記事

ボコボコに殴られ、髪を引っ張られ…相次ぐアジア人へのヘイトクライムにパックン「アメリカの理想を聞いて育った僕としては、恥ずかしい限りだ」

1/2

 アメリカ国内でアジア系の住民を標的にしたヘイトクライム(憎悪犯罪)が増えているという。

・【映像】コロナ禍で多発アジア人へのヘイトクライム 差別の連鎖止めるには...

 先月25日にはニューヨークのチャイナタウンを歩いていたアジア系男性が何者かに背中を刺され重傷を負ったほか、ロサンゼルスにある東本願寺別院も放火や破壊行為の被害に遭った。こうしたヘイトクライムの発生件数は今年に入って16都市で122件と、2019年の2.5倍(ニューヨークでは9倍)に達している。


 こうした状況を受け、ニューヨークの日本総領事館は今月3日、現地の日本人に対し、必要に応じて帽子やフードで外見の露出を減らすよう注意喚起、バイデン大統領は11日、「アジア系アメリカ人への凶悪なヘイトクライムが続いている。攻撃され、嫌がらせをされ、お前達のせいだと言われ、スケープゴートにされている」と非難した。


 ニューヨーク在住のジャーナリスト・津山恵子氏は「すでに3、4通、日本領事館から注意のメールが来ている。ニューヨークに住んで18年ぐらいになるが、このようなメールは来たことはなかった。アジア人をターゲットにしているのは白人だけではなく、黒人やラティーノの人にもいると思う。去年の3月にロックダウンが始まって以降、暗くなったら外出しないといったことを多くのアジア人が実践していると思うし、私も外出時にはすれ違う人にも注意をしている。しかし私の知人の場合、若いラテン系の男女に後をつけられ、人気のないところでハンドバックを奪われそうになった。抵抗したためにボコボコに殴られた上、髪の毛引っ張られたくさん失った。中には“ジャパニーズだと叫べ”という意見もあるが、それは絶対にやってはいけない禁じ手だと思う。これでは“中国人だけにしておいてよ”というようなことを言っているのと同じだし、金品が目当ての人には全く効かない」と話す。

あわせて読みたい

「ヘイトクライム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。