記事

憲法使いの弟子

「だまれ俺は芦部信喜教授の孫弟子の同期だぞ」ってのはどうか(挨拶)。憲法問題だから「ノモス主権論尾高朝雄教授四世の孫弟子」の方がいいかな。しかしその、尾高宮澤論争以来の敵対派閥(笑)だからというのではないが、天賦人権説というのもそうスジのいい議論ではないので切り札的にそれは天賦人権説否定ですねドヤアみたいなのもどうかと思ってちょっと書く。

というのは自民党の憲法改正案にまつわる問題で、それを進めている人々がtwitterでうかつなことを言っているのに対して怒っている人々がいるという話であり、いや個人的にも先般提案された改正案はろくでもないものになっていると思っているわけではあるがおそらく私が問題にしている箇所は人々が怒っているのとは違うし、いま問題にされているような論じ方が利口だとも思えない。というので少し書いて放っておいたら政治のほうが動き出したりしてどうしたものかと思っているわけだが、とりあえずこの点についていうとどちらにせよ人権をひとくくりにして性質を論じている時点でスジが悪いよねえと、そういう話。

つまり天賦人権説が唱えられた頃の「人権」というのは古典的人権であり、具体的にフランス人権宣言(1789)に列挙されているあたりを見ると「自由、所有、安全、圧政への抵抗」(2条)が中心となる。ポイントはこれらがいずれも国家に対する禁止に対応していることで、たとえば所有権に基づいて正当な理由と補償のない収用が禁止されるのだが、それは国家が侵害行為を為してはならない(不作為の義務付け)ということを意味し、積極的な行為を要求していない。逆に言うと、だからこそ前国家的な状態にも適用し得るし、天賦だという主張に意味がある。

これに対し、日本では主として戦後に拡張された部分としての社会権は、その実現に国家の存在や積極的な行為が必要になる。だから国家の存在の方が論理的に先行するとも言えるし、それを危機に陥れるような利用は許されないとする余地もある。誰も国家に対する納税義務を果たさないのに、国家による「健康で文化的な最低限度の生活」供給が実現するわけないでしょ、という話。

付言すると、この手の「義務があって権利がある」という話をすると納税できない障害者には人権がないということですかとドヤ顔をする人がいるわけだが、そんなもん「平等な納税義務」の「平等」に「負担能力に応じた」とか「稼得能力に応じた」という但書を入れておけば済むだけの話(だし大抵は入っている)。それでも能力があるのに適切な負担を回避するとか、社会的資源をwaste(浪費・損耗)することを排除する程度の意味はあるわけだ。少なくとも、十分な稼得能力がありながら自由意思で選択した飛び降り自殺に失敗した結果として重度肢体障害になりました、という人間に対する医療扶助をアフリカの難民孤児救済より本当に優先しないといかんかねえというのは、真剣に考えてみるべき課題だろう。

国家の存在しない無人の砂漠の真ん中にひとり装備もなく放り出されたとして、そのとき私の行動や選択を束縛する何物も存在しないので自由はまったく損なわれていないというのも一つの解釈。でもそれすぐに死んじゃうし結局どんな可能性も実現できないよねえというのも一つの解釈。前者は古典的人権としての自由権に対応しており、後者はより新しい人権概念に基づいている。人権の概念を古典的な範囲に制限すれば天賦人権説を堂々と主張することもできるが、憲法改正案を批判している人たちは多分それも望んでないだろうねと、そういう話なわけ。基本的人権を「人権」というひとかたまりのものだと思うと、このように性質のかなり違うものをごちゃっと議論することになってしまうので、それに対してどのようなスタンスを取るにせよあまり賢くないと思うわけである。

* * *

ちなみに上記のような対比も絶対のものではなく、古典的人権についてもそれを実質的に実現するような国家行為が要請されるという立場(ドイツの基本権保護義務とか)もあり、これを認めると私人間関係だろうが人権保護に抵触するなら国家がばりばり介入しちゃいますよという話につながりかねない。無人の砂漠は自由そのものだろう何言ってんだとばかりに積極的自由とそれに対応する新しい人権を否定する立場も、実定憲法解釈を離れれば十分にある。古典的人権にせよ社会権にせよ特定の行為を請求する権利ではないので(「健康で文化的な最低限度の生活」を供給する方法はおそらくいくつもあり、その選択は国家側の裁量に委ねられている)それを権利の一種と捉えることに問題があり、むしろ国家の配慮義務を本体として考えるべきだとする立場もある。

ただその、天賦人権説を批判するならするでこの程度の腑分けというか、理論的蓄積を踏まえてやらないとちっとも議論が前に進まないわけであって、そういう作業をないがしろにして直弟子を自称するのもいかがなものか。Twitterで議論するような大掴みの問題じゃねえだろ、こういうの。

あわせて読みたい

「憲法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。