記事
  • ロイター

全国CPI、2月は前年比-0.4%に下落幅縮小 エネルギー代が反転


[東京 19日 ロイター] - 総務省によると、2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.5となり、前年同月比0.4%低下した。7カ月連続の低下となったが、低下幅はこの5カ月の間で最も小幅となり、前月比(季節調整値)は0.1%の上昇。ガソリンや電気代などエネルギー代の下落幅が軒並み縮小したことが背景。

総合指数は前年比0.4%低下し、こちらも下落幅は縮小。生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.2%上昇と1月からプラス圏に浮上している。

詳細をみると、光熱・水道費は前年比マイナス5.8%となったが、1月のマイナス6.3%より小幅低下となった。ガソリン代や電気代の下落幅が縮小したため。昨年来の原油相場の反転がタイムラグをもって表れてきた。

このほか、今年に入って改定となった火災・地震保険料の値上げなども上昇要因となっている。

一方、下落幅が拡大したのは宿泊料で、首都圏の緊急事態宣言による外出自粛の影響とみられる。教養娯楽用耐久財も下落幅が拡大した。

(中川泉)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。