記事

「東電と官邸には、頭に来ている部分もありますよ」元自衛隊トップが振り返る“3.11の舞台裏” 元統合幕僚長・折木良一さんインタビュー#1 - 辻田 真佐憲

1/2

 2011年の東日本大震災では、自衛隊の活動にも大きな注目が集まりました。発生当日から現地で救援活動を始め、同時に原発対応にも当たることになった自衛隊員たち。そのトップとして、かつてない災害派遣を指揮したのが、折木良一統合幕僚長(当時)です。

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

 あのとき、なぜ自衛隊は迅速に動けたのか。また、米軍や民主党政権とはどんなやり取りがあったのか――。近現代史研究家の辻田真佐憲さんが聞きました。(全2回の1回目/後編に続く)


折木良一さん

◆ ◆ ◆

阪神・淡路大震災の教訓が活きた

――3.11から、今年でちょうど10年が経ちます。今から振り返ると、過去の様々な災害と比べて、東日本大震災ではすぐ10万人態勢を整えるなど、自衛隊の初動がかなり早かった印象があります。それができた理由は、何だったとお考えですか。

折木 自衛隊はこれまで災害派遣を何度もおこなってきましたが、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災のときには、災害派遣要請が遅かったとか、自衛隊の出動が遅かったとか、そういう話もありました。それを機に、災害が起きたらすぐに出るという、即応体制の訓練をやって、自治体との連携もとれるようになってきました。そうした改善が活きたという面はあると思います。

 また、東日本大震災のときは震災そのものが大きかったので、「これは自衛隊が出なきゃいけない」というのは、組織としても、それから各部隊としても、直感的に感じたわけです。だから、そういう面でも動きが早かったのかな、と。当日で8000人くらい、それから約1週間で後方支援も含めて10万人態勢を作り上げたんですが、平成16年(2004年)の中越地震などと比べると、かなりのスピードアップができたと思っています。

――被災地では自衛隊員が食事を優先的に被災者へ渡して、自分たちは冷たい缶詰を食べていた、などという話がよく語られていました。

国民に理解される、信頼される存在へ

折木 そうですね。そもそも自衛隊は、社会的に認められていないところから始まって、そこから国民に理解される、信頼される存在にならないといけない、という意識がずっとあったんです。だからこそ創隊の時代から、災害派遣の場面では真摯に、真剣に対応をしてきました。その姿が徐々に認められてきたのです。

 なので、東日本大震災だけが特別だったわけではなくて、それまでの災害派遣やそれに伴う教育訓練、それから海外での活動などで培われてきたノウハウが、究極的に示されたのが東日本大震災だった、と捉えています。派遣期間も長くて、原発に関して言えば、年末の12月26日くらいまで災害派遣をしていたので、自衛隊の姿がより皆さんの目に見えた、という部分もあったと思います。

――“缶詰の話”がある種美談として語られる一方で、折木さんは災害時こそ一人二役ではなく、二人一役であるべきではないか……つまり、こういうときこそきちんと休みをとらせた方がいいとも仰っていますね。ただ、そのためには我々や、もしかしたら自衛隊自身の意識も変えていく必要があるのかな、と思うのですが、その点はいかがでしょうか。

「3月いっぱいはちょっときつかった」

折木 やはり軍隊というか、こういう武力集団というのは、任務を一つ達成してもそれで終わりではなくて、次に備えて戦力を貯めて、維持していかなければならないんです。そういう面で、一人二役をずっとこなしていくことには限界があるので、しっかり休みをとることは大事だと思っています。例えば東日本大震災では、遺体捜索や人命救助が一段落ついた3月末くらいからは、戦力回復センターをつくって人員を交代させていきました。

 ただ、日本人は真面目なんですよね。皆さんもそうだと思いますが、「休め」と言っても休まないんです。とくに指揮官は責任感や使命感がものすごく強いので、なおさら休まない。でも、それでは任務が持続できないんです。なので、民間企業もそうだとは思いますが、そうしたところで休ませるのも、上にいる者の仕事の一つだと考えています。

――折木さんは当時、自衛隊のトップにいらっしゃったわけですが、ご自身は休みをとれましたか。

折木 3月いっぱいはちょっときつかったですね。それでも、河野君(河野克俊前統合幕僚長。当時は統合幕僚副長)と3月末くらいから夜は交代したりして、休みはとっていました。

“米軍の被災地入り”に心配もあった

――最初に被災地に入られたのは3月14日、松島基地に北澤俊美防衛大臣と行かれたときでしょうか。

折木 ええ。

――そのときの印象はいかがでしたか。

折木 大型ヘリで移動したんですが、道中で下を見たときに、かなりの被害状況が目に入ってきまして。映像では見ていましたが、実際に現地で目にしますと、被災地の人たちがどんなに激しい津波に襲われたのか、その悲惨さと言いますか……それを感じました。松島基地では戦闘機が建屋に突っ込んでいたので、その姿を見たときも「あっ、これは……」と。

――震災時には、アメリカ軍の動きに大変感銘を受けたとも仰っていますね。いわゆる「トモダチ作戦」ですが、米軍は日本人のことをよくわかって動いてくれた、と。これは、具体的にはどういうことだったんでしょうか。

折木 米軍に関しては当初、実は心配していたんです。こういう災害のときに、被災者の中に入っていって、彼らが国民とうまく関われるのか。文化も慣習も宗教も違うなかで、現地での様々な調整を、地元の人たちと本当にできるのか、と。だから、最初は自衛隊が間に入ったほうが良いんじゃないか、などとも考えていました。

 ただ、いざやってみると、米軍は日本人目線で、被災者目線で活動してくれたんですね。沖縄や座間にいるなかで、日本人のやり方や生活を理解したのでしょう。当時の写真が記録として今もたくさん残っていますけども、それを見ると子供もお年寄りも、親近感のある目で米軍を見ている。言葉が通じないので、なかには恐怖心を持つ人がいてもおかしくないと思うんですが、お互いの気持ちが通じ合っているな、と感じられる写真がほとんどでした。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  9. 9

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

  10. 10

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。