記事

【特別対談】元担当記者が語りつくす「北朝鮮」の真実に迫る術(中) - 城内康伸,塚本壮一

1/2

[画像をブログで見る]

『金正恩の機密ファイル』(小学館新書)の著者で、元北朝鮮担当記者(現・東京新聞外報部編集委員)の城内康伸さんが独自入手した内部資料からは、国内のすさんだ状況が見えてくるのに、それでも金正恩体制が揺るがない――元NHK解説委員の塚本壮一さん(桜美林大学教授)との対談で、その理由に迫る。

塚本壮一:本を読んで僕の想像以上だったのは、朝鮮人民軍内で犯罪や脱税などが頻発しているという、すさんだ空気ですね。平壌に取材で行ったとき、金日成(キム・イルソン)広場で酒を飲んでふらふらしている酔っ払いとかを見たことはありました。だから、全人民が末端まで統率が取れている、なんてことはあり得ないと思っていましたけど、ここまで荒れているとは思っていなかった。

金正恩が核にこだわる理由

城内康伸:僕も内部資料を読んでびっくりしましたね。人心はすさんでいるし、韓国の文化も非常に入っている。本にも書いたけど、メモ帳の中に韓国の歌を書き留めている軍部隊の幹部もいる。

塚本壮一さん

塚本:僕も中朝国境で、18か19歳くらいの脱北者の女の子と会ったことがあるのですが、彼女も韓国の映画を観ている、と言っていたんですよ。当時はUSBではなく、DVDが中国から持ち込まれていたらしいですけど。だけど、朝鮮人民軍の幹部クラスまでが、というのは驚きでした。

 朝鮮人民軍内の犯罪などの資料はちょっと以前のものですよね。今も状況はあまり変わらないと見ていいのでしょうか。

城内:その後の資料は手に入ってはいないんですが、脱北者や北朝鮮の人、また韓国の情報関係の人と会って聞いてみても、少しも変わっていないと言いますね。

 だからこの本でも書いたんですが、こうした軍の荒れようも核開発強化の一因になっているんじゃないか。これでは通常兵器も通常軍隊もダメだ、だから核がより必要になっているのではないか。僕は人民軍の荒廃ぶりを内部文書で見ていて、金正恩(キム・ジョンウン)が核にこだわる理由にはこういうこともあるんだろうと思いました。

塚本:なるほど。北の核開発はアメリカ向けのものなんだというある種の常識がありますけれども、案外足元の話だったりもするかもしれませんね。

 本にも書いておられるけど、そういう荒れた雰囲気が生まれるのはやはり貧しいから、食えないからという理由があるからだと思うんです。

高級マンションを中国に持つ富裕層も

塚本:でも、金正恩時代になって経済はよくなった、というのが国際社会での一般的な受け止め方ですよね。実際、『アジアプレス・インターナショナル』が発表している北朝鮮の物価動向などを見ても、物価が激しく乱高下しているという様子もない。もちろん貧しいのは貧しいのでしょうが、それでもある程度経済はうまくいっていると思っていました。実際のところ、どうなのでしょう。

城内康伸さん

城内:僕が取材で付き合っていた北の人は2015年以降でせいぜい10人。その中で本当に何でもしゃべるというのは4、5人でしたが、彼らが言うには、確かに経済はよくなった、と。ただし、国家は何もしてくれない。その代わりに何でもやれるようになった、と言うんですよね。

「チャンマダン」、いわゆる市場での自主的な経済活動は規制がかなり緩くなった。要するに、自分の力さえあればやれる、という話ですよ。

 それが、社会主義的な統制が行き渡っていなくなってきているのか、それとも意図的にほったらかしてきたのかは分からないけれども、結果として支配権力がそれを黙認してきたことは確かです。市場経済、自由経済がかなり広がって普及していることが、「経済がよくなった」理由なんじゃないでしょうか。

 ただ、放任すれば経済が活性化するということを金正恩さんが見通していたのならばすごいですけれど、そうではなく、やはり彼の指導力というよりも人民の知恵と力によるものではないですかね。

 僕はこの本でも、検察の資料を使って「無法者の稼ぎ方」という章を立てて、違法な経済活動をしている人の実態を書きました。でも、こういう人たちが結局、北朝鮮の経済を回す原動力になっている、という気はするんです。

 あと、「トンジュ(金主)」と呼ばれる新興富裕層ですね。北京市郊外に通州という町があるのですが、そこの高級マンションに部屋を持っているトンジュがいたのには驚きました。

塚本:中国まで来て、ですか。

城内:はい。

「放っておいてくれるのがいい」

塚本:今回の朝鮮労働党大会で新たな経済計画なるものが出ましたが、言っていることは相変わらずの「自力更生」ですよね。そういう公式の計画とは全く別に、トンジュ、あるいは、当局に目をつけられない程度に商売がうまい人がいることで、実際の経済が回って内需も喚起されているんだな、と思うんです。

城内:では日本の昔はどうだったんだ、と考えたときに、じゃあ江戸幕府が何かやったのか、と思うんですね。別に何もやっていない、民衆が勝手に経済を動かしていたところがあって、日本も昔は今の北朝鮮と同じだったんじゃないのか、という感じがするんです。

