記事

HIS 第1四半期は116億円の営業赤字、1月の旅行総取扱高は前年同月比3.3%

 (株)エイチ・アイ・エス(TSR企業コード:292203993、東証1部)は3月15日、20年11月~21年1月(第1四半期)の連結営業利益が従来予想から16億円悪化の116億7700万円の赤字だったと発表した。1月の旅行総取扱高の速報では、前年同月比96.7%減と再び大幅に減少。新型コロナの影響が1年間続き、長期化よる業績への影響が懸念される。

 国内旅行の取扱高は、「Go Toトラベル」で11-12月は回復したが、新型コロナの感染拡大で昨年末から「Go Toトラベル」の一時停止が続き、1月に再び前年を大きく割り込んだ。海外旅行や訪日旅行の苦戦も続く。ただ、ハウステンボスは感染症対策が評価され、修学旅行での利用者は前年以上を獲得するなど、テーマパーク事業の営業利益は10億6900万円の黒字を確保した。

 20年11月~21年1月(第1四半期)の連結業績は、売上高388億6000万円(前年同期比80.5%減)、営業利益116億7700万円の赤字(前年同期37億9100万円の黒字)、最終利益は79億8100万円の赤字(同21億7700万円の黒字)だった。特別利益で雇用調整助成金等の支給申請の実施などで連結決算において34億1100万円を計上した。

 昨年12月に公表した業績予想は、売上高360億円、営業利益100億円の赤字、最終利益は63億円の赤字見通しと、売上高以外、従来予想から悪化した。中間や通期の業績予想は、未定としている。

 同日、持株会社体制への移行中止を発表した。2019年12月から、意思決定の迅速化などを目的に持株会社体制への移行手続きを進めていたが、新型コロナの影響により、いち早く業績を回復させるために移行を一旦中止する。

あわせて読みたい

「HIS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  2. 2

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  3. 3

    変異株の脅威を煽る小池都知事の発言に潜む明確な誇張

    青山まさゆき

    05月10日 08:25

  4. 4

    「結婚=幸福」という同調圧力 - 山口真由

    幻冬舎plus

    05月10日 08:15

  5. 5

    「もっと早くワクチン接種を!」

    コクバ幸之助

    05月10日 08:11

  6. 6

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  7. 7

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  8. 8

    東山紀之は近藤真彦を守り続けた…痛烈批判の裏の「40年間の愛憎」

    NEWSポストセブン

    05月10日 08:46

  9. 9

    TBSが五輪テスト大会をライブ放送 競技場に飛び込む「オリンピックより命だ」のシュプレヒコール

    田中龍作

    05月10日 08:37

  10. 10

    東京五輪「開催反対」でアスリートが〝差別〟される裏側 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    05月10日 08:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。