記事

「やりたいこと」だけやればいい。「やりたくないこと」は自分の価値を下げる

何かホントにそう思うので書いてみます。


やりたいことだけやっていればいい

僕はマジでやりたいことしかやってません。独立したばかりだった2011年は、ぶっちゃけ「やりたくないこと仕事」もいくつかやってしまいましたが、2012年は一貫してやりたいことしかやっていません。カレンダーを見返してみても、やりたくない仕事はひとつもやっていません。そして2013年もそんな感じで生きていけそうです。

これはひとえに、僕が「やりたいことしかやらないようにしている」からだと思います。まぁ「やりたいことしかやらないようにしている」のなら、「今年はやりたいことしかやっていない」というのは当然ですよね。


不思議なもので、やりたいことしかやらないようにしていると、自然とやりたいことが仕事として集まってくるものです。自己啓発っぽいですが、経験上、これはそういうものです。

例えばみなさんの周囲に、プロを目指して、本気かつ楽しそうにバンドを続けている友人がいるとします。もしみなさんが音楽関係の仕事をすることになったとき、きっと真っ先に、彼・彼女の顔が思い浮かぶはずです。そこで彼・彼女が「その仕事を受けるに値する力」を持っていると判断できるのなら、みなさんは間違いなく彼らと仕事をすることになるでしょう。


やりたいことだけを本気で突き詰めていれば、中途半端にしか取り組んでいない連中に比べて、「その仕事を受けるに値する力」は高くなります。

そうして「やりたいこと」を仕事にしつづけることに成功すれば、ますますその人の能力・魅力は向上し、仕事を引き寄せるようになっていきます。


やりたくないことも我慢してしまうと、仕事が楽しくなくなりますし、なにより人材としてのオリジナリティがなくなっていきます

人間というものは、「誰でもできるような仕事(代替可能な仕事、自分である必要性がない仕事)」に対して、「やりたくない」という感情を抱くものです。誰でもできるような仕事を好んでやる人はいないでしょう。

やりたくない仕事ばかりを我慢してやりつづけている人は、「いつクビにしても会社は困らない人材」にしかなりえないと僕は思います。我慢すればするほど、自分の価値が落ちていくのです。


「やりたいことだけやる生き方」が許される条件

とはいえ、「やりたいことだけやる生き方」、言いかえれば「やりたくないことは徹底的にやらない生き方」にもリスクがあります。これはハイリスク・ハイリターンな生き方かもしれません。

そんなわけで、やりたいことだけやっている僕なりに、その条件を考えてみました。「やりたいことだけやる生き方」がおすすめできるのは、下記のような場合でしょう。

「やりたいこと」を突き詰めたとき、それがある程度のお金になる(例えば「クサガメの育成」なんかだと、なかなかそれ一本で食っていくのが難しいはずです)
「やりたいこと」でオリジナルな市場価値を提供できる
「お金のための仕事」をしないで済むほど、生活コストが低いor資産がある
「やりたいこと」の範囲を器用に調整できる


いいかえると、

・「やりたいこと」が金にならない
・「やりたいこと」で市場価値が出せない、出せる自信がない
・生活コストが高い、資産がない
・特定の「やりたいこと」にこだわりすぎてしまう


なんて場合は、「やりたいことだけやる生き方」の選択は、没落への一途かもしれません。市場規模の割に志望者が多いミュージシャンや小説家なんかは、なかなか難しい道だと思います。


特に「やりたいこと」の範囲を柔軟に調整するのは重要です。

例えば「音楽家になりたい」という人は、もう少し掘り込むと「表現で誰かを幸せにすること」が「やりたいこと」かもしれません。とすると、音楽ではなく、例えば接客、カウンセリング、その他のアート活動も「やりたいこと」の範疇に入る可能性があります。

こうして器用に自分を納得させることも、「やりたいことだけやる生き方」には重要だと思います。


僕がやりたいことだけやって幸せに生きていけているのは、これらの条件を満たしているからなのでしょう。今後、市場動向と僕のスキル次第では、お金のために「やりたくないこと」もやらないといけない場面が出てくると思います。代替不可能なスキルを持ち、「金になる状況」を維持しつづけていきたいところです。


関連本。最近売れてるメンタルトレーナー、久瑠あさ美さんの本。この記事とタイトルかぶってるので読んでみます。

リンク先を見る
人生は、「本当にやりたいこと」だけやれば、必ずうまくいく
posted with ヨメレバ 久瑠 あさ美 幻冬舎 2012-02-10

あわせて読みたい

「労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。