 結局お上は何もやっていない、というのは一緒なわけですよ。北の人が言っていて面白いなと思ったのは、

「国家は何もやってくれないけど、やってくれないのがいいんだ。放っておいてくれるのがいいんだ」

 ということでした。もっとも最近は、取り締まりと統制が強化されているようですね。チャンマダンなども2年ほど前から統制が厳しくなっているという話が入ってきている。でもそんなことしたら経済は落ちてきますよ。だって民衆の力に頼っているんですから。

塚本:結局、経済を回す部分と統制を天秤にかけて、あるときは統制にアクセルを踏んで、あるときは経済を回す。「チャンマダン世代」と本に書いておられましたが、国家が何もやってくれないことで忠誠心が薄い世代が出てきているのだとすると、それは北朝鮮社会の今後に大きな影響を及ぼすことになりませんか。

北朝鮮は壊れない

城内:そういう流れになると「北朝鮮が壊れる」と言う人がいますよね。「改革開放をすれば壊れる」とか。でも僕はそうは思わない。

 たかだか人口2500万人の国ですから、締めるところを締めれば何とでもなると思うんです。だからむしろカギは経済です。食えるようになると、国民は不満を持たないですよ。

 中国など人口14億人いても、みんなある程度豊かになっているから、政治上の怒りや不満は大きく表面化しないじゃないですか。しかも思想統制する公安監視機能は非常に厳しいですしね。だから今、中国が崩壊するなんて言う人などいないでしょう。

 ましてや北朝鮮は人口2500万人なんですから、今後経済が回復して国民の8割がそれなりに食べられるようになったときに、どう思うか。「やはり、金正恩元帥様の指導力は卓越している」という国民の評価になるんじゃないでしょうか。元帥様だからこそ我々の生活はよくなったんだと。そこに韓国文化が入ってきても、それで壊れることはないんじゃないかな。

 確かに北朝鮮は今も韓国ドラマなどを非社会主義的な傀儡文化だと危険視して警戒を強めています。しかし、あれほどの監視国家なら、いかようにでもコントロールはすると思います。

塚本:平壌に行ったとき、バスで移動中、どこかの工場の前を通りかかったら、従業員たちが昼間から中庭でバレーボールをして遊んでいるんです。それを見て、平壌に住んでいるから恵まれているとはいえ、実は楽であるのかもしれないと感じました。

城内:2016年に「200日戦闘」という増産運動がありました。労働者は工場に出勤し、保育園なども勤務時間の延長があったとき、工場の労働者や保育園職員は、施設に残ることは残るけど、電気がないから稼働させることができない。だから施設内でトウモロコシ酒を飲んだりして時間を潰している、とか言っていましたからね。電力などのエネルギーがないから、動かしようがない。そんな状態だったと言っている人もいましたね。

モヒカン、スパッツ、不純映像物

城内康伸さんの著書

塚本:韓国の風潮の流入については、本書に書かれたモヒカン頭の青年やスパッツの話が面白いですね。

城内:資料には「おんどりのような頭」と書いてあったからモヒカンと表現したんだけど、果たして我々の想像しているモヒカンかどうかは分からないですけどね。

 スパッツも面白いですよ。朝鮮語の表現だと「股間にぴたりと張り付いた」とか「股間の形がそのまま出ているズボンを穿いて」だとか。

塚本:本人たちは怒られるのを半ば覚悟の上なんでしょうけど、ああいう厳しい社会でよくそんなことができる、勇気のある人たちがいるもんだなと思いました。

城内:こういう話は学術的でもないし、大上段に構えて体制を語る材料にはならないかもしれないけど、「おんどりのような頭」という表現――「金日成・金正日主義青年同盟」(注:北朝鮮の大衆青年組織)が出した「非社会主義現象」に関して注意を喚起した内部文書にあった――を読むと、はっとするんです。公式文書の中にこうした表現があると、北朝鮮で実際にこういう出来事が起きているんだ、という確信を持てるし、それが面白く、かつ感動したりもしますね。

塚本:公式報道でもたまに「資本主義の黄色い風に気をつけろ」みたいな表現が出てくるんですが、それがこんなに具体的な形で表れていることがよく分かりますね。

城内:本当に面白いですよ。

 他にも、韓国の"不純映像物"を入れていたノートパソコンが当局に摘発されそうになり、ビルの屋上だか高層階だかから放り投げた17~18歳の男の子がいたという話があったり。こういうのは読んでいて映像として頭に浮かんでくる。なんか「頑張れよ」と言って、この青年を応援してやりたくなりましたよ。乾いていない北朝鮮が伝わってくる、というのでしょうか。

 朝鮮人民軍235軍部隊所属の軍人たちの素行や思考調査の資料などは生々しいですね。1人1人名前が書いてあって、それぞれがどうだということがいっぱい書いてある。例えばある部隊長が、人工衛星と称した弾道ミサイルの発射について「人民生活が苦しいのに、人工衛星なんかをしょっちゅう発射してどうするのか」と繰り返し発言したとして、軍の内部文書で槍玉に挙がっている。資料という確実な証拠で内部の不満が確認できるわけですよ。

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。