記事

「蛇抜け」の本場で進む国有林の伐採計画。土石流の歴史に学べ

土壌が薄く、すぐ下はもろい花崗岩。こんな地質が「蛇抜け」を引き起こす

 長野県南木曽町の妻籠宿を訪れた。

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された古い中山道の宿場町だ。コロナ禍で観光客は減ったが、それがむしろ風情を強めたように感じる。だが私が興味を持ったのは、一つの言葉である。

 それは地元の人から教わった「蛇抜け」だ。

 端的に言えば土石流のことだ。沢などが崩れて細長く崩壊する様子を「蛇」と見立てて、それが発生することを「抜ける」と表現したのだろう。つまり山崩れや土砂崩れといった水害を示す言葉なのである。ときに“蛇”は、何キロにも伸びて河川を氾濫させ、下流の集落を襲う。

 全国的に「蛇」という字のつく地名や現象は、たいてい水害に関係がある。実際、木曾には「蛇抜け」災害が多数発生している。なかでも南木曽町は、「蛇抜け」の“本場”なのだそうだ。

 記録に残るのは1691年(元禄4年)からだが、その後絶え間なく起きている。

 近年では1958年、65年66年……と毎年のように起きた。2014年7月9日には大規模な土石流災害が発生し、JR中央本線の鉄橋まで流されて甚大な被害を出している。

 妻籠宿にある南木曽町歴史資料館には、中山道と妻籠宿、あるいは木曾林業の資料が多い。しかし「蛇抜け」に関する展示もたくさんあった。

 町のジオラマには、幾筋もの過去の「蛇抜け」箇所が示されている。なるほど、この町は「蛇抜け」とつきあってきた長い歴史があるのだ。

 今でも街中に、「蛇抜橋」や「蛇抜沢」といった名前がいくつも散見されるうえ、河川敷や沢には、現在の水量には不釣り合いな巨石が転がっている。これも蛇抜けの痕だろう。

高さ5メートルもあった砂防堰堤も「蛇抜け」に飲み込まれた

 山中に「大崖砂防公園」と名付けられた施設を訪れた。地中に石積みの堰堤があり、それが掘り起こされている。かたわらに碑があり、明治時代、オランダ人土木技師ヨハネス・デ・レイケの進言で砂防堤をつくった場所だと記されていた。高さ5メートル、長さ50メートルの規模のある石積み造りだ。

 しかし、結果的に堤ごと土石流に飲み込まれて土中に埋まってしまった。それが1982年に約100年ぶりに発見されたことから、公園にしたのだそうだ。砂防の歴史とともに、「蛇抜け」がいかなる規模で起きて恐ろしいかを伝えているのである。

 そんな南木曽の国有林の一部が、皆伐されようとしている。妻籠から馬籠に向う途中に当たるオダル山の斜面だ。

 面積は3.5ヘクタールと5.2ヘクタールの2ヶ所、計9ヘクタール弱。ここを2年かけて皆伐するという計画である。ヒノキが植えられているが、樹齢は60年そこそこ、決して育ちはよくなく、幹の胸高直径は20数センチ程度。おそらく利益は出ないだろう。

対岸が伐採予定の分収育林地。生えている木々は貧弱だ。

 それなのに、なぜ伐るのか。実はこの山林は分収育林契約がされている。育林費を一口50万円で公募した、いわゆる「緑のオーナー制度」である。今回の山林は、1985年、86年に分収育林地に設定され、30年間の育林を続け、満期を迎えたら皆伐して得た利益を国と折半するという契約だった。その期限を今年と来年に迎えるから伐るのだという。

 しかし現在の木材価格は、契約当時からすると半分以下になった。50万円支払った人に渡される対価は20万円にも満たない有様だ。全国的にも問題になり、一部で裁判にもなった。そのため99年に「緑のオーナー制度」自体が廃止されている。

 しかし従来の契約はまだ生きていたわけだ。

 現地を「妻籠を愛する会」のメンバーと歩いてみた。契約された山林と、沢を挟んで反対側に林道が開かれている。

 驚いたのは、林道の切り落とされた法面に見える土質だ。土壌は30センチもなく、その下は風化したもろい花崗岩なのである。樹木の根も伸びていず、極めて不安定なことが一目でわかる。(冒頭の写真参照)

 また林道沿いにも多くの沢があったが、いずれも崩壊の跡があり、砂防ダムが重なるように築かれていた。

 ちなみに林道沿いには、300年生のヒノキやアスナロ、サワラなどの大木が林立していた。これほどの木を身近に見られる山は、木曾でもそんなにない。これらも伐採計画はあったが、住民の反対で止まったのだという。林野庁は幾度となく伐ろうとしてきたのだ。

この山には、今では珍しくなった木曾檜などの巨木が多数残る。

 しかし集中豪雨などが多発する昨今、利益の出ない(どころか赤字必至)の山を無理に伐る必要があるように思えない。もし「蛇抜け」を引き起こしたら、どんな災害が引き起こされるか。どれほど莫大な復旧費が必要となるか。

 分収育林という失敗した施策の契約に縛られるのではなく、「蛇抜け」という言葉で過去の記憶を呼び起こし、現代の教訓にしてもらいたい。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「森林破壊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。