記事

さらば核軍縮 カミカゼ・ドローン配備 脱欧入亜の英「砲艦外交」の狙いとは

[ロンドン発]ボリス・ジョンソン英首相は16日、100ページに及ぶ外交・国防・安全保障レビュー「大競争時代のグローバル・ブリテン」を発表。成長とリスクの中心が大西洋からインド太平洋にシフトする中、欧州連合(EU)離脱後、日本や韓国、インドとの連携を強化する「脱欧入亜」政策を鮮明に打ち出す。

イギリスが財政難でスエズ運河以東から撤退したのは労働党のハロルド・ウィルソン首相当時の1968年。今年5月、最新鋭空母クイーン・エリザベス(QE)の空母打撃群が極東展開、米海軍ミサイル駆逐艦ザ・サリバンズと海兵隊のステルス戦闘機F35B(短距離離陸・垂直着陸型)が参加して南シナ海を航海する計画だ。

共同通信社

「大競争時代のグローバル・ブリテン」

中国による香港国家安全維持法の強行で1997年の返還から50年間は「港人治港(香港人が香港を治めること)は不変」とうたった英中共同宣言は一方的に反故にされた。国際社会での威信を大きく傷つけられたイギリスが報復に「砲艦外交」に出たのか。それより「顔見世興行によるアジア回帰宣言」と分析する方が適当だろう。

コロナ危機でイギリスがワクチン開発に要したのはわずか300日。ジョンソン首相はそれをさらに100日にまで短縮すると表明するとともに、脱炭素化の「グリーン産業革命」を起こすとぶち上げた。今回のレビューでも「科学のスーパーパワー(超大国)」を目指すことをいの一番に掲げ、人工知能(AI)やアルゴリズムの開発競争、サイバー戦争に備えることを強調した。

魔法使いハリー・ポッター・シリーズに登場するヴォルデモート卿のごとく口に出すことさえ恐れられるようになった中国、そしてロシアを想定して、開放性、人権、民主主義、自由貿易といった「開かれた国際秩序」、安全保障、国内外のレジリエンス(回復力)構築の設計図を描いてみせた。

空母受け入れのためオマーンの軍港を3倍に拡張

ジョンソン首相は今後4年間で165億ポンド(約2兆5千億円)の国防追加予算を組んだ。通常戦力の「レガシー(遺産)・プラットフォーム」は縮小し、代わりにサイバー能力を強化。昨年、テロリストや敵対国、犯罪組織へのオンライン作戦を行うため設立したサイバー部隊の本部をイングランド北部の「サイバー回廊」に設置する。

現在、核軍縮のため「180発」以下に抑えられている潜水艦発射弾道ミサイルの核弾頭を冷戦終結以来、初めて増やす。英海軍は核ミサイルを搭載できる原子力潜水艦を4隻保有しているが、核攻撃を受けた場合、確実に反撃できるように常時、1隻が航海している。

無人航空機(ドローン)が数時間にわたり目標地域の上空をうろついて、攻撃目標を見つけるや否や突入して自爆する「カミカゼ・ドローン」も配備する。これは巡航ミサイルとドローン技術のハイブリッド兵器だ。ロシアやイランはすでに「カミカゼ・ドローン」を使用している。

インド洋の英領ディエゴガルシア島はアメリカに貸与され、米海軍基地が設けられている。ブルネイには英陸軍のジャングル戦闘訓練センターがあり、シンガポールのセンバワン埠頭などに英海軍のタッチポイントがある。英空母受け入れのためオマーンのドゥクム港の規模を3倍に拡張する計画だ。

ボリス・ジョンソン首相=Getty Images

英はTPP加盟申請もクワッドには現時点で参加せず

一方、日米豪印4カ国も12日、ジョー・バイデン米大統領の呼びかけで初のテレビ会議を開いた。バイデン大統領がホワイトハウスに迎え入れる最初の外国指導者は菅義偉首相になることも明らかにされ、アメリカは台頭する中国をにらみ日本を軸に「自由で開かれたインド太平洋」を重視する姿勢を鮮明にした。

