記事

「感染経路の正しい知識を」桜井充参議院議員


トップ写真:ⒸJapan In-depth編集部

細川珠生(政治ジャーナリスト)

【まとめ】

・接触感染や便からの感染リスク等、正しい知識を政府は国民に提示すべき。

・医療体制維持するには、医療資源を効果的にフル活用する事が重要。

・ワクチン接種による集団免疫形成と定期検査による維持が今後の鍵。

今週のラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、参議院議員で、医師でもある桜井充氏。新型コロナウイルスについて、政治ジャーナリストの細川珠生氏が聞いた。

まず、2020年11月に桜井氏本人も新型コロナウイルスに感染した経験を踏まえ、「感染者への政府の対応として足りない点はどこか」について細川氏が聞いた。

桜井氏は、政府の対応として2つ課題をあげた。

1つ目は、「日常生活の中のどういうシチュエーションで感染する可能性があるか」の具体的な国民への提示が足りていないこと。

感染症は正しい措置を取れば感染を防げる。実際、今年のインフルエンザ感染者数は例年(2~3万人/週)に比べて大幅に少ない(ピーク時で100人・週超えていない)のは、新型コロナウイルス感染症予防のために徹底したマスクの着用や手洗いなどの成果であると考えられる、と桜井氏は強調した。

インフルエンザは上気道を通じた飛沫感染が主な感染経路であり、ほぼ全員がマスクを着用したことによって、ウイルスの侵入を防ぐことが出来た、と桜井氏は断言した。

では、なぜ新型コロナウイルスの感染が止まらないのか。桜井氏は、「新型コロナウイルス感染症に対して正しい措置を取っていないからだ」と述べた。

「新型コロナウイルスの感染が流行しているのは、(上気道以外の)別のところから(ウイルスが)入ってくるとしか考えられない」というのだ。特に、トイレでの感染リスクについて政府は何も言っていないことが問題だ、と桜井氏は指摘した。

便器の蓋をしない状態でトイレを流すと、便の中のウイルスが飛び散って壁やドアノブや床などに付着し、それらを通じて人に接触感染する。駅にある公衆トイレはそもそも蓋がなく、それを防ぐことができない。

接触感染や便からの感染リスクなど正しい知識を国民にもっと伝えれば、今よりかなり感染者数が抑えられるのではないか、と桜井氏は述べた。

2つ目は、「不必要なことに対して制限して、必要なことに制限していない」ことだ。「不必要な制限」というのは、例えば「三密」に関してである。マスクをつけている場合はそもそも濃厚接触に当たらないので、過剰なソーシャルディスタンスは必要ない、とのことだ。また、外でやるスポーツを制限するのも、「三密」には該当しないので「ナンセンス」である、と桜井氏は述べた。

また、ゴルフをする際、プレー中は安全であるが、クラブハウスの洗面所やお風呂などは感染リスクが高いので、それをしっかり提示し、注意喚起すべきとの考えを示した。

政府は「危ないところと危なくないところ、注意すべきところをしっかり整理して国民に提示」し、制限対象を見極めて必要なことに制限すべきである、と述べた。


▲写真 ⒸJapan In-depth編集部

次に、細川氏が医療体制について聞いた。桜井氏自身も新型コロナウイルス感染時に病院に入れなかった人の1人である。桜井氏は、医療体制について病院の人的資源と物的資源それぞれの観点から2つの提案をした。

まず、人的資源の有効活用について。桜井氏が入院できなかった理由は、ベッド不足ではなくナース不足であった。当時、高齢者施設のクラスターが発生し、ナースがそちらの対応に追われていたのだ。新型コロナウイルス対応のみならず、普段は介護士が主に行っている高齢者特有のケアも、ナースが全て担っていたので、ナース不足に陥った。

そこで桜井氏は、高齢者の感染者は高齢者専門のグループホームで介護士を手厚くあてて看ることで、ナース不足を緩和し、「入院が必要な人がもっと病院に入れるようにする」ことを提案した。

次に、ベッドなどの物的資源について。現在、「症状がなくなってから72時間経たないと退院できない」とのルールがある。この基準自体を変える必要は全くないが、「症状がなくなった段階でホテルなど別の場所に(患者を)移して72時間の経過観察」をすべきである、と桜井氏は述べた。そうすることで、より病院でのケアが必要な重症患者などに提供できるベッドが増える。

両方の提案に共通する視点は、「今ある医療資源をいかにフル活用するか」ということだ。

最後に、ワクチンについて。

桜井氏は、ワクチン接種が進めば感染はかなり抑えられると述べる一方、「3分の1くらいは受けない」可能性を懸念した。一定数の人はワクチンの副反応などを恐れているからだ。「日本では、予防接種を受けない場合のリスクが十分議論されていない」と桜井氏は指摘した。ワクチンはより多くの人が接種するほど「集団免疫」ができるため、「受けないほうが危ない」と述べた。

ワクチンがある程度普及した後の新型コロナウイルス対策の肝は、「抗体がまだあるのかを定期的に検査して、なくなった時点で接種」し、「感染しない体にし続ける」ことであると桜井氏は締めくくった。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2021年3月13日放送の要約です)

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP https://hosokawatamao.com

細川珠生ブログ https://blog.excite.co.jp/tamaohosokawa/

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  6. 6

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。