記事

「SNSの文章はまずいから見ない」村上春樹にそう言われたSNS世代からの反論

1/2

「SNSはいっさい見ない」とする村上春樹さんのインタビュー記事が話題になっている。文筆家の御田寺圭さんは「SNS時代の到来前に確固たるポジションを築いた村上春樹とは違い、われわれは『まずい文章』ばかりのSNSで生きていくしかない。いわばドブ川で育った魚なのだ」という――。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/narvikk

村上春樹はSNSをいっさい見ない

村上春樹はSNSを一切見ないという。

曰く、なぜなら、そこには人生を豊かにする「いい文章」がないからだ。

Q15.SNSはいっさい見ないそうですが、その理由は?
大体において文章があまり上等じゃないですよね。いい文章を読んでいい音楽を聴くってことは、人生にとってものすごく大事なことなんです。だから、逆の言い方をすれば、まずい音楽、まずい文章っていうのは聴かない、読まないに越したことはない。
ユニクロ LifeWear magazine『村上春樹に26の質問』より引用

ひとりの書き手からすれば、正直にいえば耳が痛い。

私はつねづねSNSこそが、人びとの怒りや憎悪を増幅させ、なおかつこの社会の不和や分断をもたらしているものであるとして、このツールとの距離を取るよう申し立ててきた(※)。しかしながら、肝心の私はというと、いち文筆業者としては、SNSなしには自分の表現活動を成立させられないでいる。

主として記事を掲載しているnoteにせよ、プレジデントオンラインをはじめとするウェブメディアにせよ、あるいは書籍やラジオにせよ、ひとりの表現者としての私の仕事はすべて、いまやSNSとは密接不可分の存在となってしまっている。SNSがあるからこそ記事が多くの人の目に留まり、しばしば大きな議論を呼ぶシナジーを獲得していることは否定しようもない。

(※)プレジデントオンライン『「cakesは叩かれて当然」と思う人が、ネットを“死んだ土地”に変えている』(2020年12月24日)

村上春樹のいう「まずい文章」が溢れる世界から抜け出せない矛盾を抱えたまま、しかしそれでも、なにか価値あるものを生み出そうと必死に励んでいる。

文筆家はPVを、音楽家は再生数を気にするようになった

村上春樹がいうところの「まずいもの」に満ち満ちた、汚れた泥の川に浸かった日々を送らざるをえない、ひとりの表現者としての立場からすれば、SNSが見えないくらいの距離に遠ざかって、しかもそれで生活を成立させられているということに、凄さとなにより羨ましさを感じる。私を含む比較的若い世代の表現者は、SNSに多かれ少なかれ依存しており、これによってますます「俗物」的に生きなければならなくなった。

文筆家はPVを気にするし、アーティストはダウンロード数を、ユーチューバーは再生数やチャンネル登録者数をそれぞれつねに気にしなければならない。より近くなったファンの声をダイレクトに受け取り、より多くの人から喜ばれるよう「マーケティング」することにも余念がない。積極的にSNSを運用して告知・宣伝し、ひとりでも多くのオーディエンスを引きつけることを強いられる。

若い表現者はSNSができないと食っていけない

村上春樹の世代は、これらの仕事の多くは出版社や広告代理店が引き受けてくれていた。

だが、若い世代の表現者たちはみな、自分たちこそが「ソーシャルなメディア」としてふるまわなければならない時代に生きている。それができない表現者には、そもそもお呼びの声がかからない。プロとして食っていけない。やっていけない。

自分の心身がいかに「取り入れたもの」に対して敏感に反応するかは、プロの表現者であれば、だれもが痛感することだ(それに鈍感であるものはプロとしてやっていけない)。だからこそ、村上春樹は自分の作家性や創作性――平たく言えば《才能》――に著しく影響するかもしれない「まずいもの」をうかつに目や耳に入れたくないのだろう。もちろん、これは表現者にかぎったことではない。すべての人が、その身体に入れるあらゆるものによってつねに反応し変化している。その反応や変化に自分自身が気づいているかどうかだ。

先述したとおり、私たち世代の表現者は村上のように、SNS時代の到来前に確固たるポジションを築いた人物とは違い、この場所で生きていかなければならない。汚い泥水を啜って美しい花を咲かせる蓮の花があるように、ここだからこそ村上のような大作家には生み出せないなにかがあると信じてやっていくほかない。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Creative life, looking for special pictures.

デジタル・ネイティブはドブ川で育った魚だ

また、私を含めた30代より下の世代はデジタル・ネイティブといわれる。

デジタル・ネイティブなどと称すれば聞こえはよいが、語弊を恐れず言えば、ドブ川で育った魚である。

生まれたその瞬間から「まずいもの」に浸されていたからこそ、このような汚水の環境でも平然と生きていけている。村上春樹のような中高年の作家たちが、あえてSNSをはじめるようなことはしないでもよい。なぜなら、彼らは必ずしもこの汚染された水質に耐えられるとは限らないからだ。

「悪いものを身体に入れたら、悪い反応が起きる」というが、中高年層の表現者たちにとって、現代のSNSは「悪いもの」どころの問題ではない。SNSをはじめたせいで狂ってしまった人びとは数知れない。

たとえば、書店ではその人の作品など見かけないものの、しかしSNSでの(悪い意味での)知名度は抜群――などという人は枚挙に暇がない。創作活動では久しく得られなかった大衆からの賞賛や共感にたちまち陶酔してしまい、もはや本業そっちのけで「社会正義戦士」として没頭してしまうようなことも、この泥川では日常茶飯事だ。

あわせて読みたい

「村上春樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  2. 2

    菅首相はオリンピックファースト?レッテル貼りで責め立てる野党に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    05月11日 08:24

  3. 3

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  4. 4

    ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル

    PRESIDENT Online

    05月11日 12:26

  5. 5

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  6. 6

    山積みの課題を前に「活動停止中」の東京都議会。最大会派は署名集めの前に、臨時議会を開催せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月11日 08:23

  7. 7

    国の反論は「性風俗は不健全」 デリヘル給付金訴訟の原告が法廷で語った思い

    小林ゆうこ

    05月10日 19:56

  8. 8

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  9. 9

    日本の音楽シーンは宝の山 70~80年代シティポップが世界でブーム

    NEWSポストセブン

    05月10日 18:15

  10. 10

    五輪開催是非について、口を開き始めたアスリートたち

    諌山裕

    05月10日 15:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。