日米豪印のいわゆる「クワッド(4カ国)」首脳会議では「世界のワクチン工場」と呼ばれるインドを巻き込み、中国に対抗するため次世代通信規格や半導体、レアアース(希土類)のサプライチェーンを確保する方針が確認された。

イギリスはすでに環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請した。しかし中国排除と受け止められるのを避けるためクワッド参加は現時点では求めておらず、今年ホストを務める主要7カ国(G7)首脳会議に韓国、インド、オーストラリアの3カ国を招き、「民主主義10カ国(D10)」への拡大を目指している。

英・王立防衛安全保障研究所(RUSI)のジャスティン・ブロンク研究員(航空戦力とテクノロジー)にイギリスの立ち位置について尋ねてみた。

RUSIのジャスティン・ブロンク研究員(本人提供)

――空母打撃群の極東派遣はEU離脱後をにらんだジョンソン政権のグローバル・ブリテン構想と関係しているのか

「英空母打撃群をインド太平洋に派遣するという決定はイギリス政府がEU離脱後に描くグローバル・ブリテンという野心と密接に関係している。イギリスの存在感をグローバル・ステージで増す。極東に強い視線を向けているのは間違いない。インド太平洋に英国旗ユニオンジャックをなびかせようというわけだ」

「英海軍はインド太平洋に活動範囲を広げる上で英陸軍や英空軍に比べ有利な立場にある。英空軍は歴史的に見てもこの地域への展開は非常に限られている。数年前に戦闘機のユーロファイター・タイフーンやアクロバットチームのレッドアローズの展開があっただけ。英陸軍もトレーニングの拠点を維持しているが、一般的に中東や欧州での活動が中心だ」

「英海軍にとってもジョンソン政権が鮮明に掲げるグローバル・ブリテン構想で政治的に役に立つことを示すいい機会だ。イギリスと日本の関係もEU離脱をにらんで深められている。英海軍は2隻の空母がそれぞれ参加する比較的小さな艦隊によってインド太平洋でイギリスの影響力を増すことを示すことができる」

Getty Images

――イギリスの「スエズ運河以東からの撤退」後、マレーシアとシンガポールの防衛を目的に1971年4月に締結されたイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、シンガポールの防衛協力の5カ国防衛取極は今でも有効なのか

「イギリスには5カ国防衛取極を起動させる政治的な理由がある。この2年間、中国は非常に重要な経済的なパートナーであるとともに潜在的な脅威であるという認識がますます鮮明になり、周辺国やイギリスも対応を迫られるようになった。EU離脱で欧州という緊密な同盟ネットワークや貿易相手と距離を置くため、ジョンソン政権はインド太平洋の中でも日本や韓国、オーストラリアとの関係を強化することに熱心だ」

「その一方で、国防の観点から言うとインド太平洋でイギリスが貢献できる戦闘能力は非常に限られている。スエズ運河以東に展開するということに関して英国内ではさまざまな議論が交わされている。大きく分けて2つのグループがある。一つは、イギリスは5カ国防衛取極を足場に極東での同盟国をサポートするよう努め、貢献できることを強調すべきだと考えるグループ」

「もう一つは、イギリスは軍事的というより政治的な意味しか持たない極東展開より自国に近い安全保障に焦点をあてるべきだという慎重論だ。イギリスは北大西洋条約機構(NATO)の要求を満たしているとは言えない。英陸軍を近代化するとともに、英海軍のドクトリンを明確にするという死活的な必要性に迫られている。大西洋や北海における対潜戦能力を向上させ、23型、26型、31型フリゲートを置き換える必要がある。45型駆逐艦の欠陥も改善しなければならない」

――QEの空母打撃群が今年の極東展開で南シナ海を通過する意味は

「QEの空母打撃群が今年の航海で南シナ海を通過することによる政治的なインパクトは大きい。米軍や日本の海上自衛隊と協力する意味も大きい。しかしその潜在的脅威のレベルは極めて高い。日本の基地が英軍の空母打撃群をサポートすることは十分に考えられる。空母打撃群がインド太平洋に継続的に拠点を持つというのは議論されてきたが、あり得ないだろう。英海軍はすでに十分な問題を抱えている。インド太平洋に拠点を構えるとなるとコストは膨大だ」

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  6. 6

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  9. 9

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

  10. 10

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。