記事

選挙系ネット広告も大胆になってきました

もと大田区議会議員おかたかしです。

インターネットでの選挙広告

2013年の公職選挙法改正でインターネットでの選挙活動が解禁され、WEB上の選挙系広告も活発になりました。それ以前は、インターネット上はもとよりリアルな紙媒体への広告も審査の壁が高かったものです。

インターネット広告では、ターゲットの位置情報や主義主張をふまえて、広告表示できますから、特定の地域の有権者へ効果的にアプローチすることができます。

そういった意味で、追跡型の広告が選挙広告に多くみられます。

大胆なリスティング選挙広告

リスティング広告(ユーザーが検索したキーワードに連動して掲載される広告)で選挙広告をあまり見ないと思いませんか?

例えば、現在進行形の”千葉市長選挙”、”東金市議会議員選挙”、といったキーワードでググっても広告は出てきません。

おそらくGoogleのアルゴリズムで、選挙のような公式イベントの リスティング広告 を表示させないのでしょう。

ところが

私、”岡高志”のキーワードでググると

選挙系広告出現!

おいおい!人の名前をキーワードに広告出すんじゃないよ!

一見、中立を装ったまとめサイトのようですが、広告費払ってそんなサイトの広告を出す人はいないので、選挙に立候補する人の広告でしょう。自分の名前を隠しての広告、いわゆる、ステルスマーケティング(ステマ)

選挙系ステルスマーケティングの実際

よせばいいのに広告をクリックすると現れるのは

[画像をブログで見る]

https://seiji-ka.com/lp/oota-ku/?gclid=Cj0KCQjw0caCBhCIARIsAGAfuMy5U53j9Y6WICCu4CEB0uGOvhL_qk0voRWwSfy8r9M0kjI5IZVI2FkaAtvXEALw_wcB

大田区都議会議員の選び方!

 ※ 都議会議員選挙は6月25日にスタートします。

[画像をブログで見る]

政治家の選定基準3選!

ただただ恣意的な臭いしかしない(笑

最後の方までスクロールして出てきたのは?

[画像をブログで見る]

政治家志望の青年。。。

自分の名前を隠したステルスマーケティングとは大胆である。

とはいえ、もと大田区議会議員である”岡高志”だけでなく、大田区議会などのキーワードからの流入が確保できるから、名前を売る広告の力はすさまじい。
ひとつの広告手法として試してみるのもいいのかもしれません。

ブログ読者の皆様の、大田区の政治系キーワードを検索にかけて、広告をチェックしてみましょう!

あわせて読みたい

「ステルスマーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  9. 9

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。