記事

「津波からの復興は50%にすぎない」3・11から10年…復興構想会議の御厨貴が語る日本復興のリアル 「復興構想会議」議長代理・御厨貴インタビュー #1 - 御厨 貴

1/2

 2011年3月11日14時46分に起こった東日本大震災。10年の節目を迎える今、日本はあの震災からどこまで復興することが出来たのか。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 発生当初から「東日本大震災復興構想会議」の議長代理として復興事業に関わり続けてきた政治学者の御厨貴氏(東京大学名誉教授)にきいた。


日本国内観測史上最大規模のマグニチュード9.0の地震をきっかけに、未曾有の大災害となった東日本大震災 ©iStock.com

◆◆◆

御厨貴の「あの日」

―― あの日、先生は何をしていましたか?

御厨 ちょうど大学の研究室に来ていて、廊下に居たらガタガタとすごい揺れが来た。あの頃はヘルメットをかぶるなんて発想もなくて、「人が出られなくなってはいけない」ととっさに部屋の扉を開けたくらいでしょうか。

 余震をくり返しながら10分ほどたって落ち着くと、すぐに自宅に連絡しました。幸い、家族は無事だと分かると、これは間違いなく今日は帰れない、電車も止まるだろうと思いましてね。「今日は泊まり込むから」と話をして電話を切りました。そこからはずっとテレビをつけて次の日の朝まで過ごしました。

―― テレビでは被害の状況が逐一報じられました。当時、何が印象に残っていますか。

御厨 その日の印象は、とにかくテレビでやたらと津波の場面ばっかり流れていたこと。当日は特に本当に残酷な映像が流れていました。

 通常であれば、プロのカメラマンや編集の手が入ると、あまりにむごい様子はテレビに出てきません。しかしリアルタイムに中継されていたり、現地の映像も限られたためかその場に居合わせた「素人」の動画がたくさん流れることになり、津波がわーっと押し寄せて、人や車が流されていくその瞬間までがずっと映し出されることになったのです。

 それを見るにつけ、「津波は怖い、あんなに高いのが来るのか」と強く思いました。もちろん本当に「見た」とは言えませんが、あれが私の「津波を目撃した」瞬間でした。

津波からの復興は50%以下

―― 当初から復興に関わられてきた先生から見て、日本はどこまで立ち直ったのでしょうか。

御厨 津波に襲われた地域では、多くの方々が亡くなられました。こうした地域の復興なくして、全体の復興は語れません。しかし、現状は50%程度の復興に留まっています。

 津波は、日本がそれまで抱えてきた問題をえぐるように襲ってきました。被害を受けた東北の沿岸部は、その時点で高齢化や過疎化が進んだ「限界集落」もあり、大都市との格差が広がっていた。そこに津波がやってきて、何もかもを持っていってしまった。

 こうした背景がありましたから、われわれが当初被災地に提案したのは「縮小モデルでの復興」でした。残酷なようですが、人口もお金もなくなっていく中では大きな街を作るのではなく、災害を奇貨としてサイズを落としコンパクトな町として再出発した方がいいと提案したのです。

 ただ、「みんなでがんばって故郷を取り戻そう!」と一致団結しようとする中で、「前のようにはいかないからスリムな町作りをしよう」といっても、やはり誰も納得できません。結局、「縮小モデルなんて言ったら人が来ない。産業も来ない」と、戦後の日本がやってきたように「大きな街を作って立派な道路を敷いて……」という、高度成長型モデルで都市の再建を図りました。

 そうしてできあがった町々ですが、やはり問題が生まれています。人が戻ってこないのです。

 東北のある地域で「いよいよ本格的な住宅ができました」と案内された時のこと。そこにあるのは建物だけが建った「誰もいない町」でした。小学校を作ったとしても通う子どもたちがいない。来る予定という公共交通機関も赤字が目に見えている。入るのは高齢者ばかりで、そうした世代も「若い世代が来ないなら出ていく」と言う……。行政は借家化を模索するなど奮闘を続けていますが、そもそも地元の人が入るために復興したわけで、本末転倒になりかねません。

「復興? 見りゃ分かるでしょ!」

 課題はそれに留まりません。たとえば産業。新しい産業ばかりが問題に挙げられますが、実は古くからの産業も大きな影響を受けています。そのひとつが水産業です。

 地震と津波で海底も地形が変わり、漁場がなくなった漁港も少なくない。「元のとおり港をきれいに再建した、水産加工業のビルもできた」といっても肝心の魚がいない。今まで捕れていたはずの魚が捕れなくなったことで、産業自体の歪みが生まれています。

 東北の役所のインタビューも参加したことがありますが、現場の顔色も真っ二つ。「まちづくり課」などは一様に明るい。やればやるほど道はできる、建物は建つからです。一方、雇用課や産業育成課などは空気が重い。人が来ないし雇用もできない。復興の現状を聞いても「見りゃ分かるでしょ!」と怒られてしまうほどでした。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  2. 2

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  5. 5

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  6. 6

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  7. 7

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  8. 8

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  9. 9

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  10. 10

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。