記事

日本の経常収支は赤字化か

今年9月、日本の経常収支が瞬間的に赤字になった。10月に再び黒字に戻ったが、力強さに欠ける。そこで、国際収支の動向を少し分析することとした。

国際収支統計において、瞬間的とはいえ経常収支が赤字になった要因は、貿易収支の赤字基調による。毎月5000億円程度の赤字である。これは、貿易統計の輸出入差額が赤字を続けているのと同じ意味である。もっとも、国際収支統計と貿易統計には微妙な相違点がある(たとえば、運賃・保険料等の諸経費について、国際収支統計ではサービス収支に計上されるが、貿易統計では輸入品の金額に含まれている)。

経常収支に与える貿易収支の影響は非常に大きいものの、それだけで経常収支が赤字に向かうものではない。サービス収支と所得収支も確認しておく必要がある。

日本のサービス収支は元々赤字であるが、2010年頃からその赤字幅が拡大している。現在、毎月2000億円超の赤字にある。赤字幅が拡大しているのは、海外籍の貨物船に支払う輸送代金の増加が背景にある。また、タイの洪水被害に対する保険金の支払い、資源開発に伴う経費の支払いの増加も影響しているらしい(ロイターの記事による)。

所得収支(この大部分は投資収益)は12000億円程度の黒字である。この黒字が、日本の経常収支全体としての黒字を支えている。内訳を見ると、リーマン・ショックと、それ以降の世界的な金利水準の低下により、債券利子の受取り超過額は減少を続けている。これに対し、株式配当金の受け取り超過額は増加基調にあり、最高額を更新する勢いである。一方、企業の直接投資からの収益は、水準は高く、増加しているものの、株式配当金ほどの勢いがない。

では今後、どうなるのか。

貿易収支の赤字基調は続くだろう。原発の再稼働の時期が依然として不透明であることの影響が大きい。予定されているように電力料金が値上がりすれば、企業の海外生産志向が加速し、それが輸出の抑制要因となる。こうなれば、貿易赤字の拡大も想定しなければならない。

一方、サービス収支は現状程度として、問題は所得収支である。世界的な金利水準の低下の影響はこれからも続く。つまり、債券利子の受取り超過額の減少である。これに対し、海外株式投資の増加が続いていることと、海外直接投資の拡大による投資収益の増大がある。もっとも、前者の海外株式投資へのシフトには限界がある。国内株の枠を海外に振り向けている程度だからである。後者は、現地での利益を再度現地に投資する動き(言い換えれば海外生産志向の強まり)に留意すべきである。

以上からすれば、今後の日本の経常収支は、現在と同様にわずかな黒字で推移し、月によっては赤字もありえよう。貿易動向によっては赤字基調に転落することも考えられる。

さらに、念頭に置かないといけないのは、海外直接投資の資金がどこからもたらされるのかである。基本は、経常収支の黒字部分が海外に流れることになるが、それで不足するのなら、「日本から海外に実質的に資金が流れる」ことになる。つまり、円を売って外貨を買うニーズが強まる。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    配当金なしは悪?「成長」で株が買われない日本企業の無責任

    川北英隆

    05月08日 09:53

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。