記事

銀座和光前に立ち、被災地へ祈り続けた托鉢僧がコロナで逝くまで

今年1月、新型コロナ感染によってこの世を去るまで、東京・銀座の百貨店「和光」前で、托鉢僧の望月崇英さんは10年間立ち続けた(写真提供/白井糺さん)

 東京を象徴する街である銀座で、最も賑わう銀座四丁目交差点。この華やかなエリアで法衣と菅笠をまとい、10年以上も道ゆく人に祈りを捧げる托鉢僧がいた。

【写真】数mの白波上がる宮城県の砂浜で祈りを捧げる法衣姿の望月さん

 真言宗の僧侶・望月崇英さんだ。40代半ばにして高野山で修行を始め、仏教の道に入った望月さんは、2010年8月から銀座四丁目交差点にある和光本館の前に立って托鉢を始めた。だが現在、そこに望月さんの姿はない。今年1月18日、望月さんは、新型コロナウイルス感染のため66才でこの世を去った。都内で酒店を営む青木孝詞さんと、妻の千夏さんは涙を浮かべて振り返る。

「10年前から月に数回、銀座にランチで訪れる際は必ず読経をお願いしていました。真冬でも真夏でも寒さや暑さを感じさせずニコニコ笑うかたで、磁石のように人を惹きつける魅力があり、銀座に来る老若男女に慕われていました。今年初めに銀座を訪れたときに姿が見えず心配していましたが、まさかコロナで亡くなったとは思いませんでした」

 この10年、望月さんが心血を注いだのが、東日本大震災の被災地訪問だった。震災から1か月も経たないうちに最初に訪れたのは、宮城県東松島市。混乱が収まらない遺体の土葬現場だった。現地で望月さんと合流した友人の白井糺さんが、当時の様子を語る。

「托鉢を始めて、半年後に起こった震災でした。お坊さんの姿もなく、仮埋葬されていくご遺体に、彼はお経をあげていました」

 市の職員に「僧侶として、心を込めてお見送りしたい」と申し出て、約300体あった遺体の一人ひとりにお経を読み上げると、傍らで遺族が涙を流しながら手を合わせた。その後も被災地に足を運び、亡くなった命と、大切な人を失った人々のため、白菊を手向けた。

 2012年3月には、宮城県仙台市の荒浜海岸を訪問した。押し寄せる波の前でひとりたたずみ、海の向こうに祈りを捧げる──のちに東京新聞に掲載された望月さんの写真は、大きな反響を呼ぶ。この写真を撮影した東京新聞写真記者の嶋邦夫さんが振り返る。

「震災から1年を象徴する写真を撮ろうと朝から現場に入ると、防潮堤を越えて一面が白い雪に覆われた海岸近くに、彼の姿がありました。あまり降らない雪が海岸に積もり、逆光で雪面と海面が照り返す中、ひとりの僧侶が一心に祈りを捧げている。思わず無心でシャッターを切りました」

 撮影は終えたものの、望月さんの厳かな様子に、嶋さんはとても声をかけられなかった。だが後日、思いがけず望月さんの方から、東京新聞に連絡が来る。

「これ、ぼくなんです」

 そう言って、望月さんが記事を新聞社から譲り受けたことを、前出の青木さんが教えてくれた。望月さんにとっても感慨深い一枚だったに違いない。

 時間が流れ、震災に対する世間の人々の関心が薄れてきてからも、望月さんは被災者に寄り添った。5年ほど前には、宮城県石巻市の大川小学校を訪れている。津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった悲劇の場所である。被災地へ同行した望月さんの高校時代からの友人、高田顕治さんが振り返る。

「あのとき、望月は津波で84人が犠牲になった大川小学校のほかにも、いくつかの場所で読経しました。彼は、震災の死者を送るという使命感をもって、被災地を訪れていました」

 東京と被災地を頻繁に行き来していた望月さんが最後に銀座に立ったのは、昨年の12月26日。高田さんは、その3日後に望月さんと会っている。

「一緒にそばを食べました。そのとき、ちょっと咳はしていましたが、熱もなく嗅覚や味覚に異状もなかった。ところが、大晦日に40℃を超える熱が出て、元日の夕方に救急車で運ばれた。『やばいよ、けんちゃん』と連絡が来たのが最後で、LINEを返信しても、その後、既読になることはありませんでした」

 東北から遠く離れた銀座で、10年間、欠かすことなく被災地への祈りを捧げ続けたのが望月さんだった。足を止めた人から、「東北のために祈ってください」と頼まれ、手を合わせることもあった。

 すでに撤去されているが、望月さんが立ち続けた銀座の和光前には、望月さんがこの世を去ったことを知らせる紙が特別に張られ、花束を手向ける人が続いた。張り紙には、《この場所に立ち続けた とても優しく美しい人》という一文が書かれていた。

 新型コロナ感染が発覚したその後の望月さんの様子について、高田さんが語る。

「彼の入院後、お姉さんから連絡があったんです。気管を切開して酸素を入れるがダメで、肺に菌が入っているから薬を投与すると。しかし、薬も効かず、もう手の施しようがないと医師から告げられたそうです。

 1月18日の15時頃に息を引き取ったと連絡がありました。ご時世柄、遺体はすぐに火葬され、遺骨は役所から宅配便で届いたそうです。あとから、火葬費用の請求書も届いたとかで、仕方ないのはわかりますが、対応があまりに無神経。本当につらい最期です」

「もう10年」か、「まだ10年」か──歴史的災害を目の当たりにした私たちは、命の尊さと向き合ってこられただろうか。

※女性セブン2021年3月25日号

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。