記事

「すべては闇営業が転換点」オリラジ、キンコン西野、極楽加藤…退所ドミノの真相《M-1準優勝芸人が告白》 吉本退所後初インタビュー #1 - 「文春オンライン」特集班

1/2

「退所してフリーになってこの取材が初めて受けた仕事なんですよ。最初は文春って聞いて驚いたんですけど、さすがに文春さんは反社じゃないだろうなと思って」

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51)と吉本興業のエージェント契約が3月31日をもって終了する。昨年末にはオリエンタルラジオの中田敦彦(38)と藤森慎吾(38)がそろって吉本興業を退所し、1月30日にはキングコングの西野亮廣(40)が事務所を去った。

 退所ドミノ真っ只中の2月26日に約29年間所属した吉本興業を電撃退所したお笑いタレントのユウキロック(48)が文春オンラインのインタビューに応じた。


ユウキロック氏 ©文藝春秋 撮影・志水隆

 同期に中川家、陣内智則、たむらけんじ、ケンドーコバヤシと、錚々たるメンバーが名を連ねるNSC11期生のユウキロックは、1995年に相方の大上邦博(現在は引退)とお笑いコンビ・ハリガネロックを結成。01年に開催された「第1回M-1グランプリ」で準優勝を果たし、02年にはNHK「爆笑オンエアバトル」で第4代チャンピオンに輝いた。14年3月にコンビを解散後は、養成所の講師や放送作家、タレントとして活動している。

 昨年から開始した自身の公式YouTubeチャンネル「ユウキロックのエンタメウェビナー」の登録者数は1万6000人となり、動画再生回数は245万回を超えている。フリーランスとなり、吉本興業の外部も内部も熟知するユウキロックの目に、退所が相次ぐ最近の吉本興業はどう映るのだろうか。(全2回のインタビューのうちの1回目。後編はこちら)

気が付いたら、外の仕事が9割で吉本興業が1割に

――なぜ、20歳から所属した吉本興業を退所したのか?

「2014年にハリガネロックというコンビを解散しまして、その後も会社に残りました。ネタをしないタレントのような芸人として活動していたんですけど、もともと解散するときに若手芸人の育成みたいなことをしたいと思っていたんです。他社で講師をやらせてもらうようになって、気が付いたら、外の仕事が9割で吉本興業が1割になっていました。吉本に申し訳ない気持ちになり、現場でも先輩らに会うと『オマエ、まだ吉本やったん?』とか言われることもあって、『まだぼく吉本ですよ』って自分で言うのも情けなかったんですよ。それでも僕は自分の好きなように活動させてもらっていた。

 その中でコロナになり、それまで吉本の仕事が最低でも月に1個くらいあったのが全くなくなって、この先、どうしていこうかなと考えて……。もう一度自分を鼓舞する気持ちとプロモーションの一環としてYouTubeを100日連続でやると決めたんです。そしたらDMで仕事がいっぱいくるようになった。けど、その仕事を吉本を通さずに自分で勝手には受けられない。そんな中、DMからテレビ番組のオファーも来たんです。僕からは返事できなかったので、会社から連絡あるかなって待っていたら、結局会社にはオファーがなかったようで、その仕事は流れてしまった。それで、いよいよ、僕は吉本じゃないねんな、という状況になって………」

専属マネージメント契約を結んだ2カ月後に退所した理由

――退所の2カ月前に行われた20年12月の吉本興業側との契約更新で、“退所”か“専属マネージメント契約”か迷った末に後者を選択したそうですね。なぜ、それからわずか2カ月で退所の道を選んだのですか。

「去年の12月の時は、僕は劇場に出ていないのでエージェント契約をする意味もなくて、マネージメント契約しても今まで通りの活動ができそうだなと思ったのでサインしました。そしたらオリラジが昨年12月に退所したんですよ。“うゎ、やってもうた”と思って。噂で、オリラジのYouTubeの問題が会社としっくりいっていないというのは少し聞いていたんですね。これはYouTubeのことも遅かれ早かれ会社との話し合いが僕のところにも来るなって思ったんですよ。そしたら年が明けた1月に会社とYouTubeの利率の話し合いになって。これが退所の理由ではないですけどきっかけにはなりました。

 この時期、僕のYouTubeはほぼ休止状態。利益はほとんど出ていなかった。1月、2月の利率で言ったら何千円でした。ただ、その何千円が惜しかったわけではなくて……。YouTubeのプロモーションのために機材も整えたりしたのでそもそも赤字でしたし、そこからさらに会社に売り上げとしてある程度のお金を取られてしまうとなると厳しいなと思ったんです。YouTubeはあくまで自分の仕事のプロモーションなので大目に見てほしいなと思ったんですけど、吉本は大きい会社なので一人のわがままは許されないと思ったし、それがルールなので、『じゃあ僕は退所します』と会社に伝えました。50歳を前にもう一度イチから頑張ってみようと。その話を進めている時期に今度はキングコングの西野くんが辞めたんですよね。嫌なタイミングになってもうたなって。なんか波に乗ったみたいになってもうたなって。彼らとはレベルも話の内容も全然違うと思うのでね」

同期にだけは挨拶メールを送らなかった

――退所について、NSC11期生の同期の芸人には相談しましたか?

「日付としては、僕は2月26日に退所して、翌日の27日にYouTubeで発表したんです。ただ、退所の挨拶のメールは、25日に、連絡先を知りうる限りの300人ぐらいの関係者にしました。ただ、同期にだけはしませんでした。同期ってそういうもんなんですよ。今年の2月24日、既に退所が決まっていた時期に僕が作家として担当している番組に中川家の剛に出てもらったんですよ。でも、そのときも剛には何も言わなかったです。僕は吉本に入って最初に先輩になった人が千原兄弟さんだったんですね。ジュニアさんに『退所致します』とメールを送ったら、返信がめちゃくちゃ早くて『こんな時代やから大変な事もあるやろうけど自由にやった方がええと思うわ。また何かあったらいつでも声かけてー』って書いてあって。それが嬉しかった。ジュニアさんは僕なんかを立ててくれるんですよ。後輩の僕に『声かけて―』なんて返してくれるのは本当に感謝しかありません」

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  8. 8

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  9. 9

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。