記事

"神の手"が警鐘、日本で「医師の質」が急低下した根本原因

1/2

「上皇陛下の執刀医」として知られ、その手技から「神の手」とも評される天野篤医師が3月末をもって順天堂大学の医学部教授として定年を迎える。これからも心臓手術の現場でメスをふるい続けるという天野医師だが、医療界へ、また、若き医療者たちへどうしても伝えたいことがあるという。近著『天職』に綴った率直な心情を特別公開する──。(第2回/全2回)

※本稿は、天野篤『天職』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

教授退任セレモニーを断ったワケ

3月末、私は医学部教授としての定年を迎えます。2002年から勤務してきた順天堂大学医学部ですが、心臓血管外科学講座の主任教授という職からは退きます。

学校法人順天堂の理事職や、特任教授としての職務は続きます。また、順天堂医院の心臓外科医であることに変わりはありませんが、大学病院教授という医学教育機関の仕事には、ひとつの区切りをつけた思いでいます。

その日を見据えて、周囲から「退任記念祝賀会」についての相談がありました。大学病院の教授のほとんどは、退任する際にこうした退任式を開催します。自分の妻に同席してもらって労いの言葉をかけたり、同僚や関係者を招待して、盛大な“お別れ会”を開いたりするのです。

疲れた現代の医師
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/CentralITAlliance

しかし、私は断りました。もちろん、現在のコロナ禍の状況では実施すること自体のリスクもあります。加えて、私自身が、それほどたいそうなことはやっていないと思っていますし、ここまでやってこられたのは患者さんのおかげです。にもかかわらず、退任式という内向きなお祝いを行うことには抵抗感があるのです。

退任式より若手の教育にお金を使ってほしい

加えて言えば、退任式は「名誉教授」という“戒名”をもらって「葬式」を執り行うことにも似ています。ですが、私は一外科医としての定年を迎えるつもりはまったくありません。みなさんの思いはありがたいのですが、ここは丁重にお断りするのが私の理屈にも合っています。だから周囲にはこう、お願いしています。

天野篤『天職』(プレジデント社)
天野篤『天職』(プレジデント社)

「まだ俺は現役なんだから、祭壇には上げないでくれよ。老兵はただ静かに消え去るから。そして、いずれ自分の闘い方に合致した場所で、もう少しがんばるから……」

そもそも、退任式を開催するには数百万円単位の費用がかかります。会場で配られる自身の業績集の制作費もバカになりません。私はこれまでたくさんの退任式に出席して、100冊を超える業績集をいただきました。しかし、表紙をめくって中身を読んだのはせいぜい2冊か3冊です。こんな無駄なことに多額の費用をかけるのはもったいないと思うのです。

これらの費用は医局の研究費から捻出するものですが、それならば、若手医師が海外で学ぶための費用にあてるほうがはるかに有意義です。退任式を開催しなければ、何人もの飛行機代がまかなえるのです。

医局の研究費は心臓血管外科という臨床の場を進歩させるために、自分自身でさまざまなところから集めたものです。けれど、その研究費を自分の過去のために使いたくはありません。次代を担う若手医師の未来のために使いたいのです。

突破力ある若手医師が少なくなった…

「突破力のある若手医師がいなくなった──」

近年、そんなもどかしさを強く感じています。自分たちの手で新しい医療をつくっていく、よりよい医療を実現するために古い制度を変えていく……。そうした「現状を変えてやるんだ」という思いを持った若手が少なくなっているのです。

背景には、さまざまな要因が考えられますが、ひとつには、医学部受験を取り巻く、世の中の変化に一因があると感じています。1955年(昭和30年)生まれの私はもちろん、1970年(昭和45年)生まれくらいの世代までは、医師になるために小学校の頃から学習塾に通い、受験勉強をし、中高一貫校への進学を目指すという風潮はそう多くはありませんでした。日本全体がまだ貧しかったからです。

そうした状況下で育った人たちは、必死に勉強して医師になり、「親や世話になった人たちや世の中に恩返ししたい」といった思いがありました。「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」という八徳の精神です。

しかしその後、日本のGDP(国内総生産)が上がっていき、日本が裕福な国になるにしたがって、社会も人々も大きくさま変わりします。医師になろうとする人たちも、変わっていったのではないかと私は感じています。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。