記事
  • WEDGE Infinity

釜石「桜満開牡蠣(カキ)」の奇跡 - 友森敏雄 (「WEDGE Infinity」編集長・月刊「Wedge」副編集長)

「釜石桜満開牡蠣」缶詰

3月12日、「釜石桜満開牡蠣(カキ)」缶詰(かんずめ)が発売される。コロナ禍のなか、まさに奇跡とも言えるタイミングで誕生した一品だ。

10年前の東日本大震災で、岩手県釜石市も大きな被害を受けた。ただ、それ以前から鉄鋼産業の不振などから‶鉄の町〟釜石にも暗い影が差すようになっていた。そんなとき、鮮魚の仲買人をしながら市内でレストラン「浜結」を営んでいた三塚浩之さんの元に、カキの生産者である佐々木健一さんから「カキが売れないので、なんとかできないか?」という相談があった。2009年のことだ。三塚さん自身、魚が売れなくなりつつあることを実感していた。

販路開拓や品物のブランド化をしていかないと今後、生き残ることが難しくなる――。三塚さんが企画・販売、佐々木さんたちが生産を行う形で、「かまいし水産振興企業組合」を立ち上げた。

そんなとき縁あって、東京のど真ん中にある千代田プラットホームで、「第1回かまいし牡蠣フェア」(2010年3月)を開催した。これをきっかけに東京のレストランなどへの販路を開拓していこうとした矢先に、東日本大震災に見舞われた。佐々木さんが住む集落は消滅するほどの被害を受け、三塚さんのレストランも流され、鉄筋コンクリートの自宅は3階部分まで波が押し寄せた。

そして翌2012年、再起を図るべく、カキの養殖を再開した。千代田プラットホームの支援も受ける形で、生産者、消費者、飲食店(協力店)を結ぶネットワークの構築を目指して「里海プロジェクト」を開始した。順調にサポーターを増やしていた矢先の2016年、今度は台風に見舞われ、流木によって養殖設備が壊滅的な被害を受けた。「もはやこれまでか」という所まで追い込まれたものの、ボランティアなどの支援を受ける形でなんとか持ちこたえた。

やっと順風が吹き始めたかと思いきや、またもやコロナ禍に見舞われることになった。釜石のインフルエンサーになってもらいたいという思いのもと「生産現場を見に来てくれたお店にしか卸さない」というルールを守りながらも、取引先のレストランは東京をはじめとして20店を超えるまでになっていたが、今度は、そのレストランが営業できないという事態となった。

2020年~21年の冬シーズンに用意したカキは1万5000個。20年12月「こんな状況だからこそ、逆に新しいチャレンジをする機会にしよう」と三塚さんは決断した。直販で販売するカキを2500個に絞り、残りで缶詰を作ることにしたのだ。

千代田プラットホームで定期的に行っていた普及イベント「釜石牡蠣大学」で知り合った男性が、陸前高田で缶詰工場の経営者に就任したという偶然のタイミングも重なって、かねてから温めていたプランを実行に移す決断をした。

これまで「生カキ」の販売をしてきたが、10個入りのカキを、生産者の佐々木さん、佐々新一さん、三塚さん、三塚さんの奥さんの4人で、パッキングから配送手続きまで全て行ってきた。その作業が大変なうえ、生ガキは最低3日で食べないといけない。しかも、イベントごとで出店しても、「ノロウイルス」などの疑いが起きれば、イベント自体の開催が見送られるということも経験していた。

このようなことがあり、かねてから「缶詰があればいいなぁ」と考えていたのだ。ただ、生産量を増やすことはリスクでもあり、これまで実行に移していなかった。そして今回「ピンチをチャンスに変える」つもりで、実行に移した。

通常であれば缶詰の最低ロットは数万単位となるが、そこを交渉して5000個で応じてもらえることになった。質にもこだわり、カキと塩だけの水煮缶だ。ひと缶4粒入りで、3缶入って税込5400円。生カキがひと箱10個セットで5638円(税込)+送料なので、〝値ごろ感〟を意識した。三塚さんは銀行から融資を受け、パッケージのデザインも手掛けてたったの3カ月で販売にまでこぎつけた。

「1年産の種ガキを仕入れて、釜石市の大槌湾で2年、計3年がかりで育てられたカキの味を是非とも味わってみていただきたい」と三塚さん。

レストラン「HMAYUI」も復活、釜石の今とは?

「HAMAYUI」から望む釜石湾。左手の壁は、今年150周年を迎える『日本一号海図 釜石』。海上保安部情報管理部から許可を得て掲示している

被災した自宅を改装して再オープンした三塚さんのレストラン「HAMAYUI」は、2019年に新たにオープンした複合施設「魚河岸テラス」に場所を移して営業している。一昨年のラグビーワールドカップの際には「信じられないくらいのお客さんが来てくれた」という。

現在は、コロナ禍によって時短営業を余儀なくされているが、「長時間滞在する人が少なくなって、むしろ回転率は上がった」そうだ。高速道路が開通したこともあって4割のお客さんが釜石外から来てくれているという。ただ年々、復興事業に携わる人が少なくなっていることもあり、最盛期に比べると、お客さん全体の数は減っている。それでも、これまで出会った人たちが、何かにつけてレストランを訪れてくれることが、三塚さんには大きな励みとなっている。

「10年を振り返ると、短期の課題をこなして行くことの繰り返しでした。これからはもう少し中長期的な目標を作って取り組んでいきたいと思います」と、三塚さん。震災復興で多くの新規事業が立ち上がったが、そのほとんどは残っていないという。そうしたなかでの10年、カキの生産・販売、レストラン経営の両輪を回してきた三塚さんの思いもひとしおだろう。

花巻、盛岡方面とつながる高速道路である釜石道に加えて、3月6日には、三陸道が全通した。これによって釜石から仙台まで2時間半程度で出ることができるようになった。そこで懸念されるのが、人が流出する「ストロー効果」だ。

「確かに釜石の人口が減少傾向にあることに変わりはありません。でも、高速道路ができたことは、逆に言えば、釜石に来てもらいやすくなったということです。実際釜石は南北、東西の結節点にあります。山も海もある釜石で、深い魅力を発信していくことで、行ってみたくなる町にしたいと思います」

この10年、「できない理由」を探せばいくらでもあったはずだが、「どうやったらできる(可能)か」考え、実行してきた三塚さんの言葉だ。次の10年がどうなっているのか、大いに期待したい。

【購入方法桜】 満開牡蠣公式HP、HAMAYUI店頭にて、釜石産直施設(予定)、釜石ふるさと納税商品(予定)。

【「釜石桜牡蠣」公式HP】 http://sakuramankaigaki.com/

【「HAMAYUI」公式HP】 https://hamayui.jimdofree.com/

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。