記事
  • 女性自身

佐々木宏氏「オリンピッグ」が2つの意味で無知と言われる訳

1/2

「実際、私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい所存でございます」

3月18日、吉本興業の公式サイトにこうつづったのはタレントの渡辺直美(33)だ。

『文春オンライン』によると東京オリンピック・パラリンピックの開会式で演出を統括する佐々木宏氏(66)が、彼女に“豚を演じさせる”というプランを提案。さらに佐々木氏は、開会式の演出を担うメンバーのグループLINEに「オリンピッグ=渡辺直美さん」ともつづっていたという。

そんな「オリンピッグ騒動」で渦中の人となった渡辺は、冒頭のように「この体型で幸せ」とコメント。ネットでは《尊敬しちゃうなぁ。ますます好きになった》《素敵なコメントでちょっと泣けた》と好反応が数多くみられている。

渡辺は固定概念を覆したとして、世界的に評価されてきた。17年2月、アメリカ『ワシントン・ポスト』は「すらりとしていなくても自信を持ち、幸せになれると証明することで、“女性は痩せている方がいい”という固定観念に挑んでいる」と讃えている。

さらに18年1月、イギリス版『VOGUE』も“日本女性のステレオタイプを壊す人”として評価。そして同年7月には、アメリカの『タイム』が“ネット上で最も影響力のある25人のうちの1人”として紹介している。

「18年9月、GUCCIの公式Instagramアカウントが渡辺さんの姿をアップしました。すると、体型を揶揄する言葉がコメント欄に殺到。それでも彼女は《みんな私の魅力にびっくりした様子?まだ2%しか出してないのに痺れちゃったのね》とSNSで発信したんです。そうした非難をものともしない態度が、彼女の評価をさらに高めました」(芸能関係者)

いまや、ふくよかなファッションモデルをプラスサイズ・モデルと呼ぶ時代。プラスサイズの体をありのままに愛す、ボディ・ポジティブというムーブメントもある。

「佐々木氏は渡辺さんをふくよかな人を“ブタ”として表現し、さらにそれをオリンピックの開会式の演出として提案しました。これは世界の今ある流れへの無知といえますし、『もし実現していたら……』と考えると恐ろしい気持ちなります」(前出・芸能関係者)

あわせて読みたい

「渡辺直美」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  7. 7

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  10. 10

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。