記事

なぜEU離脱の国民投票を実施したのか キャメロン元英首相の回顧録から、背景を辿る

1/2

メディア展望」(新聞通信調査会発行)2月号掲載の筆者記事に補足しました。

***

 今年1月、英国は欧州連合(EU)から完全離脱した。離脱の是非を問う国民投票で離脱支持票が残留票を僅差で制してから、約4年半。加盟国のEU離脱は英国が初だ。

 1973年にEUの前身欧州共同体(EC)に加盟して以来、英国はその経済上及び政治上の恩恵を享受してきた。離脱を政治議題として取り上げ、国民投票で決着を図ったキャメロン元英首相(在職2010年ー16年)の判断を疑問視する声は消えていない。

 キャメロン氏の回顧録『フォー・ザ・レコード』(2019年9月出版)から、同氏がなぜ国民投票を実施せざるを得なくなったのかを紹介してみたい。

元々、欧州懐疑派だった

 キャメロン氏は1966年、ロンドン生まれ。裕福な家庭で育ち、私立の名門イートン校からオックスフォード大学に進学した。

 卒業後は保守党調査部に所属し、政策資料の作成や政治家の演説原稿の執筆に従事。この頃、「人のために奉仕したい」という強い気持ちに駆られたという。「公のために尽くす職業」として政治家の道を志向した。

 一旦民間企業に勤務後、2001年、下院議員として初当選。05年には39歳で当時野党だった保守党の党首に選出され、弱冠43歳で首相となった。

 党首就任後、キャメロン氏は右傾気味だった保守党を中道化させ、社会的リベラル政策を導入していく。

 しかし、彼自身が「本当の欧州懐疑派」だった。05年の保守党党首選の時点で、離脱こそ主張しなかったものの、「(欧州)統合は進み過ぎた」、「(欧州委員会がある)ブリュッセルは過度に官僚主義的だ」、「国民には将来の方向性について意見を言う機会が与えられるべき」と思っていたという。

 保守党内で、国民投票が現実的な選択肢の1つとして浮上していく過程をさかのぼってみる。

 2005年の党首選の前年となる04年、欧州統合を深化させる欧州憲法条約がローマで調印されたが、フランスとオランダが国民投票で批准を拒否してしまう。

 時の労働党ブレア政権(1997-2007年)は英国でも国民投票を行うと表明していたが、結局は実施されなかった。その後、憲法条約とほぼ同一内容のリスボン条約への調印交渉が進んでいく(調印は07年12月、発効は09年12月)。

 キャメロン氏は「将来、保守党政権が成立すれば、このようなEUの条約批准の際には国民投票を行う」と述べるまでになった。

 英国がリスボン条約を批准したのは08年7月、ブレア氏の後のブラウン政権下(2007ー10年)で、この時も国民投票は行われなかった。

 2010年5月の総選挙では、単独勝利した政党はなかった。最多の議席を獲得した保守党は、親欧州派の自由民主党と連立政権を発足させた。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  6. 6

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  7. 7

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  10. 10

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。