記事

“ハミチン事件”を経てなお「竹中直人にやりすぎはない」 65歳を迎えた個性派が抱える“安定への不安” 3月20日は竹中直人65歳の誕生日 - 近藤 正高

1/2

 俳優で映画監督としても活躍する竹中直人は、きょう3月20日、65歳の誕生日を迎えた。現在放送中のNHKの大河ドラマ『青天を衝け』では水戸藩主・徳川斉昭に扮し、本物の斉昭の肖像とそっくりだともっぱらの評判だ。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 劇中の斉昭は、草彅剛演じる息子の慶喜に愛情をかける一方で、幕府に対して強く攘夷を訴えるなど激しさを持ち合わせた人物として描かれる。竹中が極度の照れ屋でありながら一度役にのめり込むと止まらないことを思えば、まさに適役といえる。


大河ドラマで徳川斉昭を演じる竹中直人 ©文藝春秋

 竹中は大河ドラマではこれまでに『秀吉』(1996年)と『軍師官兵衛』(2014年)に出演している。役はいずれも豊臣秀吉であった。

コメディリリーフの俳優が大河の主演に抜擢!

 竹中が『秀吉』の主演に抜擢されたとき、世間は驚きをもって受け止めた。それというのも、彼は劇団青年座の出身(この前年の大河『八代将軍吉宗』で主演した西田敏行の後輩にあたる)ながら、テレビにはお笑い番組でモノマネなどを披露してデビューし、俳優の仕事が増えてからもコメディリリーフ的な役が多かったからだ。

 ただ、本人のなかでは、ちょうど大河の主役をしたいと思っていたところだった。その背景には、ある不安感があったという。このころには、それなりに俳優として個性を認められ、どんな作品に出演しても、すぐOKが出て撮影が進んでいく。それがとても怖くて、このままでいいのか、もっと責任のある仕事をしなければいけないのではないかと自問自答した。では、責任のある仕事とは何かと考え、たとえば1年間ひとつの役をやるのはどうかと、思い浮かんだのが大河ドラマの主役であった(※1)。

 『秀吉』のオファーがあったのは、何とそれから数日後のことだったという。竹中は思ったことが本当になり、衝撃を受けながらも出演を決める。ディレクターとの最初の打ち合わせでは「ものすごいハイテンションで、ボロボロの男にしたいです」と伝えた。そこには秀吉というヒーロー像を壊してめちゃくちゃにしたいとの思いがあった。放送当時のインタビューで彼は次のように説明している。

《ヒーローだって汚いところはあるのに、いざ描くときになるとみんな恥になるからといって隠しちゃってるでしょう。そうじゃなくて、ヒーローだってみっともない男、汚い男なんだっていうのをやりたかった。ふんどし一丁で走り回って、唾をペッペッと飛ばして、とにかくうるさい、何だこいつはって思われるような、そんなぶざまな男にできたらどんなにいいだろうと思ってましたね》(※2)

「汚くて、芝居もくさい」が生んだ“ハミチン事件”

 このイメージはプロデューサー、ディレクター、脚本家にも共有され、「汚くて、芝居もくさい」竹中秀吉が実現した。しかし、このおかげで思わぬアクシデントも生じた。いまなお語り草となっている“ハミチン事件”だ。

 これは、蜂須賀小六を演じる大仁田厚に抱え上げられたとき、竹中のふんどしからイチモツがはみ出したというもの。撮影前に衣装スタッフがふんどしをきれいに締めてくれたにもかかわらず、竹中が「秀吉はふんどしをこんなにきちんと締めないだろう」と緩めたがためのアクシデントだった。さっそくスタッフとモニターでチェックすると、たしかにアレが映っていた。「でも、夜のシーンだからな」「そんなとこまで誰も見ていないだろう」ということでOKとなる(※1、※3)。

 だが、放送後に視聴者からの指摘で発覚し、ニュースにもなってしまう。画面がハイビジョンに切り替わった現在なら、きっと撮り直しになっていただろう。もちろん当時でも、スタッフが竹中の意志を汲んでくれていなければ、NGが出ていたに違いない。

『秀吉』とともに転機となった作品は…

 竹中が新たな秀吉像を演じてみせた『秀吉』は評判を取り、高視聴率を記録する。同じく1996年には出演した映画『Shall we ダンス?』も大ヒットした。世間一般にも広く知られるきっかけとなったこの2作は、彼にとって大きな転機となる。

『Shall we ダンス?』の周防正行監督とは、『サラリーマン教室 係長は楽しいな』(1986年)という複数の若手監督によるテレビドラマ企画の1本で初めて出会った。当初、周防はプロデューサーから出演者として竹中を薦められ、「あの人は監督の言うことを聞かない人でしょ?」と反対したという。結局、プロデューサーに熱心に説得されて渋々キャスティングしたが、現場に入ってすぐ誤解が解けた。その後、竹中は『ファンシイダンス』(1989年)、『シコふんじゃった。』(1992年)と周防の映画にあいついで出演し、常連となる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。