記事

紀香、千秋、丸川大臣… 驚きのパワーを誇る50才の女性有名人

美貌を保つ藤原紀香

 放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、話題の有名人に迫る。今回のテーマは、今年50才を迎える女性有名人たちです。

【写真】丸川大臣、千秋、川原亜矢子、平子理沙ら50代有名人の美しき姿

 * * *

再婚して幸せをつかんだ藤原紀香サン、千秋サン

 人生100年時代といわれても、あまりピンときませんが、『女性セブン』でもおなじみの佐藤愛子さん(97才)や下重暁子さん(84才)をはじめ、瀬戸内寂聴さん(98才)、橋田壽賀子さん(95才)。さらには『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系)の“くじらママ”こと草笛光子サン(87才)の現役感を目の当たりにすると、私なんぞ、まだまだ“ひよっこ”なんだわと思ってしまう今日この頃です。

 ということで“折り返し地点”の年齢もどんどん上がっていますよね。100才の折り返しといえば、今年50才の誕生日を迎える皆さん。調べてみたら、まず目がいっ(てしまっ)たのは丸川珠代さんでした。

 橋本聖子さん(56才)が大臣の座を辞して東京五輪・パラ組織委員会の会長に就いたと同時に、五輪担当相に返り咲いた丸川さん。小池百合子東京都知事(68才)を含め、女性が揃ったということはとても喜ばしいことです。が、局アナとフリーという違いはあれど、同じ“報道キャスターあがり”ということで、小池さんとはキャラかぶりゆえの不仲……というウワサは根強くあります。

 そうですか、今年50才ですか。まずはルックスからチェックさせていただきましょう。いちばんに感じるのは、スリムな体形をキープしていらっしゃるということ。そして、セルフメイクが当たり前の局アナ出身者ゆえ、ほかの女性議員に比べて、メイクのテクニックが格段に上でいらっしゃいます。髪形もイマドキであり、これも、昔の聖子ちゃんカットや、顔回りの毛を後ろにブローするサーファーカット、オオカミカットが大半の女性議員の中にあってはピカイチ。ツヤもあります。

 ファッションについては、議員になりたての頃のトレードマークだった真っ赤なスーツからシックな装いに変わりました。最近はスカーフを巻いて、年齢が出てしまう首元をカバーすることも多い上級者でもあります。

 丸川さんのもう1つの話題といえば、男女共同参画担当大臣であり、自身も“通称”という名の“旧姓”で活躍をされているにもかかわらず、選択的夫婦別姓に賛同していないこと。さらには賛同している地方議員に対し宛てた、慎重な検討を求める書状に名を連ねていたことで、社民党の福島瑞穂さん(65才)から追及されました。が、「大臣として個人の考えは述べることができない」を繰り返すばかり。

“反対”は、個人の信念であり、男女共同参画担当相としての職務には影響しないとも述べていらっしゃいます。本当に“個人の信念”なのか、それとも、ご自分を引っ張ってくれた人のお考えにエンロール(影響)されてしまっているのか。もしも後者なのだとしたら、個人的に“がっかり感”は否めませんが、50才という節目の年に、いろいろな意味で再び注目を集めることとなった丸川さんの“引きの強さ”には感服いたします。

 感服といえば、今年50才になる女性有名人には、田中みな実サン(34才)出現前の(!)“美容セレブ”や“美のミューズ”が多いこと。それも日々の努力で美しさを勝ち取っていらっしゃるかたが多いのです。

 まずは「紀香バディ」藤原紀香サンです。モデル時代はもちろん、女優さんになられても、自身が使ってよかったモノはすべて公開してくださるかたでしたよね。私、ずいぶんマネして購入した記憶がありますし、サロンにも追いかけていきました。最初に行った“まつエク”サロンは、紀香サン行きつけでした。お風呂に入れる日本酒とか白目を白くする目薬とか(笑い)。片岡愛之助サン(49才)と再婚された際の引き出物、水素水生成器ももちろん持っています。

 現在も、「目標はキャッツ・アイ」と言いきり、ハリウッドセレブ御用達の筋トレマシンでのトレーニングやポールダンスのレッスンに勤しむ紀香サン。愛之助サンと結婚されてから、華道、茶道、書道、陶芸のお教室にも通うパワフルな50才。若い頃と現れが変わったなという印象さえあります。愛之助サンとの“相性”がいいのでしょうね。

 そういえば、「今年50才と聞いて驚く女性有名人ランキング」第1位の千秋サンも再婚して幸せをつかんだ代表格のようなかた。何事もなかったように(!)、山口もえサン(43才)や小倉優子サン(37才)、ギャル曽根サン(35才)ら、若きママ友と交流されているので、檀れいサンや平子理沙サンら、今年50才のバツイチ組にも余計なお世話ながら再婚をおススメしたくなります。

コロナがなければカナダに留学していた光浦靖子サン

 その平子理沙サンや川原亜矢子サンという、紀香サンに似た美容ベクトルをお持ちのおふたりも50才。平子サンは吉田栄作サン(52才)との離婚でさえもダメージにすることなく、現在も美容雑誌のタイアップページなどでは“殿堂入り”のミューズとしてご健在。

 そして川原サンは、「1日に水を2リットル飲む」美容習慣を日本に根付かせたかた。現在、3リットル飲んでいる田中みな実サンよりも四半世紀以上も前の話です。ちなみに「コントレックス」を日本で流行らせたかたでもあります。

 そうした美容面に“治療”で向き合っているのは西川史子サン。「テレビ出演は私の趣味」とまで言っていた西川センセイが、レギュラーの『サンデージャポン』(TBS系)を降板し、もう一度、医療現場で患者さんに向き合う決心をしたのは、まさしく“50才”がみえた1年前のことでした。

 そして、世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るわなければ、カナダに留学する予定になっていたのは光浦靖子サンです。女芸人の中で、もっとも高学歴コンビといっていいオアシズさん。ちなみに大久保佳代子サンも今年50才です。

 光浦サンはレギュラー番組に休みをもらい、マンションも引き払って、入学金を振り込み、準備を整えていたのにコロナの世界的大流行に。当時、雑誌のインタビューで「もう考え方を変えられるほど柔軟じゃない。だったら、ひん曲がったなりに、ナチュラルに生きてみよう」と話されていたことが忘れられません。

 広く浅く全部に手を出し、いまから全部“叶える”ために海外留学を決意したとのことでした。コロナが収束したならば、光浦サンの“50才の夢”はきっと叶うはず。現在、柴田理恵サン(62才)と共に、木村拓哉サン(48才)にしつこく絡む(!)マクドナルドのCMで、新しい光浦サンも確認させていただいているところですし、50才って、やっぱり大きな一歩を踏み出せる“折り返し地点”なのだという気がしてきました。そこからかなり経っている私も……がんばります!

構成/山田美保子

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2021年4月1日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  5. 5

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  6. 6

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  7. 7

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  8. 8

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  9. 9

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  10. 10

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。