記事

菅総理誕生から6か月。折り返し点に来ましたが、どうやらまだまだ胸突き八丁が続きそうですね

今月21日の千葉県知事選挙の結果で、現在の自民党が選挙でどの程度強いのか、ある程度分かるのだろうと思っている。

自民党のブランドは、かつてほど通用しない。

自民党が懸命に組織選挙を展開しても、大方の有権者はなかなか乗ってこない。

余程のスターを担ぎ出さないと、自民党推薦の看板が役に立たなくなっている。

自民党の看板を背負っている候補者の方には気の毒だが、これから誰が応援に入っても大勢を引っ繰り返すことは至難の技である。

候補者本人には何も悪いところはない。

候補者を担ぎ出した方々も特に悪くない。

菅さんも決して悪くない。

しかし、皆さんが期待されたような結果にはならない。

4月にいくつかの補欠選挙が予定されているが、自民党は候補者を出せないか、出しても相当苦戦することが予想される。

これが、前の安倍自民党時代との大きな差になるはずだ。

一生懸命仕事をしても、選挙では思うような結果を出せないのが菅さんの自民党だというイメージが定着するかも知れない。

コロナを克服するという大仕事とオリンピックを無事成功させるという大仕事の二つを同時に抱えて、菅さんが懸命に頑張ってきたのは承知しているが、二つともまだはっきりした目途が付いているわけではない。

菅内閣が発足して半年が経過するが、よくやったともやっていないとも言えないのが現状だろう。

何はともあれ、今が折り返し点であることは間違いない。

普通は折り返し点を過ぎるとそれなりに楽になるものだが、いつまで経っても胸突き八丁、というところかしら。

あわせて読みたい

「菅義偉内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  9. 9

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  10. 10

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。