記事

「怒羅権」創設の元メンバーが語った日本社会からの“疎外” 孤立する外国ルーツの子どもたちは今も…

1/2

 「最初から暴走族とかマフィアの団体を作ろうとして作ったわけじゃない。ヤンキーの襲撃に対抗するために集団下校していて、それが創立メンバーになってしまった。初めは助け合いとか、いじめに抵抗するだけだったが、だんだん非行少年になってしまった」。

・【映像】"怒羅権"創設元メンバーに聞く なぜ不良達が犯罪集団に?


 1980年代に結成された、いわゆる“半グレ”の草分け的存在「怒羅権」。その創設期のメンバーである汪楠氏(1972年生まれ)が1月に出版した『怒羅権と私 創設期メンバーの怒りと悲しみの半生』が注目を集めている。

 自分たちを守るために集まったという中国出身者のグループが、なぜ暴走族に姿を変え、さらには警察への襲撃や強盗、さらには人身売買などの凶悪犯罪を行う集団へと変質していったのか。15日の『ABEMA Prime』では、汪楠氏本人に話を聞いた。

■「何かあると、“またお前がやったのか”と理不尽に疑われた」


 満州に渡っていた日本人が、戦後やむなく現地に残してきた子ども、中国残留孤児。80年代に帰国事業が本格化する中、孤児だった女性と父親が再婚したことから、汪氏は14歳で来日することになった。

 両親の都合でやってきた東京で、他の元孤児の家族とともに一時入所施設に住むことになった汪氏。編入した区立中学校には、おなじ境遇である二世の子どもたちが男女合わせて60人くらい在籍していたという。

 「学校では“おう・くすのき”と、名前を訓読みに直された。中国では勉強が大好きだったので学校へ行くのは苦ではなかったが、あいうえおも知らないので、当然“おう・くすのき”と呼ばれても自分のことだと分からない。本をめくる音を立てただけで他の子の勉強の邪魔になるからとすごく怒られたり、何かあると、“またお前がやったのか”と理不尽に疑われた。

 ある時、襲ってきたヤンキーと喧嘩になり、そこから日本人の友達もできた。家庭の事情でグレた子たちも似たような境遇だから、コンビニから食べ物を盗んだり、店員を脅かして奪ったり。当時は『ビー・バップ・ハイスクール』などのヤンキー漫画も多く、ファッションでヤンキーみたいな格好をしている子たちがいた。そいつらもいじめてきたが、いざ喧嘩になるとめちゃくちゃ弱くて、お小遣いを1000円、2000円と差し出してきた。そこで“暴力はお金を生む”ということを学んでしまった」。

■日本社会からの疎外感…「それは親も同じだった」


 しかし一時入所施設にいられるのは半年だけ。

 「運良く都営住宅に入れる人もいれば、民間のアパートを借りて生活を始める人もいる。一時入所施設で一緒になったことで仲間意識が芽生えていたみんなが違う学校に通うことになる。しばらくすると、友達から、いじめに遭って嫌だとか、SOSの電話が来るようになった。そこから社会、先生に対する怒りが生まれた。自分も中国では成績も良く、ちやほやされて褒められていたのに、こっちでは“バカ、アホ”と、後ろから蹴飛ばされたりした。

 それは親も同じだった。父親は病院の院長や政治活動もやっていたが、中国の政治にがっかりして日本に来た。しかし皿洗いや掃除の仕事しかなく、収入は母親に頼ることになった。それで父親の威厳というかプライドが傷ついたみたいで、家庭内暴力が始まった。学校では先生に怒られ、親は終電にならないと帰ってこないから食べ物もない。それなら中国語が喋れる仲間のところへ行った方が、お腹は空いていても楽しい。そうやってコミュニティみたいなのものができていった。初めは普通のヤンキーというか、非行少年と同じように学校をサボり、夜は公園にいるのが楽しいので家に帰らなくなり、食べ物は万引きで入手して、バイクに乗って盗んだり喧嘩したりしてということを繰り返していった」。

あわせて読みたい

「半グレ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

  10. 10

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。