記事

コロナで狂う家族計画 若い夫婦への支援も必要ではないか

子供を持つのか、あきらめるのか……(イメージ)

 子供を持ちたいと考えたとき、何を一番、心配するだろうか。生まれてくる子供に不安がない生育環境を与えることができるか、そのための費用をまかなえるのかということを、やはり考える人が多いだろう。新型コロナウイルスの感染拡大により、家族計画が大きく狂ってしまった日本のカップルたちについて、ライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】ワーママになるつもりだった

 * * *
 フランスで2021年1月の出生数が、前年同月比で約13%減り、過去45年間で最大の落ち幅になったと報道された。理由には、新型コロナウイルス感染症の拡大によるロックダウン(都市封鎖)と着床時期が重なっていることが指摘されている。母子感染を気にしたり、万一のことがあっても医療機関で満足な治療を受けられないという不安が市民の間に広がったことが原因として挙げられているようだが、我が国ではどうか。

 民間シンクタンクの日本総研によるレポートによれば、元より出生数減少の傾向はあったものの、2021年の出生数はマイナス7.5%まで落ち込む見込みであり、これまでの少子化の想定より10年程度前倒しの状態で進んでいくと懸念している。婚姻数についても同様に大幅に下がっており、出生数がさらに下がる可能性も指摘している。

「もう子供を産むかどうかは考えられなくなりました。今は眼前の生活で精一杯。コロナがなかったら、と考えたこともありましたが、それどころではない、というのが本音です」

 都内の飲食店経営・上野良輔さん(仮名・30代)は、昨年1月に妻(30代)と入籍。挙式も予定しており、早く子供が欲しいと妻とも話していた矢先、コロナ禍に見舞われた。

「年齢的にも、早めに子供が欲しいね、と相談していたんです。しかし、コロナで全部吹っ飛びました。まず結婚式が緊急事態宣言によりキャンセルになり落ち込んでいたのですが、何より、生活基盤である商売が全く立ち行かなくなり、資金繰りに奔走する毎日です」(上野さん)

 都内や近郊に数店出していた飲食店も、その半分を閉めて、なんとか食べていけるだけの当面の現金だけは確保した。だが、もはや子供を産むどころではなくなり、夫婦二人が生きていくのに精一杯という上野さん。コロナ禍の収束にも期待するが、子供を産みたいという前向きな気持ちにはなれなくなったと思いを吐露する。

「コロナが収束しても、以前のような生活に戻るとは考えがたい。子供を産んでも苦しい生活が続くなら子作りは避けたいと思うし、ゆとりができたらとベストなタイミングを待つと、私たちの年齢の問題も出てくる。いったい、子供を持つのによいタイミングがいったいいつになるのか、見当もつかない。子供を作らないまま、ズルズルと時間だけが過ぎていきそうな気配も感じています」(上野さん)

 関西在住の元会社員・吉永愛美さん(仮名・20代)もまた、コロナ禍で人生設計が大きく狂ったと話す。

「コロナ前は中堅商社に正社員として勤めており、結婚と出産を経て、時短勤務の契約社員として仕事をしていました。子供が小さかったのですが、社内託児所に預けて仕事ができますし、ゆくゆくは正社員に戻りたい、もう一人くらい子供が欲しい、と思っていました」(吉永さん)

 そんなことを夫と相談していたのが昨年の始め。その後間も無くコロナ禍に陥ると、吉永さんにも大きな影響が出た。

「まず、感染を防ぐため、社内託児所が閉鎖になりました。ママさん従業員は全員在宅勤務になりましたが、業務自体が減少してしまい、無給の自宅待機を要請されました。すると、本来は一年ごとの更新だった契約が、前倒しで終了するかもしれない、そんな噂まで回ってくるようになったんです」(吉永さん)

 結局、今年の3月までの契約だったはずが、昨年末で契約は打ち切りに。会社都合ということで、お詫び代わりに幾らかの上乗せ金も手にしたが、これでは「二人目」などは考えられず、目下、子持ちでも働ける職場探しに翻弄されている。

「実は一人目を産んだ時も、夫とかなり相談をしました。若い世代の生活が一向に良くならず、子供を産んでも生活が苦しくなるだけではないか、それなら子供を産む意味はあるのか、と。でも実際、産んでみて、本当によかったと思ったんです。お互い、仕事へのやりがいもさらに大きく感じるようになって、二人目を産んでもっと頑張りたいと。でも今は、その仕事すらない」(吉永さん)

 元より「結婚がしにくい」雰囲気が強くなっていた我が国に吹き荒れたコロナの猛威。皆が目先の生活のために懸命になっているが、子供を持つことを避けている現実は見て見ぬ振りなのか、日々の対応に追われて「それどころではない」ということで、おざなりにされていとしか思えない。これ以上の少子化がすすまないように、実効性を優先した対策も考えるべきだろう。最悪の事態へ、さらにギアを上げて突き進んでいる現実は、生半可な経済支援や環境整備だけで食い止められるものではなくなってきている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  3. 3

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  7. 7

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。