記事

書評:「橋本治のかけこみ人生相談」 橋本治・著

1/2

橋本治のかけこみ人生相談」(Amazon)
橋本治のかけこみ人生相談」(honto)

「考える」ことの達人になるためには、「考える練習」が必要だ。

これはまあ、それこそ「考えてみれば」当たり前の真実なのだが、たぶんそう考えない人が多い。なぜなら、考えるという行為は、ほとんど物心ついたときからやっている『自然な』ことで、誰でもできるし、そのやり方を誰かに教わった訳でもないから、だろう。

本当は、わたし達は考えるという行為を、親や兄弟を真似て習い覚え、学校でも一応それなりに教育されてきたのだ。だが、なにせ教える側が、「これが考える行為の上手なやり方だ」という風に、親切に説明してくれない。しかも、問題だけ一方的に与えられ、かつ、考える途中プロセスではなく、回答という結果だけを、判断・評価される。だから「考える方法」は、自分流に身につけるしかない。

そして、それが教育というものだと、皆が思っている。なぜなら、教える側の人達自身が、そうやって育てられてきたからだ。

しかし、どんなことであれ、上手になるためには、いくつかの基本的な原理・原則の理解と、良い先生と、そして繰り返し練習が必要だ。これは車の運転だろうと、英会話だろうと、ロック・クライミングだろうと同じだ(ロック・クライミングはやったことないけど)。

だとしたら、考えることだって同じで、練習が必要である。でも、その練習の場は、どこに求めるのか。誰がその良し悪しを、指導してくれるのか?

わたしは大学院のときに、恩師から、とても大事なことを教えられた。それは、「教科書や参考書を読むときは、すぐ答えを見てはいけない」という態度だ。解答を見ずに、まず、自分で考えて、解いてみる。その上で、解いた結果が正解ならよし。解答と違っていたら、なぜ違っているのか、どこがどう違うのか、自分のアプローチの優劣は何かを考えて、糧としなさい--それが、教えだった。

ただしこれは、言うは易く行うは難し、の教えだ。まず、時間におわれて勉強していると、つい、すぐ答えを見たくなる。また、答えに全く行き詰まったとき。・・そうやって、言い訳を積み重ねていると、わたしの決心はすぐ、ぐずぐずになった。だが、先生は確かに、自分でそれを実践しておられた。はたから見ていても、よく分かった。

橋本治の「かけこみ人生相談」は、文字通り、人生相談の問と、その答えを集めた本である。わたしはこの本こそ、『考える練習』のための最良の書物の一つではないか、と感じている。読者から寄せられた、一つ一つの問は、比較的、短い。そして答えがすぐ、あとに続く。だが、問を読んだら、いったん本を閉じて、自分ならどう回答するかを、考えてみる。

「考える」ことの主な目的は、問題解決である。そして人生相談とは、まさに人生において相談者が向き合っている、問題そのものではないか。それは、こんな風な形をしている:

「理由もなく会社がつらいのです。なぜなのでしょうか?」
「農家を継ぎましたが、外でバリバリ働きたいのです」
「母の再婚相手をどうしても受け入れられません」
「中学で不登校に。人生が終わってしまいました」
「上司が仕事の失敗をすべて私におしつけ、人前で叱責、罵倒します」

 ・ ・ ・

問いを読んでは、自分なりの回答を考えてみる。それから、著者の答えを読むのだが、毎回、驚嘆である。親切で、具体的であり、かつ原則が通っていて、しかも見方が新鮮だ。まことに作家・橋本治は、考えることの達人であった。

相談者の問いを読むと、5W1H、あらゆるタイプの質問がある。やるべきかやめるべきか(Which)、どうしたらいいか(How)、なぜなのか(Why)、何があるか(What)・・。皆が迷っている。迷う理由は、答えが見つからないから、あるいは答えがあっても現実的には思えない(できない)から、さらに、二つの選択肢のいずれにも長短あって決めきれないから、だ。

一つだけ、例をあげよう。「疲れるのです。自負心の強い夫と一緒に暮らすのが」という悩みを持つ、59歳の主婦。子育ても終えて10年してから、単身赴任していた夫がかえってきた。スポーツ好きの夫につきあって、一緒にスポーツクラブに通っているが、自分は本を読んだりするほうが好きだ。ただ夫は、自分は間違った人生を歩んでいないという自負がある。そんな夫と暮らすのが疲れるのです、というお悩みだ。

あなたなら、どう回答するだろうか?

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  8. 8

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  9. 9

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  10. 10

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。