記事

「怖いのはウイルスではない」過熱する"コロナ騒動"にやられないための処世術

1/4

コロナ禍を乗り越え、日常生活を取り戻すにはどうすればいいのか。医師の大和田潔氏は「テレビでは連日のように新型コロナの話題を取り上げ、視聴者に危機を煽り続け心をむしばんでいる。一番の処方箋は、まずテレビを消すことだ」という——。

テレビを見る少年
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/LSOphoto

「復活の季節」を迎えるために必要なこと

私たちは自分たちが感染しないことはもとより、コロナ感染症が急増することを防ぎ高齢者や社会、医療機関を守るために頑張ってきました。日本の対応は大きくは間違っていなかったと思っています(注1)。

私たちには、警戒環境からまだ心にブレーキが残っています。ゴールの見えない長期間の自粛で疲れも出てきています。

終わってみたら季節性流行でしたので、本来であればインフルエンザのように簡易検査で済ませれば良いはずです。PCRに拘泥し、簡易検査の大量廃棄が伝えられています(注2)。もったいない話です。

私たちは、これから復活の季節を迎えます。そのためにもテレビが作る恐怖や不安を和らげ、心身ともに健康的に暮らしていける方法をお伝えしたいと思います。

世界で収束する陽性者数(アメリカと日本)
出所=wordometerより

日本の報道で語られることのない世界との比較です。被害が大きかったことで有名な米国と、日本を比べてみましょう。日本の数が少なすぎるので縦軸は数十倍も異なりますが、傾向はよく似ています。

対策や医療システム、民族も違うのに同じ流行形態というのは、ウイルスが全人類の前に自然現象として現れ、去っていっていることを示しています。各国で対策の濃淡があったにもかかわらず、人間は流行パターンそのものを変える力は有していなかったと思われます。

豊かでないアジアの国も総じて被害は少なく、死亡者ゼロの国もあります(注3)。このような事実についての報道はきわめて限定的です。日本やアジア・オセアニアでの流行が交差免疫で小さく終わった可能性については、これまでのコラムで考察してきました(注1)。どの国にも成功も失敗もなかったのです。

出会うことも危険性もなかったウイルス

私と同じ50代は日本に1680万人いますが、新型コロナでの死亡者は1年間で133人(注4)でした。私たち50代にとっては「1都道府県あたり、1年間で2~3人が亡くなる感冒ウイルス」に過ぎませんでした。先進治療が行われた背景もありますが、強毒性ウイルスでなかったことが一番の要因です。

インフルエンザでは重症化することもある若年者の死亡者数は、コロナでは数人で、特に10代以下はゼロでした。他の理由で大病を患われた方のほうがずっと多かったことでしょう。

子供や若者が新型コロナに無症状でかかっておくことは、集団免疫の抵抗力を考えると彼らが大人になった時に非常に有益です。若者に外出制限を課したり、学校を休校にしたりすることは、無益有害です。

ご高齢の方も著増するわけではありません。1年以上経過し、はやり病でどれぐらい死亡者が増えるかの指標である「超過死亡数」が明らかになっています。新型コロナのインパクトが小さいため、他の感染症の死亡数低下が上回っています(さまざまな方が「新型コロナで日本の死者はなぜ減ったのか」などで分析されているので詳細は略します)。

私には、昨年からそれがファクトでした。「2020年の自殺者、11年ぶりに増加:コロナ影響か、女性が急増」(注5)に代表される人間社会の破壊のほうが問題です。

新型コロナウイルスは日本ではまれに重症化します。救急を断らなかった「神奈川モデル」のように診療を分離し、キャパシティを上げるシステムを全国的に作って対応をすればよかったはずです。対応できる患者数に応じた陽性者数の抑制策に頼ったことがひずみを産み、精神的な過剰負担の元凶になったと思っています。

患者さんが精神的に不安定になった原因

私は、コロナ禍といわれる状況下でも、吊革につかまり、重たい鞄を電車や駅の床に直置きしながら連日通勤してきました。様々な街に出かけ、リモート教育番組作りなどの共同作業をしました。ずっと布マスクを洗濯して使っています。普段の生活と、何ら変わることはありません。

しかし、外来の患者さんの様子は異なりました。私には、精神的な不安定さはオーバーヒートしていったように見えました。

写真著者撮影 2020年2月28日
クリニックの備品だったアルコール消毒液(2020年2月28日撮影) - 筆者撮影

連日の報道もあり、ドラッグストアからはマスクやアルコール消毒液が姿を消しました。私は患者さんのために、クリニックの備品のマスクやアルコール消毒液を配布しました。

東京のロックダウンの可能性に言及され物不足が加速した際には、あらゆる生活物品が売り切れました。米も肉、野菜も売り切れ、いつも購入しているスーパーのパスタソースも売り切れていて「一家族2パックまで」の破れかけた紙が虚しく揺れていました。

著者撮影 2020年3月26日 空の食品棚
空になったスーパーの食品棚(2020年3月26日撮影) - 筆者撮影

そんな状況で、ファクトを語ったとしても、患者さんは聞く耳を持ってくれません。

「日本や世界をおとしめようと誰かがウイルスをまいたのですか?」「人類は滅亡するのですか?」といった質問を受けたことさえあります。「先生の言うことはごもっともだけれども、テレビの影響は大きいですよ」と若い患者さんも壮年期やご高齢の患者さんも繰り返しおっしゃっていました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  2. 2

    菅首相はオリンピックファースト?レッテル貼りで責め立てる野党に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    05月11日 08:24

  3. 3

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  4. 4

    ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル

    PRESIDENT Online

    05月11日 12:26

  5. 5

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  6. 6

    山積みの課題を前に「活動停止中」の東京都議会。最大会派は署名集めの前に、臨時議会を開催せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月11日 08:23

  7. 7

    国の反論は「性風俗は不健全」 デリヘル給付金訴訟の原告が法廷で語った思い

    小林ゆうこ

    05月10日 19:56

  8. 8

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  9. 9

    日本の音楽シーンは宝の山 70~80年代シティポップが世界でブーム

    NEWSポストセブン

    05月10日 18:15

  10. 10

    五輪開催是非について、口を開き始めたアスリートたち

    諌山裕

    05月10日 15:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。