記事

超党派の新しい憲法国民会議を作ろう

国民の大多数が賛同できるような憲法改正を実現するための、真面目な意見交換の場を作ってもらいたいと念願している。

本来ならば国会の憲法審査会がその役割を担わなければならないのだが、今の国会には中山太郎氏がいない。
衆議院憲法調査会の会長を務められた中山太郎氏がおられれば、2001年に始まった憲法調査会の調査研究や国会における議論をそのまま承継しその上に新しい憲法改正議論を積み重ねることが出来ると思われるが、残念ながらこの3年3ヶ月の民主党政権の間、憲法議論はまったく深まっていない。
むしろ終戦直後の渾沌期に戻ってしまったような感がある。

この状態の中で自民党と公明党だけで憲法改正議論を進めることは、危険である。
百家争鳴なのはいいが、纏めようという気がない人が集まって、皆、自分勝手に発言しはじめると五月蠅いだけだ。

自民党は新しい憲法改正草案を掲げて今回の衆議院選挙に臨んだが、自民党の新しい憲法改正案は衆議院の憲法調査会の長年にわたる調査研究や国会議員の議論の積み重ねを踏まえていない。
選挙を戦うための看板の一つのように捉えているから、妙に挑発的、挑戦的である。
自民党は、今回の衆議院選挙の余勢をかって憲法改正に突き進みたいような素振りを示しているが、やはり慌てない方がいい。

まずは、憲法審査会を速やかに起動させることだ。

しかし、これだけでは足りない。
民間主導で、超党派の新しい憲法国民会議を起ち上げるのがいい。

幸い中山太郎氏が健在だ。
作るなら、今である。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。