記事

メーガン妃の次は小室圭さん? 宮内庁が恐れる「皇室の闇」暴露

1/2
米フォーダム大学に留学中の小室さん(時事通信フォト)

 イギリス国民に受け入れられずアメリカに移住した彼女は、英王室を“内部告発”して正義のヒロインとなった。日本国民に結婚の祝福を得られずアメリカに留学した彼が、もし同じことをしたら──英王室のように、皇室も窮地に追い込まれるかもしれない。

【写真】チェキを両手で高く持つ、ニット姿の佳子さまと、顔をピタりと寄せる眞子さま。真横からのショット

《私は英王室に黙らされていた。英王室内で人種差別があった──》

 英王室を離脱したメーガン妃(39才)が涙ながらに訴えたアメリカでの告発が、本国イギリスのみならず世界をも巻き込む大問題となっている。

《僕は日本の皇室に黙らされていた。皇室内には女性差別があった》

 もし小室圭さん(29才)が留学先のアメリカでこう訴えたら──ある宮内庁関係者は心配そうに語る。

「今回の騒動で本当に恐ろしいのは、メーガン妃に触発された小室さんがアメリカで“告発”をすること。そして、皇室が抱える重大な“弱点”について、アメリカ、ひいては世界全体で論争が巻き起こってしまうことです」

 メーガン妃の告発による英王室の炎上。その火の粉が、日本の皇室にも降りかかってきているのだ。

「新型コロナの影響で延期されていた『歌会始の儀』が、3月26日に開催されることが決まりました。これまで何の動きもなかった小室さんですが、歌会始が終わった後に、何らかの動きを見せる可能性は高いでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮家長女の眞子さまのご結婚が暗礁に乗り上げて久しい。秋篠宮さまが小室さんに求めた「国民の祝福を得るための何らかの対応」について、一部には「小室さんが自分の口で語るしかない」という声が上がっている。ある意味では、その「対応」のお手本ともいえるかもしれないのが、今回のメーガン妃のインタビューだった。

 メーガン妃は3月7日、夫のヘンリー王子(36才)とアメリカのテレビ番組に出演。夫妻は、「質問にタブーなし」を前提に、3時間20分にも及ぶインタビューに答えた。番組はアメリカ国内だけで、1700万人以上が視聴。最も注目されたのは、メーガン妃の、「英王室内で人種差別があった」という発言だった。在英ジャーナリストの木村正人さんが指摘する。

「メーガン妃は、2019年5月に誕生した長男・アーチーくん(1才)を妊娠中に、王室内で肌の色を懸念する声があり、王子の称号が与えられなかったと語りました。イギリスでは出産当時、メーガン妃が息子に“より平和な生活を送ってほしい”と望んだから、あえて称号を与えなかったと報じられていましたが、今回の告発はそれを覆すものでした。

 アメリカでは2020年5月、白人警官が黒人男性に対して違法な暴力をふるって死に追いやった事件に端を発し、黒人差別に反対する『ブラック・ライブズ・マター(BLM)』運動が高まりを見せています。いま世界で最も人種差別に厳しいであろうアメリカだけに、メーガン妃の告発に衝撃を受けた人は少なくなかった」

 告発の2日後の3月9日、エリザベス女王(94才)は「人種差別問題には注意深く向き合わなければなりません。(英王室メンバーの)記憶とは異なる部分もありますが、問題は非常に重く受け止め、家族内で対処するつもりです」と声明を発表した。前出の木村さんが解説する。

「重要なのは、エリザベス女王個人として声明を出したことです。日本では皇室の声明を宮内庁が発表するように、王室の声明は通常は『バッキンガム宮殿発表』です。しかし、それでは英王室の“本音”が伝わりにくいところがある。あえて女王の言葉をストレートに伝えたところに、問題の深刻さと女王の危機感が表れています」

 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが続ける。

「アメリカでは『人種差別をされた』と訴えた人の言い分を信じない場合、“信じないこと自体が人種差別だ”として非難されることがあります。つまり、実際に人種差別的な発言があったにせよ、なかったにせよ、英王室がメーガン妃の発言を否定することはできないのです。そうした状況のなかで女王は“英王室は人種差別主義”というイメージを定着させないため、最大限に迅速な対応に出たのでしょう」

アメリカでは拍手喝采を受けた

 メーガン妃がヘンリー王子と結婚したのは2018年5月のこと。アメリカ人、肌の色、年上、バツイチ、元ハリウッド女優というバックグラウンドは、英王室内では極めて異色だった。それでも当初、新風を吹き込む存在として大きな期待をされていた。

 ところが、度重なる“伝統軽視”の行動により、英国民の期待は落胆へと変わっていく。夫妻はカナダへ移住し、2020年3月には王室を離脱。「王族の責任から逃れて、セレブ生活をしたいだけのわがままなカップル」と、イギリスでは大批判を受けた。今回の告発に対しても、「またお騒がせのメーガンか」と呆れる英国民は多い。

 しかし、アメリカは違った。英世論調査会社が2000人以上のアメリカ人を対象に実施した調査によると、メーガン妃がインタビューに応じたのは「適切」という声が44%にのぼった。反対に「不適切」は20%と少ない。

 さらに、「2人に共感する」という声は68%と過半数を超え、一方で「ほかの王室メンバーに共感する」の声は27%と少ない。アメリカでは、メーガン妃への同情の声が圧倒的なのだ。イギリスでは人気のない夫妻が、アメリカでは拍手喝采される存在になった。

「アメリカには王室がないので、ロイヤルとセレブの違いがあまり理解されていないのでしょう。ロイヤルは特権階級であり、義務と責任を伴うものだという認識が薄いのです」(国際ジャーナリストの山田敏弘さん)

 身分の高い者は公に尽くすべきだという「ノブレス・オブリージュ」の精神は、階級社会が色濃く残るイギリスに古くから根ざすものだ。だが、そうした考え方は、世界的に見れば“時代遅れ”とも捉えられかねない。

「伝統だけに縛られるのはおかしいし、差別という“闇”は積極的に告発していくべき。そうした考えは、若い世代を中心に、いまや世界のスタンダードです。その観点ならば、正義はメーガン妃にあります。アメリカには“告発者”であるメーガン妃を称えるムードすらあります。夫妻は完全にアメリカ世論を味方につけました」(前出・木村さん)

“告発者”が世論を味方につけるという、今回の構図。それは、日本の皇室にとって、決して対岸の火事ではない。

あわせて読みたい

「小室圭」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  3. 3

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  7. 7

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  8. 8

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

  9. 9

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

  10. 10

    大阪府で新たに785人の感染確認 7日連続で1000人下回る 死者は42人

    ABEMA TIMES

    05月15日 18:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。