記事

メーガン妃の差別告白 “王子救う物語”を阻む「ロイヤルバイアス」

これまでの苦悩を吐露したヘンリー王子(右)と妻のメーガン妃(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、テレビのインタビューで英王室の「人種差別」を告発し大きな話題を呼んでいるメーガン妃について。

【写真】タイトな茶系のタートルニットを美しく着こなすメーガン妃

 * * *

 今週、アメリカやイギリスでは英王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃のテレビインタビューでの衝撃的な告白で持ちきりらしい。日本でも放送前から注目を集めていたが、期待を裏切らないその内容は予想以上のものだったようだ。

 3月7日、米CBSテレビで人気司会者オプラ・ウィンフリーによる英王室離脱後初のインタビューが放送された。視聴者数は1710万人以上。翌8日に英テレビ局ITVで放送された時も1130万人が視聴したという。日本で見れないのが残念でならない。

 メーガン妃が着ていたのは、右肩から胸元にかけて淡い色の花模様がデザインされた黒のワンピースドレス。メーガン妃に黒という色のイメージはなかったが、やはり告白の場に選んだのは黒だった。強い気持ちや決意を表す時、黒を選ぶ人は多い。一流アスリートの引退会見でも、黒系を着用する例がよく見られる。英王室の内側を暴露するということは、王室とは完全に縁を切るという彼女の決断だろう。

 メーガン妃は、生まれてくる子供の肌がどれくらい濃いのかという会話がなされたと淡々と話し、「生きていたくないと思った」と告白。王室は「他の王室メンバーを守るために平気で嘘をつく」と語り、自分たちを守ってくれなかった、黙らされていたと批判した。

 もちろん、人種差別はあってはならないが、人種差別とメンタル問題を出されれば、誰も表だって彼女を責められない。一方で、王室と対峙するほど、可哀想な自分を露にするほど世間の彼女への興味や関心は高まる。ネット上でバズるほどその価値が上がるのも事実だ。

 そして海の向こうは大騒ぎ。米女子テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手は、「経験した痛みや残酷さがよく表れている」とインスタグラムに投稿。セレブたちが彼女の支持を表明する中、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官までが「実体験について話すことは勇気がいる」とコメント。ヘンリー王子夫妻のインタビューを批判した英テレビ司会者ピアーズ・モーガン氏は、苦情が殺到して番組を降板する事態になった。

 ついに9日、エリザベス女王が声明を発表。2人にとって「この数年がどれだけ厳しいものであったかの全容を知り、悲しんでいる」とし、挙げられたメンタルや人種問題について深い懸念を示した。

 予想に反し日本のメディアの反応は控えめ。私もどこか冷めた目で見てしまった。「夫妻はこれで稼いでいくのだろう」という商業的思惑が見えてしまうし、王室の生活に苦労し、パパラッチに追い回され事故死したダイアナ元妃にイメージを寄せようとしていることにも違和感を覚える。王室の誰よりも高額な衣装代や、女王の招待を断り全米オープンテニスを観戦したり、王子誕生の際もSNSで発表するなど、メーガン妃の行動はこれまでさまざま報道されてきた。言動から感じる印象も、ハリウッド女優というキャリアも、夫からの愛情もダイアナ元妃とはまるで違う。ダイアナ元妃にイメージを重ねようとするほど、その違いが鮮明に浮かび上がってくるのだ。

 メーガン妃には「可哀想な王子様を救った美しい異国のお姫様」という自身のイメージがあるらしい。自分自身も追い詰められながらも、「自由とは何か」を王子に気付かせ、そこから救い出し幸せに暮らしていく、そんな物語の“戦略”があるのではないだろうか。ヘンリー王子はインタビューの中で、「すべてのことが起きた時、彼女が私を救ってくれたことは明白だ」と述べ、メーガン妃も「私たちは生き残っただけでなく、繁栄しています」と述べたという。こうした2人の言動は新たな“ヒロイン像”を作り出し、人々は彼女に益々注目することになる。まさに「メーガン効果」と言える。

 だが、この“逆”シンデレラストーリー、メーガン効果にも無理がある。日本の皇室に対するイメージと重なるが、国民は、大切に思ってきた国の象徴、幸せな家族の象徴は、やはりそのままであってほしいと願うものだ。王室にも時代の流れに合わせた変化は必要だが、人は外から入って来た者に伝統や格式、スタイルなどを乱されることに、マイナス感情を無意識に持つ傾向がある。この“心の癖”をさしずめ「ロイヤルバイアス」と呼ぶ。伝統芸能や家柄格式を重んじる所では似たようなバイアスが起こりやすいだろう。

 メーガン効果はどこまで効力を発揮するのか。逆シンデレラストーリーの今後の展開を注視したい。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。