記事

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が辿り着いた結末

最後のエヴァを、昨日の日曜に見てきた。
上映が月曜から開始されるという変則的なスケジュールだった。
加えて、都内では夜間の上映がないので、最終が17時代〜という制限付き。
満席ではなかったが、スクリーンに対して見やすい座席は、早くに埋まっていた。

2時間35分の上映時間は、ケツが痛くなってきつかった(^_^)b
映画館にもよるだろうが、いつも行くユナイテッド・シネマとしまえんの、通常バージョンを上映するスクリーンの座席は、少々狭くて長身の私には窮屈。ほぼ身動きできない状態で2時間35分は、かなり苦痛。

作品の感想よりも、身体的にきつかったというのが第一印象。
2時間35分は、TVアニメの7話分くらいに相当するわけで、それを一気見した感じ。
でもまぁ、26年間つきあってきたから、最後を見届けたい……という思い。

1995年のTVシリーズの放映時。
これはすごい作品だと、まだ見ていない友人たちを自宅に呼んで、録画したビデオを見せたりした。当時はVHSのビデオテープの時代で、テレビは26インチのブラウン管だった。
それを思うと時代を感じるね。

その後、映画化され、さらにリメイクの映画化がされ、ずっと見てきた。
TVシリーズの終盤に、制作が間に合わずに苦肉の策の表現になったことは知っているが、じつはあれが斬新な演出になったという怪我の功名だった。のちに別の監督が、あの演出方法をあえて取り入れたりもしていた。

ずっと見てきた私には、やはり最初のTVシリーズの結末が、一番好きだね。
のちの映画は、クオリティは上がっていても、蛇足に思えた。
そして、これが最後だといわれる今回の映画で、どんな結末になるのか?……と、それを見届けるために映画館に行った。

ああ、そこに落ち着いたのか。
一番無難だよ。
庵野監督はやさしくなったね。

タイトルの『:||』の部分は、演奏記号のリピート記号だという。
それが結末を意味しているのだろう。

見終えた直後、「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」と同じだなと思った。
結局、そこにしか辿り着けなかった。

私はゲンドウが理想とした未来を見てみたかった。
あるいは、荒廃した地球でたくましく生きる、生存者たちの未来を見たかった。
シンジを始め、彼らが戦い続けてきた理由や犠牲は、この結末でいいのか?
納得感よりは、虚しさが残る。

ともあれ、これでエヴァの物語は終わりだ。
終わりだよね? 庵野監督。
間違っても、リブートなんてしないでくれ。

あわせて読みたい

「エヴァンゲリオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  7. 7

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  8. 8

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  9. 9

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。