記事

薬師丸ひろ子、震災に翻ろうされ“子供じゃいられなかった”少年少女に悲痛「本当につらい」 - 東日本大震災10年

●子供たちが“自身を精いっぱい納得させようとする姿”


2011年3月11日に発生した未曾有の災害・東日本大震災から10年。マイナビニュースでは、この震災に様々な形で向き合ってきた人々や番組のキーパーソンにインタビューし、この10年、そしてこれからを考えていく。

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、宮城と福島で家族や仲間、故郷を失った少年と少女が歩んできた10年を追った『わすれない 僕らが歩んだ震災の10年』を、7日と14日に前・後編で放送。

ナレーションを担当した女優の薬師丸ひろ子は、震災に運命を翻ろうされた子供たちに、「自身を精いっぱい納得させようとする姿を見るのは、本当につらいです」と語る――。

■発した言葉が「無駄じゃなかったと知ってほしい」


『ザ・ノンフィクション』のナレーションを担当した薬師丸ひろ子

14日放送の後編では、全校児童の約7割にあたる74人の幼い命が津波で犠牲になった宮城県石巻市・大川小学校で、多くの仲間と最愛の母・妹・祖父を失いながら奇跡的に助かった“てっちゃん”(当時・小学5年生)こと只野哲也さんに密着。この10年、自らの運命を背負うかのようにメディアの取材を積極的に受けてきたが、「これからは、誰かのためじゃなく自分のために時間を使いたい。だからもう取材はこれで…」と、信頼を寄せるディレクターに本心を打ち明ける。

そんな彼の10年を見守った薬師丸は「最初は自分の素直な気持ちで、気持ちを伝えたいと、カメラの前に立っていたと思うんですけど、成長していくにつれ、それが後から様々な覚悟が必要になるということに気づいて、悩み、葛藤があったのではないでしょうか」と推測。

その“覚悟”を象徴するのは、大人になった哲也さんが発した「大川小に限らず、震災当時の子供たちは、子供じゃいられなかったんじゃないですかね…」という言葉だ。

彼は「演じていたんでしょうね。“大川小の只野哲也”を」とも語っているが、薬師丸は「演じるというのは、言葉ひとつにしても、明るく振る舞うことも、自分が前を向いて生きていくため、自分自身を支えるために無意識に心の奥底にある悲しみや絶望をあえて見つめない術だったのでは……と想像します」。

一方で、「彼の発する言葉は、柔らかくユーモアもあるのですが、直球で伝わってくるんです。ご本人は今、気づいてないかもしれないけど、哲也さんが発した言葉に考えさせられ、また勇気をもらったり、感銘を受けた人がいるということ。だから、あと何年かしたら、自分が苦しみ、もがきながらやったことが無駄じゃなかったのかなあ、そんなこともあるんだね、と知ってほしいなと思います」とその行動を称え、「教えてもらうというのは、本当に年齢に関係ないんだと思います。今回は哲也さんに、また前編で登場された絵理奈さんに、背筋を伸ばして謙虚に生きることの大切さを見せてもらいました」と感謝した。

■周囲からも「涙なくして見られませんでした」


前編で密着した島絵理奈さんは、小学校の卒業直前に震災にあい、原発事故により福島県南相馬市・小高区から放射能を逃れ、転居や別れを繰り返してきた。彼女もまた、哲也さんと同じように明るく振る舞い、理不尽な運命に対する自分の気持ちを、心の奥に押し込め続けてきた1人だ。

彼女への密着を振り返り、「絵理奈さん、悩んだ分だけ人にも優しくなれるのでしょうか。親友が絵理奈さんのことを『太陽みたいな人、悩み事を相談しても全部跳ね返してくれる』と話していましたが、その言葉が印象に残っています」と語る。

そんな被災地の少年少女たちを見て、「お父さん、お母さんが子供のためを思って考えてくれてるのだから、『自分だけがわがままを言っちゃいけない』と自身を精いっぱい納得させようとする姿を見るのは、本当につらいですね」と心が痛んだそう。放送を見た周囲の人からも「本当に切なくて身につまされる思いがして、涙なくして見られませんでした」と、感想が寄せられたそうだ。

●震災の悲しみは決して終わることはない


朝ドラ『あまちゃん』(2013年)での撮影のほか、2019年には三陸鉄道の駅で「潮騒のメモリー」のミニライブを開催するなど、被災地を訪問してきた薬師丸。

「『こんなに変わったんです』と説明していただくと、震災前を知らない私でさえ、何もない原っぱになっているところや、線路が途絶えているのを見て衝撃を受けるのですが、やはり被災地の方たちにとって、震災は今も現実に変わった姿を残し、また悲しみは決して終わることはないのだと思います。今回の番組でも、前を向いて歩いて行こうとされていらっしゃるその気配を哲也さん、絵理奈さん、それぞれのご家族を通して感じました」

その上で、「多感な思春期の難しい時期も続けて取材をさせてくれた哲也さんの思いや、様々な思いを抱えてそれでも前に進もうとされている方を知って、『私も一歩踏み出してみよう』と、勇気に変わると良いですね」と視聴者に呼びかけながら、「おばあさんが哲也さんに言った『あんた瀬戸内寂聴だ』という一言に納得です」と、哲也さんの楽しいやり取りも予告した。

●薬師丸ひろ子東京都出身。1978年、映画「野性の証明」で女優デビュー。81年には主演映画の主題歌「セーラー服と機関銃」で歌手デビュー。その後、映画の主演と主題歌の歌唱により「探偵物語」「メインテーマ」「Woman“Wの悲劇”より」など数々のヒットを記録。2000年代に入り、映画『木更津キャッツアイ』『ALWAYS三丁目の夕日』、ドラマ『あまちゃん』『百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~』や数々の舞台に出演。近年はコンサートや歌番組出演など、音楽活動も精力的に行っている。レギュラー番組は『食彩の王国』(テレビ朝日)ナレーター、『薬師丸ひろ子/ハート・デリバリー』(ニッポン放送)。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。