやっていけないと思いデジタル作画にチャレンジしました。『レイヤー』『ラスタライズ』『タイムライン』などワケのわからない言葉ばかりで概念に慣れるのに時間がかかり、いまでもわからないことがいっぱいですが、やりながら覚えています」

 実際の作画過程では「何度でも簡単に修正できる」など手描きとの違いを実感したが、業田氏が感じたメリットのひとつは「老眼対策」になることだという。

「近年は老眼で本や新聞を読むのも大変だったのですが、デジタルならいくら小さなものでも簡単に拡大できます。漫画制作でも、一度書いた絵を拡大して細かな線などを入れられるので、ものすごく楽ですね。年齢を重ねるとどうしても視力の衰えが出てくるけど、デジタルは老眼対策に最適です(笑)。それにデジタルでは、紙とペンでの作画で感じていたような身体的な疲れも軽減することができました」

インターネットの「バランス機能」

 デジタル作画とともに業田氏が有効な武器として活用するのがインターネットだ。以前はネットを利用して情報を集めることに抵抗があったというが、今は漫画制作に不可欠なツールとして重宝する。

「漫画を書くときは多くの資料が必要ですが、ネットなら無料で大量に検索できます。昔は書店や図書館に資料となる写真や絵を探しに行っては何冊も購入していたので、お金も時間もかかりましたが、ネットのおかげで節約と時短が進みました。これは漫画家にとって、結構大きなメリットです」

 昨今話題のフェイクニュースのように、ネットでは真偽不明の情報が氾濫して、それを信じる者と信じない者の間に深刻な分断が生まれることがある。だがその一方で、ネットには既成のしがらみがないゆえに自由で建設的な提案がみられることも少なくない。

 功罪半ばするネットの世界で、ベテラン作家の業田氏が注目するのは「バランス機能」だ。

「30年以上、政治漫画を書いてきましたが、新聞・テレビなど大手マスコミが流す情報しかなかった昔と今は状況が大きく異なります。例えばコロナをみても、テレビなど大手マスコミでは恐怖を煽り過ぎという印象がありますが、ネットを見ると、その“ブレーキ”となる意見に接することができます。

 昔はプロの学者など専門家の意見でないと価値がないと思っていましたが、いまは一般人が出す情報のほうに価値があると思います。体制の中にいる人は体制に批判的なことは言えず、むしろ一般人のほうが利害関係を気にせず真実を口にできるのではないでしょうか。もちろんネットにはウソや誹謗中傷もありますが、それでもネットを介すればいろいろな意見を知ることができます。どちらが正しいか判別できない案件も多いですが、少なくとも多くの意見に接することで、バランスを取ることができるはずです」

『それ行け!天安悶』『業田良家の「ガラガラポン!日本政治」』など、国際政治を題材に日本の安倍晋三元首相やアメリカのトランプ元大統領、中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領など、アクの強いキャラクターが“いかにも”な言動をして読者をクスリとさせる風刺漫画でも知られる業田氏。そうしたネタ集めをする際もネットを深堀りするという。

「政治漫画を書くときは、できるだけネットを使って自分で情報を調べて、より真実に近いだろうという内容にするよう心がけています。すごく時間がかかるし、大手マスコミとは逆の立場になりやすいので批判されることもありますが、こればかりは仕方ありません。

 それと政治漫画では、できるだけ笑いを散りばめて、固くなりがちな内容を和らげることも心がけています。政治を普通の人の感覚に近づけて日常のものにすることは、漫画だからできることです」

デジタル時代の「新しい漫画」を見つけたい

 趣味の多様化が進む中、漫画を含めた出版界の現状は決して明るくない。しかし1983年のデビュー以降、40年近く第一線で執筆を続けてきた業田氏は、デジタル化とともに「新しい漫画の未来」が開けるはずと語る。

「これまでは原稿を仕上げてから雑誌が発売されるまで1〜2週間のタイムラグがあったけど、デジタルを用いれば書いたその日に掲載することができます。特に政治漫画のように時事ネタを扱うジャンルでは、この即時性は大きな魅力です。今回の4コマも、平日は毎日公開される新作を読者がリアルタイムで読むことができます。

 また、デジタルなら漫画家が自分の作品を自分で発表することもでき、作り手のすそ野が広がります。デジタルならではの表現方法も併せて、デジタル作画になることで、これまでになかった新しい書き方やアイデアが生まれて、漫画がさらに成長するはずです」

 新型コロナで様々な娯楽と接する機会が減る中、昔ながらのエンターテイメントである漫画に期待する声は少なくない。業田氏も、ひとりの漫画家としてもっともっと面白い作品を作りたいと意気込む。

「昔は漫画への情熱を持っている読者がたくさんいましたが、いまはYouTubeやツイッターといった面白いことが増えて、わざわざ漫画を読む人が減っています。それでも『鬼滅の刃』が大ヒットしたように、面白い作品を書けば読んでくれる読者がいることは、僕らにとって明るい兆しです。

 デジタルで漫画は間違いなく変わります。どう変わるかはまだわからないけど、それを見つける漫画家になりたい。これからも新しくて面白い漫画を書いていきたいですね」

 還暦を越えて、ますます意欲がみなぎる業田氏。現実の世界のニートや引きこもりを思わせるナマオは、20年間を経てどのように“変身”するのか——間もなく結末を迎える物語の公開が待ち遠しい。

【プロフィール】業田良家(ごうだ・よしいえ)/1958年福岡県生まれ。1983年、「ゴーダ君」でデビュー。主な作品に『自虐の詩』『男の操』『神様物語』『機械仕掛けの愛』などがある。『シアターアッパレ』『業田良家の「ガラガラポン!日本政治」』など政治風刺漫画も多数手がける。現在、「機械仕掛けの愛」(ビッグコミック増刊号)、「百年川柳」(ビッグコミック・オリジナル)、「それ行け!天安悶」(正論)を連載中。フルデジタル制作に挑んだ新作4コマギャグ漫画『業田良家の「4こわ漫画」Season 1』『20年後に働き者になるナマケモノ』をNEWSポストセブンで公開している。

◆取材・文/池田道大(フリーライター)

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  3. 3

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  4. 4

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  5. 5

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。