記事

「終電」が無意味になる日。

季節外れの大雨に祟られた週末。

落雷やら強風やらで、影響を受けた路線も多かったから、すっかり霞んでしまった感はあるのだが、一応、13日は首都圏でも年に一度のダイヤ改正の日だった、ようである。

「JR東日本は13日にダイヤを改正し、首都圏の18路線で最終電車の出発時刻を繰り上げる。一律に終電時刻を早めるのは1987年の民営化以降初めて。夜間作業に充てる時間を確保し、作業効率化と労働環境を改善する目的だ。新型コロナウイルス禍による深夜帯の利用客の減少も一因となった。」(2021年3月13日付夕刊・第7面)

この話題自体は、随分前から出ていたし、既に今年に入ってから終電時刻の繰り上げは実際行われていたわけだから、今さら改めてどうこういう話でもないだろうと思っている。

夜間作業のタイトさと、それに対応できる人工を揃えることの難しさはかねてから指摘されていたことではあるので、ポジティブに理由づけするとしたらこういうほかないのだろう、というのは分かるとしても、子供でも察しが付きそうな「コスト削減」という一番の理由を公式プレスでは意地でも出さない当事者と、表面的にそのリリースを垂れ流すだけのメディアの在り方に対してはいろいろ思うところはある*1

さらに言えば、少なくとも新型コロナの流行が始まるまでの世界の潮流は、むしろ「24時間運行」の方に向かっていたわけで、いかに目先の状況が苦しいからといっても、このタイミングでの「繰り上げ」施策には、正直チグハグ感は否めない。

世の中全体を見れば、これが、青息吐息になりかけていたタクシー業界、バス業界にとっての追い風になればよいな、という思いはあるし、今回は「大手」に追随せざるを得なかった民鉄各社が、どこかのタイミングで「逆」を行くことへの期待もあって*2、五輪を挟んだ半年後の状況がちょっと楽しみではあるのだけれど・・・

ちなみに、このニュースを報じる記事に添えられていたのは、これもありきたりな「街の声」が多くて、飲食店関係者に「困る」と言わせ、「シフト勤務者への影響」を語らせ・・・という感じだったのだが、一方で「普通のサラリーマン」から拾われていたのは、むしろ”冷静な声”が多かったりもした。

実際には、今でも遠隔地からオフィスに連日出勤して、終電ギリギリまで残業、という人々がまだまだたくさんいるはずだから、全く影響がない、と言えば嘘になるはず。

自分の場合、様々な失敗を踏まえた自分の中のルールとして、勤め人時代は「0時を過ぎたら電車に乗らない」というルーティンを徹底していて*3、「残業」とか「通勤」という概念自体が消失したこの1,2年も、飲み会の時に限っては、どんなに家から距離があろうが(少なくとも23区内であれば)「自分の終電は23時台」と割り切っていたから、今のレベルの「繰り上げ」であれば、どちらにせよ影響は皆無、といえるのだが、どんなに稼ぎが良くても諸般の事情で「終電」を気にする人は確実にいたことを考えると、「電車がなければタクシーに乗ればいいじゃない」などと軽々に言うのは憚られる。

ただ、そうでなくても「働き方改革」で長時間労働が確実に減っていた流れの中で、今やリモートワークが標準化している会社あり、出社していても以前のように連日帰り際に一杯、というわけにもいかない、という状況だから、仮に1年半前に同じ話が出ていたら?ということを想像して比較すると、影響が確実に「軽微」なものになっているのは間違いない。

そして、一連の新型コロナ禍の中で、一見矛盾するような「遠隔地からリモート」と「職住近接」の二極化傾向がより一層強まっていることを考えると、この先、鉄道会社が終電時刻を繰り上げようが、繰り下げようが、もう誰もそんなこと気にせず、社会面の話題にすらならない、という時代は近いうちに確実にやってくる。

BtoCの産業の施策が消費者から注目されなくなってしまったら、それは一巻の終わり。

そんなことは当事者自身が一番分かっていることだと思うのだが、こと、今の話題に関しては、「騒がれるのもこれが最初で最後かもしれない」という思いがよぎるだけに、後で懐かしく振り返ることができる程度にはフォローしておこう、と思った次第である。

*1:夜間作業の話にしても、20分、30分間合いを延ばしたところで、「夜間」に作業をする以上、労働環境の改善にも人手不足の解消にも決定的な材料にはなりえないわけで、あくまで主流になるのは「日々のメンテナンスは車両のIT化で、大規模工事は休日日中帯で」という方向へのシフトだから、”終電繰り上げ”は一種のおまけに過ぎない。

*2:特に東京メトロには、コロナ明けのダイ改で逆に終電時刻を従来より繰り下げるくらいの気概を見せてほしいところである。

*3:その結果、一時は「平日は全てタクシーで帰る」ことを余儀なくされる懐にはなかなか厳しい月が続くこともあったのだが、それでも、体も壊さずにその状況を無事乗り越えることができたのは、深夜帯の通勤の緊張感や、飲み会後の酩酊による事故リスクを、そういう形で自腹を切って回避できたゆえだと思っている。

あわせて読みたい

「電車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  6. 6

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。