記事

東日本大震災から10年、あの災害から何を学んだのか

田原総一朗です。

東日本大震災、そして、あの福島第一原発の事故から10度目の3月11日を迎える。かつては全世界が、「エネルギーは原発でいく」という時代だった。それが福島の事故によって一変したのだ。今も約3万6000人の方が、故郷福島に帰れずに暮らしている。

僕は原発事故の後、政治家はもちろん、東京電力関係者、学者と数多くの人に取材した。僕が何より驚いたのは、東電が一度も避難訓練をしていなかった、という事実だった。

「なぜ避難訓練をしなかったのか」と私はある東電関係者に問うた。すると彼は驚くべきことを言った。「避難訓練をするということは、事故が起きるかもしれないということ。事故の可能性がある前提では、誘致できなかった」。つまり、「事故は絶対あり得ない」という安全神話のもとで、あの事故が起きたのだ。

だから住民は混乱し、逃げまどった。原発から約4.5キロメートルの場所にあった双葉病院の患者ら44人が、避難中の車内や搬送先の施設などで亡くなるという、いたましい犠牲もあった。いざというときの避難訓練を徹底されていれば、防げた事故だろう。

当時の原発事故の収束及び再発防止担当大臣だった細野豪志氏は、「事前の危機管理が極めて不備だった」と語る。たとえば、事故後の処理をするのに、作業員の被ばく線量の上限は、100ミリシーベルトだった。しかしこれでは到底事故処理ができないと、当時の菅政権は250ミリシーベルトに引き上げた。「アメリカにはすさまじい仕組みがあるんです。事故処理に志願した方の被ばく線量は、上限がなしというものです。原発事故もですが、アメリカは核戦争を想定して、危機管理をしているんです。まさに国家としてやっている」

今の日本にその危機管理ができているか、と問うてみたい。あの大震災に真に学んだのならば、地震ではなく、「疫病」という災害をも想定し、徹底した危機管理をしておかなければならなかった。去年から今年、新型コロナウイルスのパンデミックが起き、右往左往する政府の姿は、とてもあの大事故に学んだとは思えない。

政治は、危機から目を背けることなく、東日本大震災、そして新型コロナウイルスから学び、国民を守るべく、徹底した危機管理をしなければならない。

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を改めて祈りたい。生き残った私たちが早急にしなければいけないことは、山積しているのだ。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。