記事
  • 女性自身
  • 2021年03月19日 16:52 (配信日時 03月19日 14:21)

76歳中国系女性、殴ってきた白人男性を返り討ちに

デモで「私たちはウイルスじゃない」と訴えるアジア系親子(写真:ロイター/アフロ)

新型コロナウイルスをめぐり、米国各地でアジア系住民を狙ったヘイトクライムが問題となっている。アジア系というだけで殴られたり突き飛ばされたりといった暴力事件が多発。「STOP ASIAN HATE」を掲げたデモ活動や、企業によるメッセージ発信が続いている。8日にはサンフランシスコで、76歳の中国系の女性が、39歳の白人男性に顔を殴られる事件が起こった。しかし、担架に乗せられたのは加害者の方だった。

CBSのサンフランシスコ支部KPIXのスポーツディレクター、デニス・オドネルは暴行事件の情報を聞き、ランニングを切り上げて現場に急行した。そこには担架に乗せられた白人男性と、木の棒を持って怒りをあらわにしているアジア系の女性がいた。デニスのTwitterに投稿された動画には、そのときの状況が収められている。

KPIXの報道によると、女性は中国系アメリカ人のXiao Zhen Xieさん(76)。市場近くの交差点に立っていたところ、いきなり白人男性に顔面を殴られたという。Xiaoさんは落ちていた棒を拾って反撃。広東語で「このクズ! なんで私をいじめるんだ!」「彼が私を殴ったんだよ!」と言いながら男を滅多打ちにし、救急車が呼ばれる事態に。

39歳の男は口から血を流しながら担架に乗せられ、手錠をかけられた。運ばれる男を再度殴りつけようとしたXiaoさんを、警官が後ろから押さえてなだめる場面もあったという。

容疑者は、前日に83歳のアジア系男性が殴られた事件にも関わっていることがわかり、警察はヘイトクライムとして捜査を続けている。

Xiaoさんの孫娘は、クラウドファンディングサービスのGoFundMeで、保険でカバーできない医療費を募るプロジェクトを開始した。Xiaoさんは両目が腫れ上がり、片方の視力が極端に落ちてしまっているだけでなく、出血も止まらないという。スタートからわずか19時間で、5万ドル(約545万円)の目標に対し、およそ2倍の47万ドル(約5,124万円)が集まっている。

あわせて読みたい

「ヘイトクライム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。