記事

クラファンは飲食店の救世主になりうるか 店の存在意義を世に問う怖さ

画像はイメージ/Photo by Dave Photoz on Unsplash

今年2月、コロナ禍に苦しむある飲食店がクラウドファンディングで数百万円に設定した目標金額を超える支援を獲得した。

飲食店を応援したい、でも感染は怖いから今は行きにくい――。会食による感染リスクが高いとされる飲食店をめぐっては、客の側からそんな声を聞くようになって久しい。「不要不急の外出は控えて」という呼びかけも1年以上続けば、素直に従っているうちに行きつけの店が閉店してしまったなどという話も少なくない。そうなれば、思い入れのある飲食店をいま応援することは果たして“不要不急”なのかと悩ましい気持ちにもなってしまう。

何とか店で食事をせずに飲食店を応援する術はないか。そう考えたときに、クラウドファンディングという手段が有効ならもっと多くの店に挑戦してほしくなる。そんな思いで、冒頭で紹介した店を経営するご夫妻に、クラウドファンディングのメリット・デメリット、そして実行者が直面する「怖さ」について教えてもらった。

メリットは融資・助成金にはない「スピード感」

AP

なぜ多くの飲食店は挑戦をためらうのか。ご夫妻は、クラウドファンディングは飲食店にとって利点があるが、デメリットとそれにともなう「怖さ」が無視できないと説明する。

まず今回のような緊急事態に飲食店がクラウドファンディングを選ぶ理由として「スピード感」というメリットを挙げる。金融機関の融資、国の給付金や助成金などをあてにしていては、時間がかかりすぎる。その意味で今回ご夫妻は、支援を募る期間を24日間と短く設定した。

一方で懸念されるのは“失敗”のリスクだ。

クラウドファンディングは一般的に、サービスによって12~25%程度の手数料がかかるうえに、支援者に対するリターンを用意する必要がある。このリターンの原資をかけすぎて、失敗した例も少なくないとご夫妻はいう。飲食店のリターンでよく見られるドリンク無料や、メニュー割引は、やりすぎれば支援者が増えるほどに後から苦しい経営を迫られることになる。

また、目標金額を達成できなくても集まった支援を得られるAll-in方式では、少ない金額でもプロジェクトを実行しなければならないことになる。それでは事態が余計に厳しくなりかねないとし、達成できなかった場合は支援がキャンセルされるAll-or-Nothing方式をとるべきだと説明した。

クラウドファンディングに挑戦するのはなぜ怖いのか

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

ではリターンにコストをかけずに、支援はどのように集めればいいのか。ご夫妻は「ここに怖さがある」と語る。

曰く、商品の魅力で勝負しようとすればコストがかかるため、「お店そのものの魅力」で勝負しないといけなくなるというのだ。今までの営業をどのようにやってきたか、お客様とどう向き合ってきたか――。今までの店のおこないによって、その存在意義が問われることになる。

ご夫妻は、その“怖さ”を乗り越えてクラウドファンディングに挑戦できた。

本当に自分の店が必要とされているのか。ご夫妻は、その判断を他人に委ねることになると考えたとき、店のことを知らない国や金融機関が機械的におこなう判断に任せるよりは、客に委ねた方が「ダメなときに潔くあきらめがつく」と思い至ったと明かす。

ご夫妻は、リターンとして店の商品の他、「お礼のメール」も用意した。最も低い価格に設定したという背景はもちろんあるが、最終的にダントツで応募が多かったのはこの支援だった。結果としてご夫妻の店は20日間で目標金額を達成し、それを上回る支援を集められた。プロジェクトの文章を読んで共感してくれた支援者は極少数で、95%以上が店の常連だったという。

「誰もが同じ方法で達成できるわけではない」

Photo by Diego PH on Unsplash

ご夫妻は、クラウドファンディングは誰もが同じ方法でやれば目標を達成できるわけではないと念を押す。そして今回のようなケースでの挑戦は、「とても怖い」ものだったと繰り返した。

一方で、クラウドファンディングをスタートしてからは、「お店がそこにいつもあってほしい」という支援者の純粋な寄付の精神を感じることができたと振り返る。そうであれば、店は「そこにいつもあり続ける」ことで、Win-Winの関係が成立することになる。ほとんどが常連による支援だという結果になったことでご夫妻は、実体験として感じながら恩返しをしていけそうだと今後を見据えた。

普段取材は基本的に断っているというが、今回は「少しでも飲食店の力になれば」と特別に話を聞かせてくれた。ご夫妻に心から感謝したい。

あわせて読みたい

「クラウドファンディング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  7. 7

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。