記事

「ポポポポ~ン」を歌った音楽家 今後も被災地でライブ続ける予定

「ポポポポ~ン」を歌った人の今は?(イメージ)

 東日本大震災から10年──。あのとき注目を集めた人々、モノのその後を追った。

【写真】ガイガーカウンターを使ったスクリーニングの様子

 震災直後、各企業のテレビCM自粛に伴い急増したのがACジャパン(旧公共広告機構)のCMだ。なかでも『あいさつの魔法。』と題されたCMの「魔法の言葉で楽しい仲間がポポポポ~ン」のフレーズは話題になった。

 同曲を歌った音楽家・松本野々歩さんは、いまどうしているのだろう。

「震災以降はライブを中心に活動し子供向けコンサートに注力。現在はコロナ禍で活動を控えているが、今後も被災地でのライブを続けるそうです」(芸能記者)

「ポポポポ~ン」と同様、何度もテレビで流れたのはACジャパンのがん検診啓発CMだ。出演していたのは、子宮がんを患った仁科亜希子と仁美の親子。当時は「こんな時にがん検診なんて」という抗議も寄せられ、2人はブログで「とても悩んでいます」と綴ったこともあった。

「現在、亜希子さんは年に1~2本のドラマ出演のほか、がん闘病に関する講演活動を続けています。娘の仁美さんはバラエティ番組などに出演していましたが、事務所を退所し、2015年に第一子を出産。SNSに育児の様子をアップするなどしています」(同前)

 震災を機に広く知られるようになったモノもある。原発事故により、東日本を中心に爆発的な需要を起こしたのがガイガーカウンター(放射線測定器)だ。機器を片手に記者が各地の放射線量を測る様子はどの震災ニュースでも定番だった。

 福島の板金加工企業・三和製作所は2011年、ガイガーカウンター「ガイガーFUKUSHIMA」を開発・製造した。

「福島に残り暮らし続ける人の一助になればという思いで開発しました。福島だけでなく、関東からも注文予約が殺到し納品まで2~3か月待ちの状況が続きましたが、2年ほどで落ち着き、現在は1か月に1台売れる程度です」(斎藤雄一郎社長)

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  4. 4

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  5. 5

    「本来国がやらないといけない」堀江貴文氏が糖尿病の恐怖を伝える映画を作ったワケ

    ABEMA TIMES

    05月14日 16:55

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  8. 8

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  9. 9

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  10. 10

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。