記事

「上海の蔦屋書店やロフトが大人気」中国人の間に広がる深刻な"日本ロス"

1/2

日本は「行きたい国」の第1位

新型コロナウイルスの影響で、世界各国の人々の往来はほぼストップしたままだ。コロナ前の2019年、訪日外国人観光客数としてトップ(約959万人)だった中国人も同様で、先の春節の大型連休も彼らは日本へ旅行にくることはできなかった。

2020年12月24日、上海にオープンした「蔦屋書店」 - 写真=Imaginechina/時事通信フォト

しかし、2015年の爆買いブーム以降、彼らの「日本愛」は年々強まっており、2020年に行われた中国旅行大手トリップドットコムの調査でも、日本は「行きたい国」の第1位となっている。そのため、現在は深刻な「日本ロス」の状態にあるのだが、それにしても、彼らはなぜ、そこまで日本に憧れ、日本に来たいと思っているのだろうか?

日本人俳優が多数出演する映画が大ヒット

今年の春節、帰省自粛を強いられ、旅行に行けなかった中国人の間で大ヒットした映画がある。『唐人街探索3』(邦題:僕はチャイナタウンの名探偵3)だ。もともと1年前に公開される予定だったのだが、コロナの影響で延期となってしまい、今年の春節に、満を持して公開された。映画は探偵コンビが事件を解決していくというコメディ・サスペンスで、今作はシリーズの3作目。東京が舞台となっている(第1作目はバンコク、第2作目はニューヨーク)。

日本側の出演者は日本人と中国人の血を引くという役どころの妻夫木聡をはじめ、長澤まさみ、三浦友和、染谷将太など超豪華な面々。渋谷のスクランブル交差点(実際は栃木県足利市のセットで撮影)を始め、東京の代表的なスポットが数多く登場するということで、中国の映画ファン、日本ファンの間では、昨年から「早く見てみたい」という期待の声が大きかった。

実際に映画を観たファンのSNSを見てみても「スクランブル交差点、チョー懐かしい!」「あそこで自分も写真を撮りたい!」「早く東京に行ってたくさん買い物がしたい!」といった声が多かった。まるで映画のシーンの中に「かつて自分も歩いた東京の風景」を必死で探し求めているかのようだった。

なぜ「ロス」が起きているのか

彼らの「日本に行きたい願望」、つまり「日本ロス」が強くなっている第1の理由は、ここ数年、日本に足しげく通っていたリピーターのほとんどが、もう1年以上も日本に足を踏み入れることができない「禁断症状」に陥っているからだ。

中国人の訪日観光客が急速に増えたのは2014年ごろからで、同年の観光客数は約240万人だったが、「爆買い」ブームの2015年は約499万人、2019年は約959万人とうなぎ上りで増えていた。そのうち、約半数がリピーターだ。距離的にも文化的にも近く、中国の都市部よりも物価が安く、安心・安全でおいしいものが多い日本は、経済的に豊かになった彼らの間で、あっという間に人気の旅行先となったのだ。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/AndresGarciaM

また、昨年、コロナ禍で日本からたくさんのマスクを寄贈してもらったことにより、中国人の対日感情が好転していることも、日本への興味・関心の高さにつながっている。

いつでも旅行に行けるような状態なら、とくにそう強く「日本に行きたい」と思わないかもしれないが、いざ「行けない」となると、行きたくなる気持ちが募る、というのが人間というものだ。これは、今、海外旅行に行きたくても行けないと思っている日本人なら、よく理解できる心理ではないだろうか。

「さすが日本の蔦屋はワンランク上だ」

しかし、中国国内、とくに、中国の中でもトレンドに敏感でファッションセンスが高い特別な都市・上海を例にとってみれば、実は、いつの間にか、街の至るところに「日本」があふれていることに気がつく。

最近の話でいえば、2020年12月に、日本の蔦屋書店がオープンして話題になったばかりだ。蔦屋書店は同年10月に上海から高速鉄道で1時間半の杭州にもオープンしており、上海は2店舗目。上海店は「上生新所」という1924年にアメリカ人建築家によって設計された洋館の中にあり、店舗面積は約2000平方メートル。

中国の書店なので、もちろん、中国語の本がメインだが、日本語の書籍や欧米の美術書、ギャラリースペースなどもあり、一般的な書店というよりも、落ち着いた文化サロンといったオシャレな雰囲気を醸し出している。

私の友人たち数人もオープンから間もなく出かけたと話しており、店内の写真を見せてくれたが、そこはまるで東京・代官山の蔦屋がリニューアル・オープンしたのでは? というほど洗練された空間だった。上海や杭州など、中国の大都市には、すでにオシャレな書店が続々と増えており、別に蔦屋が「オシャレ系書店」の先駆けというわけではない。だが、私の友人の1人は「やっぱり、さすが、日本の蔦屋はワンランク上だと思った」という感想を私にもらした。

行けない日本への“妄想”がどんどん膨らんでいる

写真で見たところ、個人的には、代官山よりも上海のほうがずっとオシャレなんじゃないの? と思ったのだが、なかなか日本に行けないという不満を抱えている彼らは、日本への憧れの気持ちや「1年間見ていない」日本への期待がどんどん膨らんでいて、なかば“妄想”に近い状態になっている。そのため、他のオシャレ系書店よりも「日系の書店」のほうが(実際にどうかは別として)、もっと輝いているはずだ、というふうに“割り増し”でよく見えたのではないか、と私は感じてしまった。

同じく2020年7月にはロフト(LOFT)がオープンして、早速「日本好き」な中国人が買い物に出かけた。LOFTといえば、かわいい雑貨やインテリア、コスメなどが多いが、上海在住の私の女性の友人は「マスキングテープやかわいいキャラクターのペンをたくさん買ってきた」と満足げだった。

そのほか、コロナが発生する以前からだが、上海には「MUJI」(無印良品)や、日用品を販売する「ニトリ」などがある。中国人の資本も含めて、日本にもあるような個性的なカフェ、日本風のベーカリー、日本人もうなるような高級寿司店など、「日本」を連想させる店はとにかく多く、いずれも上海人の間では、それがあることは「日常」になっている。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  10. 10

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。