記事

震災10年 岩手の絶叫アナは営業異動も「震災考え続ける」【#これから私は】

津波の到達を叫んで伝えたあのアナウンサーは?(時事通信フォト)

 東日本大震災から10年が経った。あのとき注目を集めた人々のその後の姿を追う──。震災を報じたメディアには様々な変化があった。

 地震発生から30分以上経った午後3時22分。テレビ朝日の画面は宮古湾の情報カメラ映像をバックに、全国各地の津波到達予想時刻をテロップで画面いっぱいに伝えていた。その時――。

「なんでここでその状況を伝えてるんですか! いま来てますよ津波が! いま到達してるよ、テレビ朝日!」

 拳で机を叩きながら絶叫する様が、その後の震災特番で何度も取り上げられたのが岩手朝日テレビ(IAT)の山田理アナウンサーだ。

 山田アナは同年のANNアナウンサー大賞を受賞した。現在は2015年4月の異動で営業職の山田氏が振り返る。

「大きな揺れが来たので緊急放送の必要を感じましたが、報道フロアにアナウンサーがいない。慌ててジャケットを着てネクタイを締め、やるしかないと緊急放送の席に座りました」

 地震発生後、東北沿岸部にあるテレ朝系列の情報カメラで機能していたのは宮古のカメラ1台だけだったという。

「津波到達予想時刻が画面に出ていましたが、震源に近い岩手、宮城、福島のほうが津波が早く来るだろう、と。

 何かあればこちらから情報を発信しようとモニターを注視していたら遠くに白い波が見えたんです。これはやばいと思いました。この映像を流さないと意味がない。自分がマイクを取れば、テレ朝のサブ調整室の人たちが聞いてくれるかもしれないと、あの言葉を発したと思います。細かい内容はほとんど覚えていません」

 当時は被災地の多くが停電しており、放送が避難誘導に役立つことはあまりなかったという。

「テレビの存在意義は何かと考えることはあります。営業に異動になってからも震災のことは考えますし、もっとテレビにできることは何か追究していきたい」

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  2. 2

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  3. 3

    大阪のコロナ 病床 医療者が足りない もう自衛隊しかない?

    中村ゆきつぐ

    04月15日 08:19

  4. 4

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  5. 5

    緊急事態宣言はやればやるほど効き目がなくなります

    おか たかし (元・大田区議会議員・国民民主党)

    04月15日 08:42

  6. 6

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  7. 7

    経産省と「幹部の過半数」に見切られた東芝・車谷社長「男子の本懐」

    新潮社フォーサイト

    04月15日 08:48

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    厚労省職員5人が新型コロナウイルスに感染 老健局の感染者は15人に

    ABEMA TIMES

    04月15日 08:12

  10. 10

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。