記事

衆議院選挙を終えて、2期目の決意

 昨日行われた衆議院選挙、私は近畿比例ブロックで当選し、2期目の仕事をさせて頂くことになりました。支援して下さった方々、私を信じて一緒に歩む決断をして下さった方々には心から感謝を申し上げます。

 正直、当選の喜びはありません。自民党が公明党と合わせて計325議席を獲得。政権奪回を許したことで、民主党、そして日本維新の会が目指した改革が後戻りすることに大きな危惧を抱いています。

 また、今回は私自身も小選挙区では完敗。議席を増やす貢献ができませんでした。維新、民主を問わず改革マインドを持って一緒に頑張ってきた多くの仲間も落選してしまいました。本当に残念です。

 小選挙区での敗因のひとつは、民主党を離党し日本維新の会に移ってから時間がなく、支援者の方々に十分な説明ができなかったことです。私を引き続き支援するのか判断する材料を与えることもできず支援者の方々の動きを止めてしまいました。お手紙は送りましたが、私がどのような思いで維新に移ったのか、周辺の方々に私の支援をお願いするまで理解、納得して頂くことは難しかったと思います。従って最後まで支持が広がっていくうねりを感じることができませんでした。

 3年3か月前、国民が自民党政権にNoを突きつけた時から、自民党が変わったとは全く思えません。新聞報道等では、自民党の支持率は民主党が圧勝して政権交代が実現した2009年よりもさらに低いにもかかわらず、民主党から民心が離れ、第三極がつぶし合い、さらに自民には公明党が後ろ盾があって、投票率が低い状態ではこの結果も必然だと思います。結果、決して積極的には望まれているとは思えない自民党政権を結果として復活させてしまいました。

 一方で、地方組織、地方議員に支えられた自民党の底力も感じました。これは、民主党が打破できなかったものであり、日本維新の会にとっても今後の大きな課題だと思います。

 そんな中で頂いた議席の重さを痛感しています。次は野党の一員として、来年夏に迫っている参議院選挙に勝ち、さらに次回の衆議院選挙で政権奪取を果たすために全力を注ぎます。そのためには、しっかり政策論争をした上での野党統一候補の擁立も視野に入れるべきでしょう。一方で、何でも反対ではなく日本にとって必要な政策には是々非々で臨み、国民の未来を守る政治を行う一員として貢献しなくてはなりません。

 より責任が重い立場になりますが、与えられた使命を全うすべく全力で頑張ります。


画像を見る

写真上:支援者から頂いた花束を手に。今回も万歳はしませんでした。

画像を見る

写真上:挨拶の後、マスコミ取材を受ける私。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  4. 4

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  5. 5

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  6. 6

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  7. 7

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  8. 8

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  9. 9

    「かまいたち」の実は長かった暗黒時代 “東京挫折”からいかに立ち直ったか - 鈴木旭

    文春オンライン

    05月09日 12:43

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。