記事
  • ロイター
  • 2021年03月16日 10:05 (配信日時 03月16日 10:52)

商品価格の上昇、インフレ押し上げる可能性低い=豪中銀議事要旨

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は16日、3月の理事会議事要旨を公表し、最近のコモディティー(商品)価格の上昇について、労働市場が大幅に引き締まらない限り、持続的なインフレ率上昇につながる可能性は低いとの見解を示した。

インフレが加速するには、賃金の伸び率が現状を「大幅に上回る」必要があると指摘。これが、「非常に大規模な」金融支援が当面必要だとする主な理由とした。

インフレ期待はこのところ急速に高まっており、世界的な長期金利の上昇はオーストラリアを含む中銀が想定より早く利上げするとの見方を反映している。

ただ、議事要旨は市場のインフレ観測をけん制。「(新型コロナウイルスの)パンデミック(世界的大流行)以前の世界で見られた状況は、賃金の伸び加速に長期間にわたる労働市場の引き締まりが必要であることを浮き彫りにしており、実際にそうなっても消費者物価の上昇率にかかる上振れ圧力は限定的にとどまる」と指摘。

これが、3月の中銀理事会で政策金利を過去最低の0.10%に据え置き、3年債利回りを目標水準に維持すると再確認した理由の一つだったと説明した。

中銀は余剰生産能力の削減が進展すると見込んでいるが、中銀の2─3%のインフレ目標と整合的な水準まで賃金の伸びが加速するほど労働市場が引き締まるには、いくらか時間がかかるだろうとした。インフレ目標と整合的な賃金の伸びが達成できるのは早くても2024年になると予想。金融緩和を長期間維持するという強いメッセージを送った格好だ。

年央にかけては、コロナに対応した値引きの終了で消費者物価の前年比上昇率が目標の上限に一時的に達すると予想。ただ、基調インフレ率は21、22年ともに2%を下回る見通しだとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。