記事
  • ロイター

原油先物の取引高が拡大、強気筋と弱気筋がヘッジ


[ロンドン 17日 ロイター] - 市場のデータやアナリストによると、原油先物の取引高が増加しており、新型コロナウイルスの流行直後の水準に達した。

先物価格は上昇基調にあるが、強気筋と弱気筋が価格変動に備えてヘッジを急いでいることが背景とみられる。

先物価格は、すでに新型コロナ流行前の水準を回復。燃料の実需は依然として低迷しているものの、北海ブレント先物は1年弱で55ドル急伸し、今週1バレル=70ドルに達した。

ただ、旅行や通勤が以前の水準に戻るのか、また戻るとすればいつになるかを巡っては不透明感が強く、先物市場では売り買い双方のポジションが膨らんでいる。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、生産者・取引業者が保有するWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は2月に100万枚以上と、昨年5月以降で初めて100万枚を上回った。

ICEの北海ブレント先物の建玉は2月19日に過去最高の280万枚となり、昨年4月の記録を塗り替えた。

米エネルギー情報局(EIA)によると、最近の原油高を受けて、生産者と消費者の双方が、それぞれの目的で先物の取引を増やしている。

EIAは今週、「今後も原油価格の上昇が続く可能性があるとの見方から、現物市場のバイヤーが現在の水準で価格を確保している」との見方を示した。

ただ、先物価格が4カ月にわたって急伸している一方、現物市場の取引は低迷。世界の需給が一致するのは、まだ先になるとみられている。

ブリタニカ・グローバル・マーケッツのシニア・エネルギー・ブローカー、マーク・ラウエル氏は「現在のボラティリティーの主因は、先物市場での投機的な取引だ。現物市場に沿った値動きが実現するまで、ボラティリティーは続くだろう」と述べた。

世界の需要が力強く回復しない限り、ボラティリティーが続く可能性もある。

ノートルダム大学のジャンナ・バーン教授は「今回の特徴は消費需要、商業需要が激減していることだ。新型コロナの影響が感じられる間はボラティリティーが続く」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  6. 6

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  9. 9

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

  10. 10

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。