記事
  • 女性自身

ベッキー第二子妊娠も…5年たっていまだアンチが消えない理由

タレントのベッキーさん(37)が、第二子を妊娠中であると明らかになりました。

ベッキーさんといえば、5年前の2016年1月に不倫が発覚。そこから芸能界の不倫バッシングのブームを生み、ご自身はタレントとしてのイメージを大きく崩すこととなりました。

現在は第一子の子育てをしながら、タレント活動をしているベッキーさん。めでたい第二子妊娠ということで、もう5年も前のできごとは過去のことになっているかと思いきや……。いまだアンチはちゃん健在。

ネットの掲示板には「なんでまた出てくるの?」「ひっそりしてればいいのに」「あれ以来ずっと不快」といった心ないコメントがあり、またベッキーさんのSNSにも不快を示すようなリプライがついているのを確認しました。

悲しいリアクションに筆者も心を痛めてしまったのですが、ふと思うのは「なぜ、アンチは時間がたっても相手を攻撃し続けるのか」という疑問です。

たとえスクープがあって、当事者をそのとき嫌いになったとしましょう。しかしその反感の熱量を保ち続け、批判の声を上げ続けるのはとてもエネルギーがいることです。

数年が経ったことで数こそ減ってはいるのですが、一部の心ないユーザーは今も残っています。その心理はどこにあるのか、考えてみたいと思います。

「好きの嫌いは無関心」「好きと嫌いは表裏一体」とは良くいったもの。アンチとは何かのはずみで相手を嫌いになってしまっただけで、実はファン予備軍とえるのでしょう。

嫌いを原動力にして相手に接触をはかるって、それだけでエネルギーを消費します。またタレントのファンとアンチはある程度、比例して増えるのが常といわれています。

ベッキーさんの件で考えてみると、もともと彼女は多くのファンとアンチを抱えていました。だから長期間にわたって批判が残るというのも、それだけ熱量高く人の関心を集めるパワーがあるということの裏返しなのでしょう。

とはいえ、5年も前の感情を温存できるのはなぜなのか。その理由の1つはその人が凄い嫌な奴……という話ではなく、そもそも感情には時間軸がないからです。何なら人は、10年20年前の恨みすら根に持ち続けることができます。

つまり5年前の不倫報道に「信じられない! 裏切られた」と感じ、その感情がご自身の個人的な体験や感覚と強く結びついている人ほど彼女のニュースを目にするたびに不快な感情も再燃させ続けるのです。

アンチが望んでいることは、基本的には叩いた当事者がダメージを食らうことです。でも残念ながら自分や複数人が誰かを叩いて相手がダメージを受けたとしても、あなたの中のネガティブな感情は消えません。

消えないどころか、相手に具体的な攻撃でダメージを食らわせたことへの罪悪感が上乗せされていく。そしてさらに、ご自身を苦しめることのほうが多いでしょう。最近であればアンチに法対応をする芸能人も増えたので、物理的なダメージが返ってくるかもしれません。

つまり叩くことのメリットはご自身のなかで湧いた負の感情を、今この瞬間だけ正当化させて発散できる。たったそれだけであり、長い目でみるとあまり良いことがないです。

むしろ誰かを見たときに感じる負の感情は、自分の中にある嫌悪感や思い込みと向き合って自分を深く理解するチャンスだったりします。

なにはともあれ負の感情は抱かれた人だけでなく、抱いた本人にも実はダメージを残します。

不倫という行為は賛否判断が分かれることですが、そこに並々ならぬ負の感情を持つということは何か自分の中に引っかかるポイントがあるのかも。

そう思えると、また見えてくる世界も変わってくるのかもしれません。

(文:おおしまりえ)

あわせて読みたい

「ベッキー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  3. 3

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  7. 7

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。