記事

SNSで発信すれば若者の行動変容を促せるという思い上がり

「例えばSNSだとか、そうした若者のよく捉えられる、見られる部分に対しての広報が全く欠けていたのではないかなというふうに思っています。また、私自身も、そうした若者の方に対しての発信が足りなかったのだろうというふうに思っています。そうしたことをしっかりと発信していきたい、こういうふうに思っています」(18日付首相官邸HP 「新型コロナウイルス感染症に関する菅内閣総理大臣記者会見」
昨日の1都3県に対する金融事態宣言解除決定記者会見でこのように発言していた菅総理。

それに合わせるようなタイミングで持ち上がってきたのがLINEの個人情報管理不備問題。
「武田良太総務相は19日の閣議後の記者会見で、総務省が対話アプリ「LINE」を通じて提供している行政サービスの運用を停止する考えを示した」(19日付日経電子版 「LINEでの行政サービスを停止 総務省」
SNSを利用して感染対策をめぐる若者への呼び掛け強化すると宣言した総理は、8000万人が利用している LINE 抜きで呼び掛け強化を図らなければならなくなった。悲しいことだが菅総理は「持っていない」。

そもそも「SNSだとか、そうした若者のよく捉えられる、見られる部分に対しての広報が全く欠けていた」ことが、国の呼び掛けが若者たちに届かない理由だと思っているとしたら、それこそがSNSリテラシーの低さを象徴するものだ。

SNS乱立時代に重要なのはコンテンツ。(1)飲食を通じた感染防止(2)変異株への対応(3)感染拡大の予兆をつかむための戦略的検査の実施(4)安全迅速なワクチン接種(5)感染拡大に備えた医療体制の強化、といった聞き飽きた「感染再拡大防止の5本の柱」をSNSで発信しただけで若者たちに行動変容を促せると思っているとしたら大きな間違いだ。

根本的な問題は若者たちの多くが政府をリスペクトしてないことだ。国会のやり取りを見ていればそれも仕方のないこと。国会の様子はSNSを通して若者たちに伝わっていることを忘れてはならない。レベルの低い政治の現状は若者たちに届かず、行動変容を促す政府のお願いだけは若者たちに伝わるとことを夢みているとしたら勘違も甚だしい。

政府が肝に銘じなければならないことは、若者に限らず人間はリスペクト出来ない人からの説得で行動変容を起こすことはないということだ。

SNSで若者向けへの発信を考えるより先に、テレビ中継やニュースで伝えられている国会の姿、政治の在り様を反省することから始めた方がよさそうだ。若者の行動変容を促すためにも…。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。