記事

「金融リテラシー後進国日本」で進められる危険な大学ファンド計画

「政府が21年秋にも創設する10兆円規模の大学ファンド(基金)の活用にも言及した。同ファンドは政府出資などを元手に株式や債券で運用し、収益を大学の研究開発資金などに充てる仕組みだ」(15日付日経電子版 「国立大に資産運用会社 収益力強化「22年に法改正案」」

損失は誰が負担するんでしょうか。政府が出資するということはその財源は税金。ということは損失が出た場合にそれを実質的に負担するのは国民ということになる。国民は大学ファンドで損失が生じた時に、その損失を負担することに同意しているのだろうか。

資金調達、資金運用のプランニングをする際に最初に行うことは、誰がどのような順番でどの程度の損失を負担するのかを決めることだ。リターンを得られる可能性だけを強調して損失を負担する投資家を決めない運用プランなど現実の世界ではあり得ない。これを決めないで資金調達が出来るなら、資金調達などに苦労することはないし、幾らでも資金運用が出来てしまう。

この大学ファンドからはGPIFが保有する多額の株式の受け皿にしようという政府の魂胆が見え隠れする。

また、大学ファンド構想の恐ろしいところは、異次元の金融緩和やGPIFによる過剰な株式投資といった誤った政策に対して、大学関係者が批判しにくくなることだ。基金から研究開発資金を渡さないよと言われたら政府に忖度する研究者が続出することは、今の総務省の接待疑惑をみれば明らかだ。

「将来は大学自身が自立し、自らの資金を確保できるようにしたい」(同日経電子版

大学には資産運用に関する知識と人材が集積しているから運用失敗などあり得ないと考えているのだとしたら、それは大き間違いだ。駒澤大学がデリバティブを使った運用で154億円もの巨額損失を出したことが明らかになったのは、僅か13年前の2008年のことだ。ちなみに駒澤大学は違法な勧誘があったとして証券会社を訴えたが訴えは認められず敗訴している。

さらに、1997年にブラック-ショールズ方程式を理論面から完成させノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズとロバート・マートンやFRB元副議長らを集め「ドリームチーム」と呼ばれたロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)が1994年の運用開始から僅か5年間で破綻に追い込まれたのは1999年のこと。

学術的な研究レベルの高さは必ずしも資産運用の成功に結び付かないことは歴史が示している通りである。日本人は資産運用でリターンを出す夢物語を語る前に、歴史から学び、金融市場に対して謙虚になるべきだ。政治家が損失負担を決めないでリターンの話だけをするところが「金融リテラシー後進国日本」の悲しい姿が現れている。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  6. 6

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  7. 7

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  10. 10

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。