記事
  • ロイター
  • 2021年03月15日 23:35 (配信日時 03月16日 02:18)

米航空会社、レジャー需要回復 ワクチン接種で最悪期脱した公算


[15日 ロイター] - 米航空会社は15日、新型コロナウイルスワクチンの接種が進むにつれレジャー目的の航空便の予約が増えていると明らかにした。ユナイテッド航空は3月にも手元流動性の減少が終息すると予想。感染拡大で大打撃を受けた航空業界が最悪期を脱した可能性が示唆された。

ユナイテッドの2020年第4・四半期のコア手元流動性の減少は1日平均1900万ドル。今年1月には21年初頭もこうした減少が継続するとの見方を示していたが、カービー最高経営責任者(CEO)はJPモルガンの会議で、3月には減少は止まるとし、現在の航空券予約の傾向が継続すれば、その後も手元流動性は減少しないとの見方を示した。

米デルタ航空のほか、サウスウエスト航空と格安航空会社(LCC)ジェットブルー・エアウェイズは、第1・四半期の収入の落ち込みは予想の最小限になるか、予想ほど拡大しないとの見方を示した。

デルタ航空のバスティアンCEOは「希望の光」が見えてきたと指摘。手元流動性の減少は今春には終息し、第2・四半期には航空機の購入に流動性を回せるようになると「慎重ながらも楽観的」にみていると述べた。

デルタはこれまでに、第1・四半期の収入が新型コロナ感染拡大前の19年第1・四半期と比べて60─65%減少するとの見方を示しているが、今回、減少率はこの予測の最低限になると予想。

サウスウエスト航空は、第1・四半期の手元流動性の減少は予想ほど膨らまないとし、2月と3月の営業収入の落ち込みも予想ほど大きくならないとの見方を示した。

ジェットブルーは第1・四半期の収入が19年第1・四半期と比べて61─64%減になると予想。従来見通しは65─70%減だった。

アメリカン航空も予約が増加していると表明。収益見通しなどは明らかにしなかったが、これ以上の資金調達は行わない方針を示した。

*情報を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。