記事

女性被害3人に1人/WHO分析 性暴力なくす行動を

 世界保健機関(WHO)は9日、15歳以上の女性の3人に1人が、男性からの身体的または性的暴力の被害にあっているとの分析結果を発表しました。世界で7億3600万人にのぼるとしています。若い女性の「4人に1人」が暴力を経験していると述べ、警鐘を鳴らしました。

 WHOの分析は、過去最大規模のもので、他の国連機関とともに、161カ国・地域のデータ(2000〜18年)に基づき実施。新型コロナウイルスの流行後にドメスティックバイオレンスの急増が報告されていますが、それらは反映されていません。

 最も多いのは、夫やパートナーなど親しい相手からの暴力で、6億4100万人の女性が被害を受けています。年齢層で最もリスクが高いのは、15〜24歳の若い女性で、過去1年の間にパートナーから暴力を受けたのは16%と最多となりました。

 UNウィメンのムランボヌクカ事務局長は、パンデミックで女性への暴力増加が各地から報告されていることに触れ、「全ての政府は女性の関与のもとで、強力かつ積極的な対策に取りくむべきだ」と強調。若い女性たちの被害状況が悪化していることは、「非常に気がかりだ」と述べました。

 被害は、低・低中所得諸国の女性たちに偏っており、オセアニア、南アジア、サハラ以南のアフリカ諸国では、33〜51%の女性が暴力を経験しています。東アジアは20%です。WHOのテドロス事務局長は、「女性への暴力は全ての国、文化における病だ」と指摘。女性への暴力は、「新型コロナウイルスと違い、ワクチンで流行は防げない。政府、地域、個人による粘り強い努力でたたかわなければならない」と語りました。

 WHOは、各国に対し、▽被害者を中心に据えたケアと関係機関につなぐ保健体制の強化▽包括的な性教育を含む、差別的態度や信念を是正する学校教育の実施―などで女性への暴力を許さない取り組み強化を求めました。

あわせて読みたい

「性的暴行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  4. 4

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  5. 5

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  6. 6

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  7. 7

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  8. 8

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  9. 9

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  10. 10

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。