記事

「日本人宅に催涙弾」ミャンマー国軍の殺戮を止められるのは日本政府だけだ

1/2

「このまま住み続けるのは危ない」

「このまま住み続けるのは危ない、日本人在住者は退避を考えるべきだ」

ミャンマーで2月1日に国軍によるクーデターが起きて以来、SNSを使って情報を配信し続けている在ミャンマー日本人の中からついにそんな声が上がっている。

ミャンマーのヤンゴン郊外で、ブロックを燃やされたデモ参加者と住民が新しい道路ブロックを作る様子 ミャンマーのヤンゴン郊外で、ブロックを燃やされたデモ参加者と住民が新しい道路ブロックを作る様子=2021年3月14日 - EPA/時事通信フォト

ミャンマーのクーデターをめぐっては、デモは徹底的な非暴力を貫いているが、抗議デモ隊の規模は大きく、国軍や警察は排除に手を焼いている。

デモの「沈静化」を目指し、2月28日ごろから国軍や警察はデモ隊に向け実弾を発砲し、暴力的な弾圧を実施。当局は3月15日、ついにヤンゴン市内の一部に戒厳令を発令。これにより、軍の司令官に行政権及び司法権が委譲され、憲法の拘束を受けることなく民衆の取り締まりができることとなってしまった。

そんな中、ミャンマー最大都市ヤンゴンで在住日本人が住むマンションに催涙弾が撃ち込まれるという事態が起きた。

ガラスが飛び散り、シャワールームへ避難

「窓の外が騒がしかったので、外の様子を眺めたんです。そうしたら軍隊がいたのでスマホで撮影して、その後ビデオカメラを回したんです。次の瞬間、シューって音が聞こえて。そうこうしているうちに金属製の筒状をした催涙弾がガラス窓を突き破って居間に飛び込んできた」

国軍が新町さん宅に放った催涙弾。窓ガラスが飛び散り、催涙弾の残骸が転がっている 国軍が新町さん宅に放った催涙弾。窓ガラスが飛び散り、催涙弾の残骸が転がっている - 写真提供=新町智哉

7年前からミャンマーに移住し、現地で映像制作やイベント運営のエンタメ関係の仕事に携わる新町智哉さん(42)は当時のことをそう語る。

「催涙弾そのものには当たらずに済んだんです。しかし、家中に催涙ガスが蔓延(まんえん)してしまい、シャワールームでかがんで必死に息を吸いました。その間、兵士が自宅に押し入ってくるかも、と恐怖に怯えていました。催涙弾が玄関前に着弾したので、ガスが充満してしまい、外にも出られませんでした」

幸いにも国軍兵士の突入はなかったが、ガスが充満したのと、ガラスが飛び散るなど家のあちこちが破損、「とても住める場所ではなくなった(新町さん)」。やむなく被害後は、知り合いの家に身を寄せているという。

見せしめのような殺害行為も

「あとでマンションの住人から『軍がいる時に外なんか撮ったらダメ』と言われた。やはり自分が狙われたのだろうか」。国軍にとっては脅しかもしれないが、一般市民の住宅に向けて撃ってくるのは、異常な行為と断罪できよう。

SNS上には、国軍が民間人に発砲する「蛮行」の様子を示すさまざまな動画がアップされている。中でもひどいのは「発砲を嫌がる警官を軍人が脅して、民間人を撃つよう命令する」様子を映したものだ。BBCが3月15日に伝えたところによると、抗議デモ開始以降、ミャンマー全土で少なくとも120人以上が死亡したという。

見せしめ的な殺害行為もある。かねて「何体の遺体が集まったら国連は行動を起こすんですか?」と書いた紙を持ち、孤軍奮闘している姿が各国のニュースサイトに報じられた男性、ニーニーアウンテッナインさん(23)は2月28日、ヤンゴン市内のデモの主要スポット・レーダンで当局により射殺された。国際社会に向け、メディアに発信する人間は消される状況にある。

新町さんは、日本メディア各社が国軍や警察などの総称として「治安当局」と記していることについて、「治安当局と称して暴力行為を行う武装集団、と説明するのが正しいのでは」と憤る。治安という言葉は「安全・安心を治める」という意味だが、ミャンマーの治安当局は自らその治安を破壊している。

蛮行の矛先は子どもたちにも

そもそも国軍による弾圧は民衆を恐怖に陥れ、抵抗をやめさせ、その後は強権をもって政治を掌握するという前時代的なものだ。暴行、連行、不当な取り調べは言うに及ばず、拷問、強姦も行っている疑念がある。

その被害対象はデモ隊にとどまらない。ユニセフ(国連児童基金)は、「500人以上の子どもが恣意的に拘束されていると推定」「その多くは、人権を侵害され、弁護士のアクセスもない」と述べている。「恣意的に拘束」と書いているものの、実際には誘拐に近く、あるいは国軍がどこかの組織に子どもたちを売り飛ばす懸念もある。

国軍は、かつてこの地を植民地としていたイギリスのやり方を引き継いでいるように見える。帝国主義的な施政は、植民地に住む民衆をただ力で押さえつけてきた。ミャンマーは2011年にようやく民政移管されたが、それ以前の軍人の尊大さたるや、絶対的な権力で民衆には有無を言わさない態度が丸出しだった。

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

  10. 10

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。